December.22.2014

Special Christmas on AsukaⅡ

今年は我が国のクルーズ元年と言われた1989年のふじ丸誕生から25年目に当たります。
日本のクルーズは、この25年間でどのように変遷したのでしょうか?

昨日の乗船がもし英国のどこかの港であったなら、乗船客用に専用のスペースが設けられており、十分な椅子とテーブルが用意されていたことでしょう。
残念ながら港湾関係者はあの広い大さん橋のターミナルをクルーズ客のため十分活用しているとは思えません。

Sushi-UMIHIKO一昔前のクルーズはサービスの選択肢がなく、食事は全ての人が同じ場所で、ビストロやハンバーガーグリルなどのサブレストランもありませんでした。
現在、Main dishesは数種類から選ぶことができ、軽食にもChristmas限定のwreath(リース)を添えたスペシャルなチキンバーガーが登場するなど、季節感が盛り込まれています。
飛鳥には就航したときから有料の寿司レストラン「海彦」が設けられており、リドカフェがありました。

ふじ丸やにっぽん丸(改装前)は広いウッドデッキを持っており、デッキランチも盛んに催されました。
その頃は外国船との競争がなく、各社とも毎年ほぼ同じコースで日本各地を回っていればよかったのです。

さて、最近10年はというと、Newにっぽん丸の就航した2010年以降、プレミアム感のあるクルーズが増えたのではないでしょうか?

飛鳥Ⅱは昨日横浜を出航し、8時頃清水港に入港、日の出埠頭5号岸壁に左舷着岸しております。
W乗船(2つのクルーズを一定期間内に連続して乗船すること)すると、リピーター割引が即適用されます。
大相撲クルーズとは対照的に船内のイベントは少なめで、昨晩はビスタラウンジでプロジェクションマッピングを観賞(19時~23時30分の間、15分間隔で5分間上映)したり、寿司「海彦」での贅沢な時間を過ごしました。
日本的であるのは、お酒を注文すると前菜にあたる「お通し」が付いてきます。
お通しとはお客さまをお通しすること、厨房にお通ししたことを知らせることなど諸説あるようですが、先ずは飲み物を決めて食前酒から始まるのは会席料理の流れもフランス料理のコースも会話と期待を膨らませるという点で共通しています。

一方で、PREGOで目にしたご老人は、1人だけのテーブルでちょっと寂しそうにも見えました。
もともと日本ではオフィサーやエンターティナーが食事に同席するということは限られておりましたが、メインダイニングがメインではなくなると、最近は海外でも見かけることが少なくなりました。(我が家のクルーズがここまで続いたのは、最初のクルーズでCaptain’s tableに招待されたのも一因であろう。)

清水では、1974年ポーランドで建造され、地中海やエーゲ海で社交界の舞台として活躍し、指揮者カラヤン、イタリアの実業家フェラーリ、女優エリザベス・テーラーなどが乗船した2本マスト、スクーナー型の帆船「オーシャン プリンセス(232.41t)」に乗り換え、湾内をクルージングしました。
定員141名に対し37名での貸し切り、木をふんだんに使ったクラシカルな船体は飛鳥Ⅱとは違った趣があり、スペシャル度満点のクルーズでした。

ドレスコードは2日間ともインフォーマル、ここ数年はシンプルなダークスーツに明るめのタイやシャツを好んでアクセントに加えています。
昼間は前述の如く野外活動を意識して、The North Faceのtravel jacketをベースに赤X白のcasual シャツと同系のparkaをインナーとして組み合わせ、首もとにDieselのgradation border scarfを巻きました。Nudie jeansと足元に同じくDieselのスリッポンを履き、ドレスコード適用時間帯とは正反対のメリハリの効いたコーディネートにしました。

船客が寄港地の観光を楽しんでいる間に、タレント、コメディアン、歌手、俳優、司会など多方面でご活躍のMr.堺 正章さんが乗船しました。
ファッションはいわゆる横並びではなく、パーティでは「自分らしさを追求して個性を表現するこだわりが重要」と、装いを楽しまれる様子を記事で拝見したことはありますが、飛鳥Ⅱ乗客のきちんとしたドレスコードに感銘を受けたようで、2回目のステージ※1)では写真撮影OKのサプライズがあり、ポイントは右側であることもしっかりアピール(笑)しました。
選曲は「ルート66」、「さらば恋人」、「ダニーボーイ」など、「Alexander’s Ragtime Band」(世紀の楽団)では観客の一人をステージに上げ、コミカルに共演をleadしてDom Perignon2004をpresent、「街の灯り」に続き、Finaleは飛ぶことを意味する「ボラーレ」で締めくくりました。

