August.09.2015

PEACE&GREEN BOAT 2015 /9

1550年、長崎はポルトガルとの交易(平戸)により、西洋の知識や技術をいち早く取り入れ、日本の近代化の基礎を築いた。
その長崎に70年前、広島に次ぐ原子爆弾が投下され、日本人だけでなく、多くの外国人も被爆し、現在も苦しみは続いている。
午前11時2分、船内で1分間の黙祷が捧げられた。

その後、明治日本の産業革命遺産として7月5日に登録が決定された、通称軍艦島(端島)へ向かった。残念ながら、台風13号の影響があり上陸は叶わなかったが、日本が世界と肩を並べた高い技術力が、八幡製鉄所向け製鉄用原料炭の供給を担った。1890年に三菱社が島を買い取り1916年(大正5年)には日本最初となる鉄筋コンクリート造りの炭鉱住宅が建設され、1974年に閉山されるまでの間、良質の石炭の産出とともに、人々の自信と誇りに満ちた輝いた瞳を、高島で開催された写真展が語る。

Peace&Green Boat船上での「ナガサキから未來へ」には田上富久長崎市長はじめ、中南米の国の大使なども複数参列した。

戦後70年間、核兵器が戦争で使われなかったのは、身を以て体験した被爆者の方々が被爆の実相を語り、原爆の非人道性を世界の人々に訴え続けてきたからであると言われている。
70年も経つのに核がなくならないことに、被爆者たちは苛立ちを覚えている。

憲法の平和の理念が、揺らいでいるのではないかと、不安や懸念が広がっている。

原子炉は原爆をつくる過程で生まれた。
原発より原爆が先である。
(※2)中略)
韓国(釜山)に於いても古里原発が稼働しているが、どちらで事故が起きても、隣国にも被害がおよび、もはや一国だけの問題ではない。
原発に依存しない、再生エネルギーを使用した社会づくりが必要である。

3.11(福島原発事故)が起こったとき、内閣総理大臣であった菅直人氏※3)は、証言の中で当時最悪の事態を描いたシナリオ※4)では、国土の約半分が汚染すると推定されたと語った。

※3)Peace&green Boatは、いろいろな分野の方に声をかけ意見を聞き、或いは証言を得ております。聴取者との間には如何なる関係も存在せず、個人の自由と権利が損なわれることはありません。

※4)福島第1原発事故から2週間後、菅直人前首相の指示で、近藤駿介内閣府原子力委員長が作成したとされ、当時公表は控えられていました。

2年間すべての原発を止めても、電力不足は発生しなかったという事実がある。

明日博多へ戻る感傷より、フットサルに夢中な子供たちは、Verandah Deckのコートを元気に走り回る。そもそも彼らには旅の終わりなんてないのだと気付く。
傍らで、各国来賓が女神大橋と美しい夜景をバックにした記念撮影を行っていた。
僕も通りがかりにシャッターを頼まれ、次に彼らは波へいで目撃された。

Peace&Green Boatが目指すのは、市民レベルで東アジアの子供たちに持続可能な平和を残すことである。
ゼノさんは、「戦争を止められなかったのは、大人たちの責任である。」と語り、被爆者でつくる会゛ひまわり゛は、「もう二度とつくらないで、私たち被爆者を」と訴えた。

末筆になりますが、クルーズは世界が平和でなければ成り立たない産業であると同時に、平和を築く産業でもあります。
ピースボートのクルーズは、見方を変えれば非常に豪華なキャストと充実したプログラムであり、その一部なりともお伝えできれば幸いです。

August.08.2015

PEACE&GREEN BOAT 2015 /8

長崎の原爆投下から明日で70年を迎える。
日本が被爆国であることは悲しいことだが、核(原発を含む)を保有して人々に悲しみを与えることはもっと哀しい。
午前中、多くの方の寄付によって完成した宇井孝司監督のアニメーション映画、「ゼノ~かぎりなき愛に~」を鑑賞した。
1930年に日本を訪れ、戦時中も日本に留まり、1945年8月9日、長崎の修道院で祈りの最中被爆した修道士、ゼノ・ゼブロスキー氏の半生を描いたドキュメンタリーで、自身も被爆者である彼は、終戦直後から他の被爆者や戦災孤児たちの救済活動を行うとともに、生涯愛の大切さを説き、日本のマザーテレサと呼ばれている。
現在の政治に愛はあるだろうか。

