« | »

August.19.2020

MS Riviera

オーシャニアクルーズ、2002年にマイアミで設立された新しい形のラグジュアリーなクルーズを手掛ける会社で、食にこだわり、上質な装飾が施されたキャビンは魅力的であるが、無機質な外形は馴染めず、今まで二の足を踏んでいた理由があった。(もはやクルーズ船に、オーシャンライナーのような造形美を求めること自体間違いであるかもしれない。)

2014年にはリージェント・セブンシーズ・クルーズとともに、世界三大クルーズラインと称されるノルウェージャン・クルーズライン・ホールディングスの参加に入り、競争力の強化が図られ、コーディネーターに旅行作家の喜多川リュウ氏を起用していることでも知られる。

新型コロナウイルスは、思わぬサプライズを生んだ。
オーシャニアのキャビンは二人ベースであり、一人でキャビンを占有した場合、二人で使用する場合の一人当たり料金の200%が課せられるが、チーク材を敷いたプライベートベランダや、フルバスタブと独立したシャワーブースの付いたバスルームを有する、26㎡のゆったりしたステートキャビン(※1. Oクラス船の場合)が、2021年に実施されるクルーズを対象に、120%の料金で体験できる期間限定のキャンペーンが始まった。
しかもベースとなる料金は、世界でクルーズ船の運航停止期間について延長が求められた4月以降、低い水準で推移しており(※2. 北米でBrochureに表示の料金で取引されることはまずありませんが)、これは試してみるいい機会であろう。

※1) 表題のMS Riviera(66,172GT)は、夏季、地中海に配船される、太平洋上のマーシャル諸島を置籍とする客船で、基本設計を同じにしたシリーズに与えられた呼称がOceania Class(Marina、Riviera)であるが、船名にはヨットや航海に因んだもの(ルーマニア語やマルタ語の場合もあり)が多く、船社名を冠し、Oceania Rivieraと称されることも多い。

※2) 定員ベースのキャビンの実勢価格(最も割引率の高いキャンペーン料金)は、カテゴリーBを例にすると1泊あたら$300〜400で、この金額の設定はある意味、サービスの質を維持する姿勢の現れと言えるでしょう。

Trackback URL

Trackbacks

Comments

船旅、行きたいです、とても。
ただ・・・
根本的な感染対策が確立されることが必須だと思うので、悶々と。
コロナの解明もあるし、
船の構造についても、変革が必要なのかな、と。

一月末から二月にかけて、普通のツアーでトルコに行き、ウルトラ強行軍を体験し、つくづく、船旅の有難さを痛感した次第です。

第一希望は、北欧、
第二希望は、ニュウージーランドかな?

アフターコロナのクルーズ再開は、やはりヨーロッパからのようです。
6月1日にはGermanyのNicko Cruiseというところが、ドナウ川のリバークルーズを再開しました。

国際航海を行うクルーズ船では、SeaDream Yacht ClubのSeaDream I(4.253GT)が、6月20日(土)にOsloから、クルーズを再開させました。
SeaDreamはそのサイズのおかげで、政府の規則に素早く適応させることができ、他の船がそれらのサイズのために訪ねることができない特別な目的地を訪ねることができます。
Ponantも7月11日、フランス政府の許可を得てLe Dumont D’Urville (就航2019/9,976GT)によるブルターニュ地方を巡る国内のクルーズを、続いて13日、Le Bellot(就航2020/9,976GT)によるReykjavik起点のクルーズを再開しました。

大型クルーズ船では、7月24日にTui CruiseのMein Schiff2(111,554GT)が、乗客と乗組員をできるだけ安全に保つための厳格な予防措置を講じて、通常の最大乗客数2,894名に対し占有率を60%に制限したうえで、Hamburgを起点とした北海での3日間のクルーズを催行しました。
1,200名の乗客が搭乗し、無寄港とすることで外部から感染が持ち込まれるリスクを減らし、withコロナ時代のクルーズのひとつの方向性を示しました。
covid-19の検査費用は、クルーズ料金に含まれています。