飛鳥ⅡのTheaterは2階席がなく、扇状に広がり程よい距離感である一方、エンターテイナーはあらゆる位置から見られることになります。
僅か45分のShow time(のはずが、僕は時計を持ちませんでしたが実際は1時間くらいだったようです。)ですが、流石一流のエンターテイナーであり人を飽きさせることがなく、細かいしぐさに至るまで丁寧で、歳を重ねることのかっこ良さが伝わってきました。

Ocean Princess


※1)

December.11.2014

大相撲クルーズ/ 2日目

AsukaⅡ(飛鳥Ⅱ)Category A 1017朝6時相模湾、終日航海であるが天候は良くないため、水平線の太陽を探しに走り回ることもなく、まずはジャグジーで心身をさっぱりする。
日本船らしく、タブのお湯の溜まりが早い。
日本船は和食が食べられるからいいねとはよく言われるが、ルームサービスもまた世界の客船でこれ程手が込み見事な食器に彩られたBreakfastは無いだろうというくらい素晴らしい。
ふとデスクに目を向けると、「A Style」という名の船内誌(季刊)ができたようだ。(全キャビンにあるのかは調べておりません。)

午前9時よりギャラクシーラウンジで大相撲文化講座が始まり、櫓(やぐら)太鼓に続き髪結いの実演や決まり手の紹介があり、45分の休憩を挟んでからのセミナーではNHK大相撲ジャーナル編集長の緒方喜治氏(NHK元アナウンサー)が司会を務め、大相撲の今と昔や見所を解説、行司の式守錦太夫氏、美男呼び出しとして人気の高い利樹之丞氏を交え、読み上げにまつわる裏方話などで突っ込んだトークがありおもしろかった。

ただ、ふたつの催しの合間に荷物を置いて席を立つ方が多くおり、またデッキスポーツの幾つかが荒天で中止になったため、午後の親方トークショーでは開場前の早い時間から列を成し、この状態はその後メインの関取スペシャルトークショーまで続くことになる。
66歳という乗船者の平均年齢を意識してではないだろうが、親方の話は、現代っ子力士を育てることに熱が入る。

Lunchはとら河豚の薄造りにふぐ唐揚げ、宮城野部屋のレシピを再現したちゃんこ鍋や北海道滝川市で生産されているという白鵬米が食欲をそそったが、今日のように一日を殆どレクチャーで過ごし、運動不足に陥るとせっかくの和牛すき焼きDinnerも食欲が続かず残念なことだ。
当然海彦の寿司も夜食もパスする。(笑)
飛鳥Ⅱの功罪は、PREGOに於いてDinner timeにBeer(EBISU Asuka Cruise まろやか熟成 生)を無料提供しており、食前にビールという独自文化を生み出してしまったことであろう。

ディナー後(2nd シーティングの方はディナー前)に行われた関取のトークショーでは、勢関が船酔いを体験していたことがネタとなり、カラオケを披露、豊ノ島関が得意とするものまねで場を盛り上げるなどしたが、勉強熱心な白鵬関はクルーズの楽しさを知るとともに情報を収集、「今度はもっと大きな船に乗ります」と爆弾発言が飛び出し、関係者を慌てさせたことだろう。
活動的な若い関取陣はプライベートな時間でも積極的にクルーズを楽しんでおり、好印象を与えた。

深夜のMariners Clubへ、どの船もそうであるが有料の施設はそこそこ空いており、Laguna Trioの演奏を聞きながらクリスマス カクテルのHolly Nightをいただき過ごした短い時間が一番優雅で船旅らしかったかも知れない。

欧米では人気の高いカルチャークルーズは日本人には理解が難しいことが多いが、現在の相撲は天覧相撲により文化が継承されたものであり、このようなカルチャークルーズは多くの人に喜ばれるだろう。