午後は現在カリフォルニア州で暮らす笹森恵子さんから被爆証言を聞いた。

彼女は当時13歳の女学校一年生であった。
その日は真っ青な空にB29が見えた。
それまで広島に焼夷弾が落ちたことはなく、銀色の飛行機を眺めていた。
怖いとはおもわなかったという。
白い物が落ちるのを見たその後、もの凄い力で後ろに倒れるのを覚えている。
気がついたとき、あたりは真っ暗であった。
灰色の霧が薄れ、周りを見たとき同級生は誰もおらず、大人は幽霊のようであった。
※ 激しい爆風と摂氏3000~4000度といわれる熱線。
被爆者の多くが、表皮層が落ち、痛覚神経が剥き出しになり、皮膚が溶けた腕がこすれないように、両手を突き出していたことから、幽霊に例えた証言は数多くあります。

音は何も聞こえず、誰一人まともな人はいなかった。

上記は証言の一部であるが、被爆者の言葉以上に伝えるものはない。

彼女はアメリカで暮らすことにより、結婚生活を営み、子供を授かった。
アメリカには被爆者だからという理由の結婚差別は存在せず、被爆2世への遺伝子的影響について質問がなされるも、被爆2世というハンディもまた、彼女には耳慣れない言葉であった。

戦争はどっちが悪いではない、どうすれば無くせるか活動しているのだという。
戦争で亡くなられた方を国籍で分けて考えたことはないという、愛が必要だという。

皆が何もしなければ、地球がなくなる。

放射能は見えない、味がない、感じない。

今日は明日長崎に入港するこのクルーズの意義を共に考えようとおもう。

August.07.2015

PEACE&GREEN BOAT 2015 /7

安保関連法案の強行採決により、軍事ジャーナリストの前田哲男氏と環境財団事務局長のジョン・テヨン氏による対談が、スタッフの提案により急遽開かれた。

一内閣によって憲法解釈が変えられるということは、現行法ではあり得ない徴兵制度についても、後の内閣によって解釈を変えることが可能であるという極めて重要な意味合いを持っている。

戦争法案が成立すると、徴兵、徴用、軍事裁判所の設置などが必要になってくることも、韓国の徴兵制の現状と過去の日本の徴兵制度を比較しながら考えた。

質疑では、「子供に人の殺し方は教えたくない。」と言った日本側の質問に対し、「人を殺すために軍隊へ行くのではない。国を侵略されたくないから軍隊へ行くのだ。」という国民の考え方の違いもあった。

スーパースター
イ・ハンチョルさんのヒット曲、Peace&Green Boatのテーマ曲でもある。
最後の韓国語講座で歌詞を習い、今夜、スペシャルコンサートで共に唄った。

August.06.2015

PEACE&GREEN BOAT 2015 /6

平和と緑の落語会って?
「初のPeace boat乗船が万景峰号であった。」という古今亭菊地代さん、このタイトルからどんなお話をされるのだろうと想像してみたが、考え過ぎであった。
平和と緑、つまりPeace&Greenである。(笑)
じつは彼女自身、北朝鮮を訪れ、「そこに暮らす人はふつうの人であった。」と語っている。
演目は「初天神」、毎年1月25日に天満宮で行なわれる年の初めの祭りに出かけた、父親と息子の絆を描いた古典落語のひとつです。

August.05.2015

PEACE&GREEN BOAT 2015 /5

クルーズも中盤、昨夜はウラジオストック時間を日本時間に戻す時差調整があり、1時間程得した夜を船上居酒屋「波へい」やリドで過ごした人も多かったのではないだろうか。

昼間はGET関連のプログラムのみ参加した。
ハングル語講座も少しかじったが、短い時間で言葉を覚えるのは無理だとしても、参加することにより親近感が沸くから不思議だ。

今回最も人気の高かったゲストは、国楽( 伴奏音楽として国楽器を使用 )のソリクン(唄うたい) として韓国民に愛されている 張思翼 (チャン・サイク)氏であろう。
環境財団のキャンペーンに賛同し、すべてのスケジュールをキャンセルして10日間の船旅に参加されたと言う。

August.04.2015

PEACE&GREEN BOAT 2015 /4

今日はこのクルーズで唯一申し込んだオプショナルツアー、ルースキー島のトレッキングに参加した。

朝から霧が覆い、時折霧雨に変わった。
神秘的な森を抜け海岸でLunch Boxを広げ、再び林道を抜け名もない海岸で過ごす。
片道3~4Kmくらいであろうか、途中には断崖に立ち、海を眺めることのできるスポットがあるが、ガイドもピースボートスタッフも安全には十分配慮していた。