MSC Grandiosa(181,541GT)は8月16日(日)Genoaより、西地中海での1週間のクルーズを再開させました。1,000名に加え、Civitavecchia、NaplesおよびPalermoからも、covid-19のテストを受けた1,500名の新しいゲストを迎えます。
ゲストにはリストバンドが配られ、これによりキャビンを開いたり、支払いをするなど、非接触型のオプションが提供されます。
乗組員も含め、寄港地での一人行動は認められず、下船は船会社の提供するShore Excursionに参加の場合に限られます。
現時点では、Schengen圏外の国から参加することは出来ません。

TuiとMSCに共通するのは、どちらも2019年に就航した、個室ごとの独立した空調システム(船室毎の※1. fan coilsを用いたHVAC system)を持つ、バルコニーキャビン数の多い船を先ず投入しており、大型船は満船にせずとも運航可能ですが、運航コストが見合わない小規模の会社では、※2. 破産するところも出ております。

Hurtigrutenはいち早く運航を再開したひとつですが、スヴァルバル諸島をクルーズするMS Roald Amundsen(2019年就航/20,889t)で、感染対策規制に違反する重大なミスを犯し、感染の発生を隠蔽しようとした疑いで捜査を受けました。これにより100人を超えるクルーズ船のNorwayでの下船は禁止され、Kielから予定されたAIDAblu(71,304GT)と、Hamburgから予定されたAIDAperia(125,572GT)の9月からのクルーズがキャンセルされました。

スペインはクルーズ船の入港禁止処置を2021年まで拡大する可能性があります。昨年、クルーズ船でBarcelonaを訪れた人は1,100万人います。ヨーロッパでクルーズ船の排出する硫黄酸化物(SOX)や窒素酸化物(NOX)による大気汚染の影響を最も受けている港湾都市のひとつです。

アメリカではCDC(疾病予防管理センター)が、クルーズの再開に消極的なようです。11月3日の大統領選挙を控え、感染の発生を恐れているとも囁かれます。

今までもクルーズ船は、ノロウィルスの発生などで一時的に入港を拒否されることはありましたが、Diamond Princessの前例のない船内隔離は、3,713人中712人が感染(他に外部から対策に入った9人の感染が確認される)、少なくても14人が死亡する惨事となり世界を震撼させました。

※1. Mein Schiffs7 and 8では、fan coilに代わり、船舶用に最適化されたchilled beamを使ったHAVC systemが実用化され、タブレットを使った空調操作が可能になっていることでしょう。

※2.
Pullmantur Cruises(Spain)
Birka Cruises(Sweden)
Cruise and Maritime(UK) 20 July

※3. PullmanturとTuiはRCLの非連結投資会社であり、PBがOperationしているMV The ZenithのOwnerは、本年1月を以ってPullmanturからRCL Zenith LLC(便宜上のFlagがMaltaからPanamaに変わり、MMSIコードも変更になっています)に移っています。
この会社はRoyal Caribbean Cruises Ltdの子会社のひとつであり、同社の年次報告書に記載されています。

Costa Delizioza(92,700GT)が9月6日、Triesteからイタリア国内を巡る1週間のクルーズを再開しました。
この船は今年1月5日にVeniceを出航して、世界一周の途上でパンデミックを知り、世界の主要なクルーズ船が次々と運航を停止した3月13日以降も航海を続け、刻々と変化する世界の状況を目の当たりにし、4月22日にイタリアのGenoaに戻った、最後のクルーズ船です。
その間、1,519人の乗客と898人の乗組員には適切な判断と感染防止策がとられ、船内は最も安全であると言われました。

Carnival Corporationは2020年の第2四半期に44億ドルの損失を報告しており、7月13日、6月までに売却契約した6隻を含む、北米外を航行する路線向けの、グループ会社のクルーズ船13隻を90日以内に処分すると発表しました。
具体的な船名はこの時点では明かされませんでしたが、その後※1. オーストラリア政府によるクルーズ船の運航停止と人の移動制限期間が段階的に延長され、傘下のPrincess Cruisesにおける秋からの運航がキャンセルされたことから、※2. Sun Princess(77,441GT)とSea Princess(77,499GT)が追加の候補に含まれる(その後Carnivalは減船を18隻に拡大)との見方が強まっております。
Sea Princessは2021年、シドニー、ブリスベンおよびオークランドから、6大陸29か国を訪問するWorld Cruiseを行う筈でした。

