July.11.2010

7月11日(日)博多

昨晩は博多下船の日本人だけを集め、10デッキ、レストランの一角にて船側の提供する生演奏付きの特別なイタリアンディナーとクルーズ中4回目(うち1回はCosta Club会員のみ)となるカクテルパーティーが催されました。
 
たまに11デッキのプール側から迷い込んだり、仕切りのテープを乗り越えて水を汲みにくる外国人の方もおり、たぶん、不思議な目で見られていたでしょうね。
 
イタリアンによるチャイナスタイルのクルーズ!
 
すべてはクルーズコーディネーターの最初の挨拶にあった、この言葉に込められているとおもいます。
 
東シナ海に上がった梅雨前線の影響で、22時をまわった辺りから、揺れが大きくなりました。
客室係のMarlonは、私達に気付くといつもキャビンの扉のところに先回りし、鍵を開けてくれます。
荷物を通路に出し、母も私も最後の晩のゲームを諦め、ベッドに入りました。
 
深夜、激しい雨の音を耳にしましたが、明け方には確認することができず、博多湾の中で朝食を済ませ、午前8時ごろ日本人揃って下船しました。
 
帰宅して間もなく、北九州を記録的な集中豪雨が襲うニュースが流れ、信じられぬ光景でした。
被害に遭われた方に、心よりお見舞い申し上げます。
/2010年7月16日

July.10.2010

7月10日(土)済州島

Sea View8デッキのライブラリで本を借り、11デッキプールサイドに持ち出し、塩水プールでひと泳ぎしたあと、シャワーブースに隣接したその扉を開くと驚くべき仕掛けがありました。
 
男性用のレストルームです。(爆)
 
今晩のイタリアンナイトまで待てず、ほとんどの乗客が寄港地下船して私達のみとなったプールサイドでカリビアンコーヒーを飲み、イタリアンな一日(Vacanza)を楽しんでおります。
 
昨日までの混雑していた船尾テラッツァのオープンスペースも、シェフと1対1でグリル料理に嵌っています。

7月9日(金)At Sea

イタリア語のヴァカンツァは空っぽな状態になることを意味するからでしょうか、イベントは控えめです。
 
昨日はアーツクラフト教室に参加しました。
日本船の多くでみられるようなひとりひとりにパーツがあらかじめ用意されたものではなく、素材(紙)をカットするところから始め、身振り手振り互いに協力し合うので、コミュニケーションづくりには役立ちます。
完成した薔薇はキャビンに活けています。(爆)
 
オペラ劇場のショーの後、乗客と司会のコミカルな掛け合いで盛り上がるピアッツァのFREE BINGO(無料で参加できるビンゴゲーム)で、目玉賞品のリップスティックセットを母が当てました。

July.09.2010

7月8日(木)天津 /2

出航は20分くらい遅れましたが、道路事情を考えるとやむを得ないでしょう。
そもそもキャビンには時計を備えず、時間に縛られず過ごしなさいということのようです。
 
天津で大半の乗客が入れ替わり、以前にも増して子供が増え、走り回っております。
都会的な、素敵なファッションのお嬢様方も僅かながら乗船されています。(笑)
 
天津を出航してのディナーはオープンシーティングになりましたが、想像したような席取りや混乱は起きていません。
ディナーでもかなりの方が、10デッキのブッフェレストランに流れているのが原因かとおもいます。
 
毎夜ピアッツァでは乗客参加型のショーが繰り広げられ、内容の是非はともかく、家族や友人との参加が多い乗客層の心を掴んでおり、熱気に満ちていました。
 
今朝はいつものように朝一番でキャビンにカプチーノを届けてもらい、これからの予定を立てています。
ルームサービスのウエイターは日によって異なりますが、毎日定時刻に扉をノックしてくるのが不思議です。

July.08.2010

7月8日(木)天津 /1

天津の真新しい国際客船ターミナルには可動式のボーディングブリッジが完備され、入国手続きもストレスなくスムーズに下船することができました。
中国北方最大の港として今なおインフラ整備が続く天津港周辺ですが、市内へ向かう道路はあちこち工事をしており、予想したより街まで時間がかかりました。
 
