« | »

February.04.2019

Peace Boat’s 101st Global Voyage/ 渡航手続

日本のパスポートは2018年10月9日現在、世界190か国にビザなしで渡航できるようになり、ビザなしで訪れることのできる国、地域の数は単独世界一となりました。
パスポートは、各国政府が発行を行い、国外に渡航する人に国籍や身分を証明するものです。
対してビザ(査証)は、渡航先の国が発行する、滞在許可証です。
ESTAやETASはビザではありません、ビザ免除プログラムを指します。導入する国が増えています。

101st Global Voyageで、ビザやビザ免除プログラムの手続きが必要な国は、オーバーランドも含めると、カンボジア、スリランカ、エジプト、米国、キューバ、オーストラリアでしょうか、五大陸ゆえビザ(以下、ビザ免除プログラムを含む)の数も半端ないです。(笑)

自身で取得できる場合は手数料の減額を受けられますが、ビザが取得できる時期や該当するビザの種類、有効期間などは自分で調べ、旅行会社の担当者にも確認しておかなければなりません。
個人取得されたビザはイレギュラー※1)であるため、入管手続きにおいてその順番が最後になることもあります。

ETASはオーストラリア政府が実施※2)している電子査証になりますが、このシステムは航空会社の航空券発券システムをベースとして開発されています。従って航空会社の発券システム上でもETASを申請、取得することができます。※3)

※1)本来は「不規則な」という意味であるが、「例外」を指す。
※2)政府の公式サイトではシステム利用料金20AUDが発生します。
※3)但し、航空会社は現在ETASの登録サービスを行っていないため、少しでも費用を節約して取得したいなら代行業者に依頼します。

※4)Travel Voiceによりますとスリランカのビザは、観光開発大臣の提案で、2019年5月1日~10月31日の期間に限り免除になったようです。

Trackback URL

Trackbacks

Comments

相変わらず、博識ですね。
そして向学心も。
すっと打って出る強さをキープされていること、素晴らしいと思います。
くちこは、へたれで、それも認め、それを自分で赦しているのでね、楽に流れています。
準備も旅の一部。
そして案外、準備で得た頭の知識だけが、突発的な事象に対応できますよね。
今回、飛行機で台湾に行きましたが、船旅の良さを再認識した次第です。

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>