何より素晴らしいのは、このツアーは韓国側により企画されたもので、東京大学で博士号を取得しているイ・シジェ氏、マジシャンのグァク・ドンホ氏、バブルアーティストのシン・ヨン氏らも参加した。

August.03.2015

PEACE&GREEN BOAT 2015 /3

釜山から韓国の若者が大勢乗船すると、やはり熱気が違う。

今までピースボートは、NGOとしての本質より、クルーズとして見たコストパフォーマンスなどで語られることが多かったとおもう。
クルーズの目的が人それぞれ異なるためで、これは僕も反省しなければならない。

聖公会大学校NGO大学院の教授を努めるイ・シジェ氏から見た明治の産業遺産群、韓国を代表する建築家、スン・ヒョサン氏の考える都市の在り方など、様々な分野でご活躍の海外の方からそれぞれの視点でお話を伺うことのできる機会などそうあるものではないのだが。

夜はマジシャンとバブル・アーティストによる楽しいショーが開催された。

August.02.2015

PEACE&GREEN BOAT 2015 /2

早朝の霧に包まれ、時おり響く汽笛がなければ、自分が海の上にいるということはどのように証明できるのか、まことに穏やかな航海であった。

今日も夏空が続き、釜山での入国審査(船側で一括)が終了したことを伝えるアナウンスがあるまで、30分かからなかったと記憶する。

甘川洞(カムチョンドン)は「もともと朝鮮戦争の際に北朝鮮側から戦争を逃れるために逃げてきた避難民たちが住居を求めて集落を作った」※1)ことが始まりである。
いわばスン・ヒョサン氏の言うところの、権力によって生まれた都市ではなく、持続可能な都市のモデルであるようにおもう。
※1)プサンナビより引用

Lunchは街の入り口に当たるバス停付近のローカルレストランに入り、Makquksu(マックッス/キムチスープ入り辛味そば)を注文した。






August.01.2015

PEACE&GREEN BOAT 2015 /1

8月1日午後、博多港中央ふ頭クルーズセンターにてM/V Ocean Dreamに乗船、西日本大濠(おおほり)花火大会の打ち上げが遥か遠方の夜空を彩り、手の届きそうな距離を幻想的な月が祝福してくれるという出航サプライズがあった。

日本からの乗船者はやや年齢が高く、明日には韓国からも約550名の乗船を迎える。

旅の不安や緊張をほぐしてくれたのは、吉岡達也氏のトークであった。

32年間のエピソード、裏話は割愛するが、要約すると、世界の9割以上の人は戦争をしたくない(紛争地域であるなしに関わらずそうである)と思っており、若いうちに旅を通して世界中に友達をたくさんつくり、持続可能な平和に繋げようという活動のひとつがピースボートであるという。

クルーズが歴史の現場に遭遇したり、するであろうことについて、水先案内人の一人であるルポライターの鎌田 慧氏は、「歴史を紐解くのではなく、歴史を縫っている」と表現している。

May.21.2015

PEACE&GREEN BOAT 2015 /序章

Peace Boatの第1回クルーズが出航した1983年は、旅行業界では初のクルーズ専門セクションを立ち上げクルーズ旅行のパイオニアと言われたPTSクルーズデスクが誕生した年でもあった。
船は輸送手段(今も法律上はそうである)であり、邦船各社はクルーズの間も学習環境を整え法人需要を取り込み、企業のエリートを集めた洋上研修などでチャーターされることが多かった。(僕の勤める会社でも、飛鳥就航当時の現業長クラス以上は経団連の主催する洋上研修に参加していた。)
一般にレジャークルーズが広まったのは1989年のふじ丸誕生からと言われるが、このように日本の社会では、日本人による日本人のためのクルーズにこだわりを持つ人も多く、クルーズがレジャーとして浸透するまでに多くの時間を要した一因であろう。

一方、参加・体験型というジャンルを拓いたPeace Boatのクルーズは基本地球一周であり、比較的最近までその様子は一部の乗船者がネット投稿したレポートなどからしか伺い知ることが出来ず、これらの中には何らかの意図を持って書かれたものもあり、それが今も催眠作用となり或いは連鎖を生み、(いわゆる固定観念となり)拡散していると僕はおもう。

Image近年、短期のクルーズも実施されており、一部のクルーズ経験者からの辛口批評は変わらずとも、誤った解釈は払拭されつつある。
かくしてこのノスタルジックな新しいクルーズへの参加を決めたのは本年2月であった。

Baja Deck (6) / Pair Standard →

more