ここでも地元で人気の海鮮レストランへ行き、鮑料理や千鍋牛蛙(蛙の肉と長ネギと赤唐辛子ににんにくを入れた湖南地方の料理)など、5品目を注文し、382元ほどでした。
レストランで現地のガイドを介し会計を済ますと、スピードくじ付きの領収書が手渡されました。
この領収書は税務署が発行した専用の用紙に金額が印刷されたもので、200元券×1、100元券×1、50元券×1、10元券×3、1元券×2枚を受け取ります。
スクラッチを削って金額が出ると、その分のお金がもらえるが、店側はこの用紙の発行をもって売上を計上することになるため、お客が「領収書くれ」と言うことにより過小申告を防止する狙いがあるといいます。
当然、正式な領収書の発行を渋ったりする店もあり、また当たりのない偽物も多く出回っているようです。(爆)
珍しいのでくじを削ったあとの領収書は記念に持ち帰ります。

July.07.2010

7月7日(水)At Sea

朝はボッティボリレストランもオープン席のブッフェスタイルとなります。
炒飯、炒麺、粽、粥、花巻など日本でも馴染みの中華料理が並びます。
昼と夜はアラカルトで提供されますが、ディナーの席は2回制の場合と、オープン席の場合があり、船内新聞で確認するようになっています。
ディナーの席で日本人と中国人が相席することは基本的にはありません。
これは中国人は円卓を囲み賑やかに食事することを好むのに対し、日本人は静かな食事を好むことを、彼ら(メートルディ等)は日本人コーディネーター等から勉強しているからです。
朝のルームサービスはコンチネンタルですが、前述のようにカプチーノのみ注文することもできます。(要チップ)

中国では、6月末から8月末までが夏休み、小学生は中学生や高校生より時間がたくさんあり、彼らほど勉強しなくて良いので、しばしば家族と旅行に出かけたりするのだそうです。
家族で乗船されている方が大変多く驚いております。
ダイニングもリクエストがあれば中華式に全ての料理を先出しして、取り分けて食べることができるなど船側は柔軟な対応をしています。
 
天津では千人ほどの乗下船があるようです。

7月6日(火)釜山

さて、これはどんな料理か解りますでしょうか?
 
1.茄子とポークのチリソース
2.ポークの甘辛煮
 
答えは、1が麻婆茄子、2が酢豚です。
いずれもメインレストランで出された中華メニューの日本語訳です。(爆)
 
釜山では専用車を手配して、チャガルチ市場の海鮮レストラン、ミョンムルフェッチプへ行きました。
フェジョンシク(刺身定食)が1人前₩25,000、鮑の半身は₩70,000ほどでした。
 
母港である天津に比べ、釜山でのコスタクルーズの認知度はいまひとつ低く、迎えの車が国際旅客ターミナルと国際クルーズターミナルを間違え、1時間待たされる一幕もありました。

July.06.2010

7月5日(月)博多―釜山

コスタロマンチカ、まぁ、多少の手際の悪さはありましたが、無事乗船しました。
 
今回はカジュアルな夏を演出すべく、ロールアップした明るいチェックのガーゼシャツの下にさりげなく紺色のCosta MagicaのT-シャツをコーディネートしました。カーキ色のカーゴパンツとの相性もよく、チェックインカウンターのイタリア人スタッフからも注目されました。(爆)じつはこのT-シャツはCruise誌の読者プレゼントでいただいたものです。
 
船内の雰囲気は、中国に迷い込んでしまったとでもいいましょうか、最初から中国スティのつもりでいますので、小さなことでクレームをつけるつもりはなく、むしろ、他では体験できない旅です。
そりゃアジアクルーズはヨーロッパをクルーズするコスタの雰囲気とは異なるとこもありますが、それなりに、3年目ですからクルーもコミュニケーションが取れているようです。
 
