« | »

September.28.2018

Peace Boat’s 101st Global Voyage/ 幻の計画

一度体験してしまったからであろうか、二年前程熱く地球一周を応援してくれる人が少ないように感じる。
二周目にあたるOcean Dream号での地球一周を2019年4月出航見込の第101次航に決めたのには、様々な事情が絡むが、長くなるので割愛する。

ピースボートには、その乗船行程の一部分を離脱するという、特別な乗船方法がある。
これはフライ&クルーズや区間乗船、オーバーランドツアーなど、主催者により企画、募集されるプログラムではなく、自己責任により、本船から離脱行動し、陸路若しくは空路により、再び本船に合流する、究極の自由旅である。

僕はスリランカのコロンボで離脱、ドバイでホテルとして今年の4月にpre Openした20世紀後半を代表する客船「Queen Elizabeth 2」を訪問、カイロに先回りしてナイル川沿いを周遊、ポートサイドで合流するプランを作成、かなり具体的に計画を煮詰めていたが、ポートサイドでの合流手続きの可否について、確認が必要とのことで申請をしてから暫くして、担当者から難色を示された。

それは可否の知らせではなくお願いという形で、釈然としない部分もあったが、シナイ半島の情勢を踏まえ、他に影響を与える可能性があるのだろうと判断、結局この計画は、協力してくれた関係の方々には申し訳ないが、白紙に戻した。

Trackback URL

Trackbacks

Comments

今回のダイヤモンド・プリンセス号の船旅で、お友達になった人は、直前で、お友達がキャンセル、勿論、全額キャンセル料、そして、寄港地の釧路から乗船したいと伝えたら断られたとのことでした。
函館が最終寄港地で、そこから横浜に帰るのですが、函館在住の人が、横浜で下船したいと申し出ましたが(事前に)ダメでした。
それでも、釧路で下船された人はいたみたいでした。
事情はわかりませんが。
小樽では、体調が悪くなったご夫婦が下船されたようでした。
船旅、気力体力知力が必要ですね。
なんだか、今回で限界を感じました。
体調面もですが、主にメンタルかな?
楽しかったですけれどね。
ピースボートは、もっと自由みたいですね。

ピースボートの場合、個人手続きのための書類作成などで追加となる手数料(数千円くらい)を支払えば、可能な限り、途中離脱も認めてくれるようです。
これについて、親しくして頂いているクルーズ関係のお仕事をされている方にお尋ねしましたが、そのような乗船方法は(他では)聞いたことが無いとおっしゃっていました。
ただ、可能な限りと書きましたとおり、その国の事情とか、治安などの要因で、認められない場合もあります。

日本の港の場合、出入国に関わる職員が常駐しておらず、また、販売する旅行会社固有の事情も絡みます。
恐らく、海外のトラベルエージェントを通してクルーズを購入されている船客と、予め釧路や函館を上下船地とするパッケージツアーを購入されている方はOK、それ以外の方、つまり横浜発着のパッケージを購入された方は、NOだったのではないでしょうか。

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>