大相撲クルーズ/ 1日目

にっぽん丸の客室数は202室、これに対し飛鳥Ⅱの客室数は436室あり、陸上の場合、超高級にランクインされるホテルの客室数は200室程度かそれ以下と言われているから、飛鳥Ⅱは特別な存在である。

何が人々を飛鳥Ⅱに惹きつけるのか、結して安くないクルーズ料金を払って人々が集まるのは、自分へのご褒美として成功者の仲間入りを果たしたい願望であろうか、それとも今はまだ成功してると言えないが、成功への手掛かりを求め、非現実的な世界を体験したいからであろうか。
ただの船好きとしてはどちらでもいいことであり、幸いにも自室のベランダから今日は飛鳥Ⅱ横浜港出航300回目の記念セレモニーを見ることができる。

乗船してすぐリドグリルへ行き腹を満たし、キャビンに戻り急いでRICCARDIの栓を抜き、セレモニーを見たあとは避難訓練がありセイルアウェイはパス、続いて5デッキアスカプラザで関取による鏡開きが始まるため車椅子が通行できるうちに移動した。
何故なら、避難訓練は7デッキプロムナードで行われたが、車椅子用スロープは後方しかなく、集合するときだけ訓練の一貫なのかボートステーションへ誘導され、終了すると人々を掻き分けスロープを戻らねばならなかった。
以前、避難訓練で風邪を引いたという話を読んだことあり、暖かくして集合するのが基本ではあるが配慮も足りない。
今まで最も合理的であると感じた避難訓練の手順は、1)屋内に集合スペースがあり決められた集合場所で点呼と説明を行い、2)その後各々の使用する救命艇に移動し目で確認する方法である。
プロムナードに溢れんばかりの人(750名)を滞留させるよりスマートではあるとおもうが、飛鳥Ⅱにはプロムナードの周囲に屋内集合スペースがない。

運良く鏡開きのポジションが横綱の側であったため、白鵬関より竹勺を使って、升に注いでもらった日本酒でクルーズの幕開けを祝った。
欧米から来たChristmasと日本の伝統芸能「相撲」、このアスカプラザをはじめ、このあと船内各所で不思議な光景を目にすることになる。(笑)
今晩のショーは「ホワイトクリスマス」、その後関取によるプレゼント抽選会が行われた。

※ 飛鳥Ⅱのパームコートでハープを弾く彫刻の作者、富永直樹氏は、この船が建造された長崎県長崎市のお生まれです。

December.10.2014

祝 飛鳥Ⅱ横浜港出航300回

何れ程のクルーズ歴があっても、それが飛鳥Ⅱでなければ飛鳥Ⅱをリピートする人々からは価値のないものに等しいであろう。
飛鳥Ⅱに乗船することは、いつ頃からか定かではないが、人生の成功の証に例えられるようになった。
もっともショートクルーズが精一杯の小生には背伸びした船旅であるが、他船に乗っても飛鳥Ⅱに乗船したことを自慢する人が多いのはおもしろい。

夢のようなセレブが揃う豪華客船は既に存在しないにせよ、飛鳥Ⅱが自らプレミアムと称するクルーズのひとつが、財団法人日本相撲協会とのコラボレーションによる日本の国技をテーマにした「大相撲クルーズ」であり、およそ2週間前の九州場所で第48代横綱、大鵬と並ぶ32回目の優勝を成し遂げた第69代横綱、白鵬関を始めとする豪華メンバーと至近距離で接することのできる旅なんてクルーズ以外にあり得ないであろう。

本クルーズは飛鳥Ⅱ横浜港出航300回目に当たり、大さん橋国際客船ターミナル屋上で中村大輔船長、白鵬関、稀勢の里関、勢関、豊の島関らが出席した出航セレモニーがサプライズされ、また日本外航客船協会のクルーズ オブ ザ イヤー(2014)で優秀賞に選ばれたことは喜ばしいが、乗船前に朝稽古を見学するなどのオプショナルツアーは、足の悪い人は遠慮するようにとのご案内により、母を連れて参加することが困難と判断せざるを得なかったことは悔やまれる。

