« | »

March.03.2020

MS Nordstjernen

昨年、ベルゲンを訪れたとき、港の歴史地区に、小さく、黒い客貨船が1隻停泊していたことを覚えてはいるのだが、あまりの人だかりに残念ながら写真などは残っていない。
その船が、1956年生まれのノルウェーの国家遺産、ノールチャーネンであったらしいことを知ったのは、つい最近である。

ノールチャーネンは北極星の意味を持ち、ベルゲン汽船により、ドイツ、ハンブルクのブローム・ウント・フォスで建造(造船番号787)され、フッティンルーテン(ノルウェーの公共沿岸サービスを指し、運営会社としてのフッティンルーテンASとはここでは区別する)に長年使用された全長80.77m、総トン数2,191トンの単発機関を搭載した船である。

装飾はノルウェーの有名な芸術家、Paul Rene Gauguin(ポール ゴーギャンの孫)が手掛け、サロンデッキの旧ファーストクラスラウンジやレストランのバルクヘッド(仕切り)、階段ホールなど、1956年当時のスカンジナビアの見事な木彫りやセラミックアート、絵画を見ることができ、古い照明器具さえ機能している。
カフェの前方キャビネットには、幾つかのオリジナルのベルゲンライン※1)の記念品がディスプレイされている。
オープンデッキにはチーク材を敷き詰め、レセプションパネルにはマホガニーが使用されている。

当時のフッティンルーテンの船の大きさは約1,000tであったから、ノールチャーネンは、1980年代に大型旅客貨物船が使用されるまで、1964年建造のMS Lofoten(2,621t)と共に、ノルウェー西岸航路を代表する船であり続けた。
1983〜84年にBergenの造船所で行われた改装では、メインエンジンが交換され、同時にFirst ClassとSecond Classを廃止、バス・トイレを持たない客室の多くは現在のクルーズ船と比較して小さく、キャビンを71室(おおよそ13㎡〜3.5㎡)に再構築して、D・Eカテゴリーを除くすべてのタイプのキャビンに専用シャワー/トイレ設備が追加された。

2012年にVestland Rederi AS※3)が船を購入したことに関連してノルウェー文化遺産局は、1950年代の船のデザインの傑出した例として保護し、また2013年、ポーランドのGdańsk(グダニスク)の造船所で修理を受けた際、ファンネルの塗装がベルゲンラインのカラーに戻された。
本船はIce Class 1C※2)の耐氷船であり2015年から、毎年夏に、元の所有者であるフッティンルーテンASにチャーターされ、北極圏の北に位置し人の住む最北の島といわれるスピッツベルゲンを起点に、スバールバル諸島の自然に親しむ短期のクルーズを行っている。
※1)高級クルーズとして語り継がれるロイヤル バイキング ラインの最初のパートナーでもあり、同社1番船のロイヤル バイキング スターのオーナーでもありました。
※2)0.4mの厚さの氷がある海域を航行可能
※3)Vestland Marine Sp. z o.o.のブランドであるVestland Classicは2019年に、ノルウェーの海洋高校で訓練船としての役目を終えたSjøkurs(元MS Ragnvald Jarl / 造船番号789)を取得、改装を計画していると伝えられている。同船は姉妹船であるが、ファンネルやマストのデザイン、配置が異なる。

僕は過去に、ストックホルムのベルクスンド機械工房で建造され、夏季の間、ストックホルムからサウザンド諸島を巡る航路に就航している M/S Waxholm IIIという船に乗船しましたが、定期船で周遊する乗客はその昔、船に戻る時刻を汽笛で知り、本船も幾つかの島で、出航5分前に汽笛合図がありました。(1939年公開のめぐりあいという映画では、この汽笛合図が別れのシーンで使われています。)
この船は1961年まで使われた後、1992年〜1994年にかけ改修され、スウェーデンの文化を伝える航路に復帰しました。
アッパーデッキのラウンジとダイニングルームの一部は1903年からのオリジナルです。