一方、withコロナの下でクルーズを再開するにあたっては、積極的な外気の導入と、万一の場合に備えて、一定数の隔離用キャビンを確保しておくことを運航会社はプロトコルに盛り込んでおり、十分なキャビン数と、これらの条件を満たす客船としてPeace Boatが白羽の矢を立てたのが、昨年98日間のWorld Cruiseを行った実績のある、Sun Princessであるといわれます。
この船が現在、シンガポールの投錨地である港境界線外 (OPL/ Outside port limits) EASTにいることも、好条件のひとつであったと思います。
新しいチャーター船の船名はPacific World(77,441GT)であることが報じられています。

※1. オーストラリアの保健当局は、3月19日、Ruby Princessで旅行した感染の疑わしい症状のあった120名(調査委員会調べ)を含む、2,700名を十分に検査せずシドニーに下船させたとして、covid-19を世界中に広めたと非難されました。

※2. 補足すると、現Sun Princessは2代目で、初代Sun PrincessはOcean Dreamにrenameしているが、現Ocean Dreamとは別の船です。2012年〜2016年の間、passenger shipとしとのOcean Dreamは2隻存在しました。

※3. シンガポール政府は3月13日から、すべてのクルーズ船の寄港を停止する措置を取っています。シンガポールは世界最大の船舶用燃料補給港です。

情報、ありがとうございます。
流石ですね、お詳しいわ!
くちこも、あれこれ家で検索はしていますが・・・
来年も無理かなと思っているところです。

プレッシャーとか、不安とかに弱い精神状態がずっと続いていて、改善はしてますが、やはり、添乗員付きのクルーズを考えているので。
夫は、ポーターとしかあてにならない感じですし。

未だ変化途上、先は見通せないですね。
売却がそんなに進んでいたとは、と驚きました。

9月22日付のCruise industry newsは、オーシャニアクルーズのLabor Day(アメリカ合衆国における労働者の日)に合わせたプロモーションが成功し、2021年〜2022年前期の予約は新規顧客も含めて好調であることを伝えております。
小型船の豪華な旅行体験への関心の高まりがあると分析しております。

PortugalのAtlas Ocean Voyagesは、※1. 船から陸上の医療機関への緊急輸送費用および自宅または自宅近くの別の医療施設への輸送をカバーした帰宅保険を、オールインクルージブの料金に含めることを発表しました。
最初の船であるWorld Navigater(9,300GT)は、2021年の夏に、聖地エルサレム(ヨルダン川西岸の地域)を訪れ、黒海と地中海を航海し、その後南米と南極大陸へ移動します。

Open Registryは外国国籍の船主による船籍登録を認めている国家、便宜上そのような国に船籍を置いた船を便宜置籍船といいます。
クルーズ船のRegistry(登録)の選択は、クルーズラインまたは、チャーターされている場合はオペレーターによって行われます。
彼らが決定する主な要因には、必要とするサービスを提供する旗国の能力と信用、パフォーマンス、税率などが挙げられます。
パナマが沿岸貿易を許可する代わりに船籍をパナマとすることを奨励(誘致)したのが始まりとみられ、禁酒法時代の1922年、アメリカの実業家が、所有する2隻の船を法規制の及ばぬパナマに登録したことによりメリットが認識されました。
現在では多くの船舶が、労働条件の基準が低い国に登録されており、またクルーズ船の場合は船籍が作り出すイメージも考慮され、バハマやマルタが好まれております。なお地球一周船は、パナマ運河使用料の減免により、船籍をパナマにしていると聞いたことがあります。

※1. 日本人(日本まで)も対象になるかは確認できていません。

こちらも、フランスやドイツで再び移動制限が実施され、クルーズ船の運航が流動的であることに加え、欧州でのPCR検査やフライトの確保(現地で搭乗便の72時間前以内にPCR検査を受け、陰性証明書を発行してもらう必要がある)、帰国後の14日間隔離等ハードルが高く、今年の出発を見送りました。

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>