中村大輔船長は飛鳥通算8代目船長、クリスタル ハーモニー(現飛鳥Ⅱ)の誕生にはプロジェクトの一員として関わってきたという人物である。
mireaに本年1月17日掲載されたインタビューでは、男性はダークスーツ1着用意すればOKと語っており、やはり世界を知っている人はタキシードの良し悪しよりその人なりを見ているのだと感じた。(笑)

大きなケースを宅配でキャビンに送り、身一つで港に行くのもひとつの方法ではあるが、リムジンハイヤーで大さん橋ターミナルに乗り付けるのも悪くない。
但し、何故か日本船のときにはポーターがおらず、相変わらずスタッフが気配りして客の荷物を運ぶことはしない。(この点に関しては最近のにっぽん丸のスタッフはよく気配りしています。)
乗船の手際が悪いことは今に始まったことではないが、キャビン番号によっては普通に手続きしたほうが早いにも関わらず確認することなく車椅子利用者ということで長い列に並ばされ、しかも私の母を世話した係は、別の係がこちらを無視して中途で連れ去ってしまい、唖然とした。

November.22.2013

Nipp●n-maru Presents「こうもり」/

今年も余すところ40日、にっぽん丸オペラの季節が近づいてきた。
次回演目は”こうもり”、1874年に作曲されたオペレッタであるが、大晦日の晩の出来事を題材にしていることから、ドイツ語圏では大晦日に演じられるのが恒例との事、明るい喜歌劇である。
Yokohamaところがこの「こうもり」は第3幕まであるので、場面転換をどのように行うのか興味を惹く。
何故なら第2幕はオルロフスキー邸(19世紀ウィーン)の舞踏会のシーンであり、カクテルパーティの演出がそのまま舞台になることもあり得る。
 
本年は食品の偽装表示や不正表示に多くの企業が関わっていたことが明るみに出て、社会問題化した年であった。今更ながら、サービスには適正な対価が必要であるということを痛感した。
サービスに対する対価の考え方は人それぞれ違うであろうが、原価割れのサービスなど消費者の妄想であって、まずあり得ないと考えるべきだろう。
クルーズに置き換えると、大幅にディスカウントされたクルーズは料金が安いにもかかわらず、クレームも多いようだ。
当然であろう。クルーズ会社はお客様から集めた資金によって食材を調達し精一杯のサービスに努めるわけだから、集客が思うようにいかなかったり、値下げを繰り返すようでは質の低下につながる。
日本船や外国船のプレミアムな会社ほどブランドを大切にしており、そのような値引きは行わないであろうが、アジアに配船された一部の船で、以前同じ船で体験したサービスと異なるという話は時折り耳にする。
まぁ、どの船がどうのこうのということではないが、米国ではここ数年、CDC(Centers for Disease Control and Prevention=米国疾病予防センター)の衛生管理検査にクリアせず改善を求められるクルーズ船が後を絶たないというから、このような厳しい検査のない地域では尚更食の安全は大きな問題であるとおもう。
にもかかわらず、クルーズリピーターの間で論じられるのはどこまで安く買い叩くことが可能かとか如何に人より良いポジションを手に入れるかなどの自己中心的な話題が多い。(笑)
Imageカジュアル船に乗ってもカテゴリーの上のキャビンに泊まり1泊4~5万円出すという人なら、ワンランク高い船の最も廉価なキャビンにスティするという選択肢もある。
 
にっぽん丸はCDCにおいて、日本船1位であることは勿論、世界でも高い評価を得ている。
さて、話題が横道に逸れたようだが、オペラのディナーは次はウィーンのテーマディッシュを予定しているそうだ。