Trackback URL

Trackbacks

Comments

古い洋館に趣きがあるように、
古い客船にも同様な趣きが・・・
くちこ的には、横浜で見た氷川丸を思い出しました。

ところで、ノールダムで行くニュージーランド周遊クルーズは、催行中止になりそうです。
こちらとしてもキャンセルは不可避と思っていたところですが・・・

想像以上の展開になってきましたね。
これから、クルーズ界はどう変化していくのでしょうか?

heritageというジャンルに着目した少人数のクルーズ計画ですが、国を跨いだ移動の解禁が見通せず、1年延期になりました。
ノールチャーネンは引退が囁かれ、今年が最期の航海になると言われておりましたが、2021年の運航が決まった後、今年のクルーズはキャンセルされました。
船は7月31日以降、Rogaland(ローランド)県、kopervik(コペルビク)港にあります。

2020年2月3日、横浜に帰港したダイヤモンドプリンセスにおけるCovid-19の集団感染事件以降、クルーズ船の運航に対する世間、とりわけ行政当局の風当たりは強く、クルーズ各社はイメージ払拭のため、ワクチン接種済みを条件に加え、運航の再開を図ってきた。
ワクチン接種を安全の切り札(その後ワクチン接種していてもCovid-19に感染することが判明)としてしまったため、ワクチン接種証明の提示や入国前後の検査、入国後の隔離のいずれも不要とした国の数がノルウェーを含め30ヶ国を超えた(4月13日現在)にも関わらず、船客の接種比率が高い国・地域のクルーズではワクチン接種の証明書が必須となっており、いずれはこれも撤廃されるであろうが、今しばらく時間がかかるとの見方が強い。
僕は薬に対して過敏な反応があるため、ふつうの人でさえ副反応に苦しむようなワクチンは、そのものがリスクである。
それにしても、クルーズを申し込んだときはワクチンなどなかったが、取消しには20%のキャンセル料が発生するらしい。
ロシアのウクライナ侵攻により、スウェーデンとフィンランドがNATO加盟に意欲を見せ、原油価格が急上昇し、ユーロに対する日本円の価値が下がっていることも憂慮する。
正直いうと、商業クルーズの熱は醒めている。クルーズレポは相変わらず贅沢自慢、まぁ、ライターの多くは船会社と何らかの関係を持っているから持ち上げようと奮戦しているのであろうが、20年来変わらず、何を学びどう活かすのか、もっとアウトプットがあっていいんじゃないかと思う。

2020年2月10日
この日、DPではこれまでで最も多い65人の感染者が確認された。
政府は、感染拡大のイメージが世界に広がり、観光や経済に打撃となることを恐れ、日本上陸前としてWHOにクルーズ船分と国内部分の感染を分けるよう提案、報道機関へ周知したが、同船は2月1日に那覇で検疫を終えており(後に取り消し)、このとき5人が体調不良を訴えたが、PCR検査は行われず、2月2日に香港衛生当局から、香港で下船した乗客の1人がCovid-19に感染していたとの連絡を受け、異例の再検疫を行った。
政府が今尚Covid-19を指定感染症から外すことに難色を示すのは、中国での新型コロナウイルスの感染拡大を受け、時の内閣は感染症法に基づく指定感染症にする方針を1月28日に閣議決定したが、政令の施行を”公布の日から起算して十日を経過した日”としていたことから、入港を認めたことが仇となり、トラウマになっているとも考えられるのではないでしょうか。
一方、感染拡大の多くは、船内隔離の前に起きていたとする政府の主張に対し、感染していない健康な乗客の感染および疾病のリスクを高める、重大な欠陥を有していたと断じる元乗客もおり、未だ聞き取り調査のない、この事件を巡っては記録の保存が不十分であると指摘されている。
DPでは、廊下天井排気口からSARS-CoV-2 RNAが検出されており、換気システムを介した空気感染の可能性についても囁かれたが、それを肯定してしまうと、船内隔離の非を認めることにも成りかねず、その後の日本の感染対策は飛沫と接触を基に行われ、WHOも当初はエアロゾルに否定的な見解を示した。
※ Covid-19は疾患名、その元となるウィルスがSARS-CoV-2 RNAです。

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>