« | »

October.17.2005

Hotなかにめし

JR稚内駅前に、”ひとしの店”という名の小さな食堂がある。
駅前食堂の雰囲気を今に伝えるこの店の看板は、昔も今も「かにめし」である。包み紙その調理方は時代を反映しつつも独創的である。
看板のタラバガニは、かっては北の海で豊富に獲れたから、贅沢なかにめしが考案されたのだろう。
玉ねぎを細かくみじん切りにして加えたバターライスのうえに、大きなかにの身がたっぷりのせられ、暖かなうちにいただく。数あるかにめしの中でも北国ならではの絶品であった。
現在のかにめし弁当は、花咲ガニの身をほぐし醤油で味付け、白いご飯にまぶしたもので、これはこれで待ち時間が短縮され人気のようであるが、あるとき昔の製法でかにめしをつくっていただけないかリクエストして、意外なことを知った。
それはもう、以前のかにめしを作るには材料が手に入らないという事実であった。

Trackback URL

Trackbacks

Comments

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>