January.13.2013

Nipp●n-maru Presents「セビリャの理髪師」/後編

Image舞台に向かって左手、バルコニーの下にオーケストラを配置 ※1)、右手の2階席(5Deck,Dolphin hall)の一部分をバルトロ邸のバルコニーに見立てた。(令嬢ロジーナと叔父で後見人の医師バルトロはここから登場)
にっぽん丸のステージは僅か2stepと低く、演出家ダリオ・ポニッスィ氏は舞台と客席を一体として演出を手がけ、主役のフィガロ(セビリャの理髪師)やスペインの若き貴族、アルマヴィーヴァ伯爵などの登場人物を客席の後方から登場させたり、舞台の周囲を演技に活用した。
楽屋は5Deck,右舷のコンファレンスルームに設け、Dolphin hall内の2つの階段(舞台の右舷サイド及び客席後方の階段)を巧みに使い分けていた。
ゼネラルマネージャーの川野恵一郎さんに伺ったところ、今回のオペラクルーズの発案は約1年前、具体化したのは半年程前であったという。
にっぽん丸船上で藤原歌劇団がリハーサルできたのは初日と2日目の僅かな時間でしかない。
彼らはプロであり、下見だけで舞台演出から日々の稽古までこなしてしまう。
King and Queen towers大道具・小道具や衣裳などについても同様に当日(12日)横浜で積み込まれた。バルトロ邸に配置された家具の一部を、船内のどこかのラウンジで見たようなのだが…(笑)
そうであるならオペラは金がかかるとの常識を覆す快挙である。
上演中の環境には細心の注意が払われ、ブリッジにはその間の停船指示が記されていた。
第1幕と第2幕の間には作曲家であり食通として知られたRossini氏(1792~1868)に因んだGala Dinnerが用意され、にっぽん丸側も特別な装丁のメニューやベネチアンマスク(Venetian carnival masks)などをあつらえオペラの興奮を盛り上げた。

Suruga Bay少なくてもオペラ終了までは天候に恵まれた。
昨日、飛鳥Ⅱに続き夕暮れのライトアップされたKingとQueenの塔に別れを告げ横浜を出航、小田原を望む相模湾では7Deck後部の照明を一時的に消灯し冬の星座観察が行われた。
本朝飛鳥Ⅱと共に駿河湾へ向かい、雪の帽子を被った富士山を背景に互いが被写体となる場面もあり、それに合わせて日中Closeされていることが多い船首のNeptune Barでカクテル講座が開かれた。その後伊豆諸島へ進み、午後は新島近海をCruising、ブリッジも開放された。
Promenard deck
14日は天候の急速な変化が予想されたため(前回添付沿岸波浪予想参照)、Gala Dinnerに同席いただいた船長の久保滋弘氏より横浜着岸(大さん橋ふ頭)を12時30分頃、下船は予定通りの14時とすることが告げられたが、朝の8点鍾の時点で、入港がさらに1時間以上早まった(A号岸壁着岸右舷11:10)ことが知らされる。
なんとフィナーレは初雪である。
 
補足

January.01.2013

Nipp●n-maru Presents「セビリャの理髪師」/前編

オペラの晩のドレスコードは何故フォーマルなのか、それはオペラとミュージカルの違いを知るところから始まります。
どちらも音楽劇であることに変わりはありませんが、オペラはクラシック音楽(Acoustic=生音)を基本とし、オペラ歌手はbel canto唱法(イタリア・オペラの発声法)や表現力で登場人物の心の内を伝え、MicやPA(Public Address=公衆伝達を意味し、具体的にはミキシング・コンソールを中心に演奏を集めてまとめ、処理して出力する方法)といった現在設備は原則的には用いません。
劇場自体が巨大な楽器に例えられ、歌手は自分の声でオーケストラの音量と向かい合い、大変エネルギーを使い体力を著しく消耗します。
ミュージカルはジャズやポピュラー音楽を基本としており、地声による自由な歌唱(音楽、歌、台詞)とダンスが結合した演劇形式です。PAを普通に通しますので、大きな劇場を持つクルーズ船には向いています。
2010年の改装後のにっぽん丸では以前にも増してDolphin hallで歌や演奏を聞くという場面が多くなりました。新春オペラに先立ち昨年4月8日には横浜停泊中のにっぽん丸船上にてソプラノ歌手の生のコンサートが開かれました。(クルーズ船の構造によってはオーケストラのピットをどのように確保するのかという問題もあり、PAの補助も考えられます。)
アメリカ文化(もとはヨーロッパ)のもとで発達したミュージカルはショービジネスであり大衆文化における消費財であるのに対し、近代ヨーロッパの象徴であるオペラはその社会の中の高級文化を代表するものとして、価値財に位置付けられます。
興行面から見た場合オペラの運営は入場料収入以外の財源により成り立っており、我が国も例外ではありません。
海外では船上におけるOpera Concert(この場合はMicを使うこともあります。)の例は多々ありますが、1つの作品(オペラ全曲)をほとんどノーカットで上演するなどという技は恐らくないでしょう。
オペラ劇場にはオペラを演じるための様々な工夫があります。にっぽん丸は素早い場面転換に欠かせない3面舞台や4面舞台とは逆の発想で、幕間に作曲家であり美食家と言われたGioachino Antonio Rossiniに因んだDinnerを用意し、客船だから可能な食と一貫したストーリーを展開しています。
1996年から2002年までプロの劇団を招聘しておりえんとびいなす(最終年のみぱしふぃっくびいなす)船上で行われたMystery CruiseはX’mas Dinnerの前に事件が発生し、その後劇団員の与えるヒントを手掛かりに推理を行い、翌朝再び解決編が上演されるというものでしたが、同クルーズは現在行われておりません。
 
