June.21.2006

What’s new

Celebrate the Worldアメリカのクルーズは文化、産業の視点からも大変に興味深いものです。
今から30数年前、liner(定期客船)の時代が終わりカリブ海でスタートしたモノクラス・クルーズは、American Dreamの考えの下、斬新なアイデアと弛みない努力により成功を遂げた産業のひとつです。
今日ではアメリカという巨大消費国が生み出したこの市場に参入する企業は欧州のみならず、我国も造船、ITなどの分野で深く係わっております。
私達は美しいデザインのクルーズシップにおいて、世界の最新ハードとソフトを同時に体験できるのです。
例えば双方向のデジタルTVは、Celebrity Cruisesのミレニアムクラスの客船なら、6年前よりすべてのステートルームに標準装備されております。
僕も下船日の朝にはクレジットの明細を客室のこのTVで確認しました。
刻々と変化するグローバルな食の好みや動向をレストランメニューから逸早く知ることだってできます。
リーガルプリンセスの船上には13年前、既にピザを専門とするレストランがあり、カルツォーネ(包みピザ)を焼いていました。
Category RS 6137造船技術の進歩は、写真の様なベランダ付きステートルームを普及させました。
もちろん、これらはクルーズの一部分に過ぎません。
小さい船にもならではの楽しみ方があります。
それらは別の機会に紹介します。
私達はInfinityのすべての施設を巡ったわけではありません。しかし67時間の心地よい時間を過ごすことができました。
よくばらないこともクルーズと長く付き合うコツでしょう。

June.12.2006

include,exclude?

SS United States Restaurant乗船中に別途支払うのはアルコール飲料やカジノの賭け金などの個人的費用に限られます。前述のスパもミールも、最新の音響と照明設備を備えたCelebrity Theatreで毎夜繰り広げられる本場エンターテイナーたちのショーもクルーズ料金には含まれております。特別なサービス、例えばスパでトリートメントやマッサージなどを申し込んだ場合には別途サービスに見合う料金がアカウントされます。
公海上は免税ですので、カクテルでしたら一杯$5程度、高級ワインなども一般市場価格よりは安く手に入ります。
私たちは二日目の午後に招待を受けたユナイテッド レストランでのエレガントティーの中で、カナッペに合わせモエ・エ・シャンドンロゼをグラスでオーダーしました。通常はボトルで買うことになるので、こういう機会を有効に使い楽しみます。

June.10.2006

day at Sea

AquaSpaパブリックスペースは4,5Deckと10,11Deckに集まっています。これを専門的にはhorizontal配置といいます。
各Deck左舷のMidship Elevatorは海の輝きを巧みに取り入れ、これを目印に移動すれば船内配置はすぐに覚えられます。
私たちのクルーズライフは、毎朝ダイニングより運ばれSuiteにセッティングされるスペシャルブレックファストで始まります。午前から午後にかけての心地よい時間はAquaSpaで過ごしました。
この旅では、母の足のマッサージも兼ね本当によくスパに通いました。(笑)
InfinityのスパはリゾートデッキのForward約3分の1を占め、大変ゆったりしています。
硝子のドームで覆われているアクアプールには、十分な数の木製デッキチェアとタオルが用意され、チェンジングルームは受付でSeaPassカードを預けロッカーを借ります。
健康な人にはわからぬことですが、このSpaはハンディキャップにやさしく、アクアプールはゆるやかなstepになっており、母はコーナーにある打たせが好みでした。
海に面した男女別のサウナには大きな丸窓が付き、高級ホテルの会員制スパと同等のシャワールームやパウダーの設備が整っています。
プールサイドのSpaCafeではランチタイムになるとヘルシーブッフェが始まります。
寿司や豆腐などの和食メニューは健康志向のアメリカ人に人気があります。
ここでは、ヘルシーなのについ食べ過ぎてしまいました。(汗)

June.08.2006

Boarding first day!

The Huntington Hotel5月31日(Wed)サンフランシスコへ飛び、Nob HillのHuntington Hotel(& Nob Hill Spa)へ1泊ののちpier35にてInfinityに乗船しました。
サンフランシスコの港は交通の便がよくわかりやすいので、ケーブルカーとトラムを乗り継げば迷うことはないでしょう。
残念ですがケーブルカーはバリアフリーでないため一人で乗り、港へは乗船時刻に合わせ改めて専用車で向かいました。
アメリカでは障害を持つ者は優遇され、クルーズターミナルにおいてもすみやかに対応していただき、車椅子の用意とボーイの手配がなされました。
乗船口では1人1人がIDカードを機械に通し、手荷物のセキュリティチェックを受けます。
Entranceではウェルカムシャンパンが配られますが、Suiteの客室ではButlerがボトルで冷やし用意しております。
ステートルーム(客室)まで車椅子を押してくれたボーイには、その場でチップを渡します。
ButlerのGodwinが挨拶に来ました。
すぐに最終日のSS United States Restaurantの予約を頼みましたが、残念ながら既に満席でした。
そのかわり、2日の日中このレストランで開かれるCaptain’s ClubのELEGANT TEAイベントへの招待を受けます。
出航前のライフボートドリル(避難訓練)は全員の参加が義務付けられています。
時刻と集合場所を確認します。