本船には中国人シェフとイタリア人シェフが乗船し、ボッティボリレストランにおいてアラカルトでオーダーする際には、前菜を中華、メインをイタリアンから選ぶこともできます。
スプーンは蓮華、ブラックティー(中国茶)を飲みながら食事するなど、見るものすべてが新鮮です。でも、朝、キャビンに届けてもらったカプチーノはさすがイタリアンです。
 
ベッドがクイーンサイズのダブルであったためセパレートしてもらいました。

July.05.2010

7月4日(日)東京-福岡

東京から福岡までは1時間少々のフライトです。
湿度と気温がともに高く、空港ラウンジから眺める東京湾は視界不良でしたが、低く垂れこめる雲を抜けると一時的にも青空が広がり、雪解けの富士山の美しい姿に感動することができました。
母が石ちゃんと声をかけるので右席をちらっと見ると、石塚英彦さん(お笑いタレント、グルメリポーター、俳優)が単独で乗っておりました。
プレミアムシートいっぱいの大きな体で、携帯ゲーム機に真剣になっている姿がユーモラスでした。(爆)
 
福岡空港に降り立ち、車で約10分のグランド・ハイアットに前泊しております。
 
リージェンシー・クラブ、以前来たことあるかな?
 
結局のところ、博多港での最終案内が配布されたのは出航1週間前(6月28日)でした。
 
宅配で送った荷物は国際ターミナル3階の会議室で受け取り(この経緯については5月20日のlogのコメント参照)、1階で荷物を預けチェックイン→3階に戻り出国手続きをして再度下りバス移動ということに。(苦笑)

June.17.2010

e(co)-Ticket

乗船1か月前にe-Ticketを手にしました。
pdfファイルから印刷するだけの簡素なチケットです。
 
母のBording Formは代理店のほうでマスの中を記入(入力)してから出力してくれたようで、僕のは自分で記入する形になっていました!?
 
不思議でしたので確かめるため、また、未記入のマスを手書きで埋めるのは面倒でしたのでWeb Check-inしました。
Costa Cruiseトップページ(http://www.costacruise.com/)>PACIFIC ASIA>Japan>ご予約済みのお客様へ>Web Check-in>
Start the Web Check-in now>Booking NumberとSurname(苗字)を入力>Send>フォームを埋める>Send>Print your form
 
プリントアウト後、赤枠内のYes, NoのYesにチェックを入れます。(Noは印字の内容に誤りがあるという意味で、下のFormへの書き直しを要求されます。)
 
いつの間にかCostaのWebサイトは日本語対応になったんですね。(Choose your countryで言語が決まり、プロフィール登録後は異なる国でのログインはできません。)
 
ここで、僕のBording Formには誤った生年月日が入力されていたのを発見しました。
少し詳しく説明すると僕は個人的にCosta Cruiseに登録しており、Bording Formに入力されたデータが照合して合わないため手書きを要求されたのだろうとおもいます。
 
つぎに、「ご予約済みのお客様へ」というところへアクセスしてみました。
ログイン(My Costaに登録)>コスタクルーズをご予約済みのお客様へ>お客様情報に予約番号を入力>
「このクルーズは、グループ予約でお受けしているので、個人レベルでのカスタマイズはお受けできません。
詳細に関しては取り扱い旅行代理店までお問い合わせください。」

つまり、オプショナルツアーの手配などはWebでは不可ということ。
これに関連し、代理店が日本語ガイド付きで天津の寄港地観光を用意し、申込書が送られてきました。
料金も日本人向けです。(爆)
というわけで僕も寄港地でのネタを準備中です。
 
そして、e-Ticketの最後には、LUGGAGE LABELSの工作キット?がついております。
プリントアウトしたバーコード入りラベルは3つ折りしてホチキスかテープで留めるようになっております。
しかし今回は荷物を宅配で送るのでちょっと不安、なので100均で買った両面テープを裏面に貼り、ステッカー仕様にしました。

Next »