沿岸波浪予想!!

January.13.2011

新春 四国こんぴら初詣/ 4

「モチ」は民俗学でいうハレの日(非日常、とくに神祭など祝いの日)の食べ物で、稲作農耕の食文化の一つとして伝えられ、餅を食べることで神の霊力を体内に迎え、生命力の再生と補強を願ったといいます。
プール・サイドで餅つき大会が行われ、リドガーデンで順番についたお餅が、きなこ、いそべ、からみ、あんこになって振舞われました。

田窪恭治氏の講演の後、クラブ2100において新春 舞踊ショーがありました。
日本の古典芸能である日本舞踊は歌舞伎から発展したものですが、のちに日本舞踊の流派から独立して独自の流派を立ち上げたものを新舞踊と呼びます。
いずれにせよ和装が基本の日本舞踊の衣装一式は大荷物ですから、旅の途中でこのような機会が得られること自体船旅ならではと言えます。

January.08.2011

新春 四国こんぴら初詣/ 3

出航に先立ち、鏡開きが行われました。
 
「鏡」は円満を、「開く」は末広がりを意味し、酒樽の鏡開きは、酒樽の上蓋のことを鏡と呼んでいたことに由来します。
 
若いときに訪れた金刀比羅宮は、絵馬殿と高台から望む讃岐平野の眺望以外記憶にないのですが、それは琴平山再生計画(2000年~)以前の、雑然とした姿による記憶かもしれません。
琴平山再生計画とは、琴平山を対象に金刀比羅宮の文化財と自然を素材にして、土地の風土やそこに暮らす人々の暮らしに相応しい風景を創り直すことを目的としたプロジェクトで、金刀比羅宮宮司 琴陵容世氏に招聘され自らも白書院にて、椿の障壁画を制作するなど再生計画に深く携わっている美術家の田窪恭治氏本人による特別講演もクルーズの目玉でした。

新春 四国こんぴら初詣/ 2

AsukaⅡ(飛鳥Ⅱ)Category A 1047早起きして飛鳥Ⅱに乗船したのは、優先乗船もあり9時過ぎでした。
客室は飛鳥スイートを選択、ジャクジー付バスタブもあり、十分な広さです。
 
クリスタル時代はアメリカ人好みの緑色にペイントされた家具が印象に残った部屋は、木の質感を生かした居心地の良い空間に生まれ変わっておりました。
 
初詣が習慣化したのは明治中期とされ、電鉄会社が宣伝し始めたために、本来の恵方(えほう)ではない有名な神社仏閣にもお参りするようになったのだと言います。
一方、金毘羅参りが盛んになったのはこれより古く江戸中期と言われ、この頃全国の庶民の間に広まりました。
 
クルーズでは徳島の小松島港に入港し、高速道路を使い金毘羅さんにお参りします。

飛鳥は毎年阿波踊りの時期に小松島を訪れており、また金毘羅さんの絵馬殿に絵馬を奉納するなどの結びつきがあります。
 
絵馬は、生きた駿馬を神に奉納したのが始まりで、後に、絵に描いた馬を奉げるようになりますが、金刀比羅宮に遺存する絵馬は独特で、航海安全祈願あるいは海難救助のお礼に奉納された船絵馬が数多く存在します。

Next »