May.31.2006

Boblbe-e買っちゃいました。

Boblbee Megalopolis Sport Deep Blue前々から気になっていたソリをひっくりかえしたようなPack、ノートブックコンピューターを持ち運ぶために開発されたそうですが、カメラの保護にもよさそうです。
Cruise Shipのwelcome gateではカメラマンが記念撮影をしてくれるので、ちょっとこだわってみました。これかっこいいでしょ?
ところで昨日はみなとみらい地区のホテルに宿泊しました。
当初の予定にはなかったことですが、母のリハビリも兼ね、プールとサウナで体調を整えました。
クルーズトラベルは荷物が多くなりがちですが、大きな荷物は空港に送り、1泊分の身のまわり品と撮影器材をboblbeeのパックにまとめました。

May.26.2006

If you have yet to experience a cruise,

The Trellis Restaurant僕は外国客船でのクルーズを30代で開始した。決して早いほうではないが、今、日本でこの年代のどれだけの人がクルーズ体験をお持ちだろうか?
Infinityとは無限大を意味し、永遠という思いを秘めた、アメリカらしい船名の付け方である。我国の国民性ではこのような素敵な名前は浮かばないであろう。
北米地域では昨年、老若男女を問わず971万人がクルーズに参加した。
いろいろな国の文化を学び、人と接し、共に楽しむのである。

May.24.2006

Guest Documents

SunriseDeck本日乗船書類を受領。で、あまりの簡素な体裁にちょっと驚いた。
というのも、昨年同じグループのRCIの地中海クルーズではオールカラーの立派なブックレットだったCruise Documentsは、今回はモノクロのコピーをつづり合わせたような、全く期待はずれのものだった。
まぁ、それだけCruiseが一般化したのか、それとも今回は日本の代理店を通しているので、英語の分厚いブックレットの内容など読まないとおもわれたのか?

May.07.2006

XPRESS PASS

Internet Centerさて、昨年に続き乗船手続きをwebから行いました。
プロセスはクルーズ会社のホームページにてマイページを開設(パスワードの登録)>ログインしてプロファイルを作成(同伴者も登録可)>reservationの確認(このシステム以外で申し込んだ場合、まず予約番号を入力してマイページに加える)>Online Check-inにアクセスして画面の指示に従い、最後にXPRESS PASSをプリントアウトしてサインする。
乗船当日はパスポートと共にXPRESS PASSをチェックインカウンターに提出します。
なお、Addressの入力時にコンマで区切るとerror表示されます。zip-code(郵便番号)にハイフンは要りません。
*Online Check-inは、よくわからない場合は絶対に行わないでください。

May.05.2006

Are you positive person?

Diamond Princess5月1日、Infinity乗船までJust1ヶ月。この日の旅行会社の営業時間が終わり代金見積書をいただいた。
そもそも今回の誘いはフライ&クルーズのパッケージで、旅行代金も低く抑えられていた。ところが不思議なもので、日本ではより費用のかかる長期クルーズは売れ、日数の短いクルーズはまだ見向きする人が少ないのである。
ここ数年の欧米のクルーズはファミリー層を中心に伸びており、あらゆる娯楽を備えた新鋭客船でのショートクルーズは、それ自体がエキサイティングでちょっぴりおしゃれなデスティネーション(Destination=目的地)として若い世代に支持され、とてもポピュラーな旅行形態である。
 
パッケージ(日本発着の往復航空運賃+クルーズ料金+送迎料金)は188,000円~298,000円(スイート)に設定されたが、これはあくまで日本で一定の人数が集まった場合の金額であり、集客できない場合は手配旅行となり料金は若干異なる。
下記は手配旅行の見積ですが、一般的にはグループ割引がないぶん若干高くなると考えたほうがよい反面、世界のクルーズから好みのものを申し込むことができる。
今回は少々ややこしく、クルーズの部分ではGroup割引が適用され、船上チップはバトラーへの支払いを除き先払いとなっている。
 
-参考(2人で申し込んだ場合の1人分)-
クルーズ代金 カテゴリーSS  1,011US$
ポートチャージ  122.96US$
船上チップ(バトラーは別)  31.5US$ 参照
日本往復航空券  86,000円
海外空港税、燃油サーチャージ、航空保険料 16,600円
このほかに空港~ホテル~クルーズポートの車代、前泊のホテル代(別途手配)など

April.16.2006

Easter

クモユニ74001今から2年前の話になるが、イギリスの港町”サザンプトン”のあるホテルに泊まったとき、おおきなチョコレートでできた卵をプレゼントされ、驚いたことがある。
ちょうどその日はイースターであった。
イースターとは日本では復活祭と訳されるが、キリスト教ではイエス・キリストの復活を祝う、Xmasより大切な行事である。
毎年日付が異なり、春分の日を過ぎて最初の満月の次の日曜日がその日にあたる。
今年は4月16日である。
卵は生命と復活を象徴し、イースターうさぎが運んでくるという言い伝えがある。
なぜ私がそのときそこにいたかというと、この年就航した、クイーンメリー2に乗船するためであった。
今年は諸般の事情もありInfinityの3 Night Northbound Coastal Cruiseを選んだ。
乗下船地が異なる(サンフランシスコからバンクーバー)場合、Airは往時または復路のいずれかで現地乗り継ぎとなることが多い。
しかし今回は母の足を考慮して、行き帰り共日本との直行便を用意していただいた。

Next »