November.22.2013

Nipp●n-maru Presents「こうもり」/

今年も余すところ40日、にっぽん丸オペラの季節が近づいてきた。
次回演目は”こうもり”、1874年に作曲されたオペレッタであるが、大晦日の晩の出来事を題材にしていることから、ドイツ語圏では大晦日に演じられるのが恒例との事、明るい喜歌劇である。
Yokohamaところがこの「こうもり」は第3幕まであるので、場面転換をどのように行うのか興味を惹く。
何故なら第2幕はオルロフスキー邸(19世紀ウィーン)の舞踏会のシーンであり、カクテルパーティの演出がそのまま舞台になることもあり得る。
 
本年は食品の偽装表示や不正表示に多くの企業が関わっていたことが明るみに出て、社会問題化した年であった。今更ながら、サービスには適正な対価が必要であるということを痛感した。
サービスに対する対価の考え方は人それぞれ違うであろうが、原価割れのサービスなど消費者の妄想であって、まずあり得ないと考えるべきだろう。
クルーズに置き換えると、大幅にディスカウントされたクルーズは料金が安いにもかかわらず、クレームも多いようだ。
当然であろう。クルーズ会社はお客様から集めた資金によって食材を調達し精一杯のサービスに努めるわけだから、集客が思うようにいかなかったり、値下げを繰り返すようでは質の低下につながる。
日本船や外国船のプレミアムな会社ほどブランドを大切にしており、そのような値引きは行わないであろうが、アジアに配船された一部の船で、以前同じ船で体験したサービスと異なるという話は時折り耳にする。
まぁ、どの船がどうのこうのということではないが、米国ではここ数年、CDC(Centers for Disease Control and Prevention=米国疾病予防センター)の衛生管理検査にクリアせず改善を求められるクルーズ船が後を絶たないというから、このような厳しい検査のない地域では尚更食の安全は大きな問題であるとおもう。
にもかかわらず、クルーズリピーターの間で論じられるのはどこまで安く買い叩くことが可能かとか如何に人より良いポジションを手に入れるかなどの自己中心的な話題が多い。(笑)
Imageカジュアル船に乗ってもカテゴリーの上のキャビンに泊まり1泊4~5万円出すという人なら、ワンランク高い船の最も廉価なキャビンにスティするという選択肢もある。
 
にっぽん丸はCDCにおいて、日本船1位であることは勿論、世界でも高い評価を得ている。
さて、話題が横道に逸れたようだが、オペラのディナーは次はウィーンのテーマディッシュを予定しているそうだ。

January.13.2013

Nipp●n-maru Presents「セビリャの理髪師」/後編

Image舞台に向かって左手、バルコニーの下にオーケストラを配置 ※1)、右手の2階席(5Deck,Dolphin hall)の一部分をバルトロ邸のバルコニーに見立てた。(令嬢ロジーナと叔父で後見人の医師バルトロはここから登場)
にっぽん丸のステージは僅か2stepと低く、演出家ダリオ・ポニッスィ氏は舞台と客席を一体として演出を手がけ、主役のフィガロ(セビリャの理髪師)やスペインの若き貴族、アルマヴィーヴァ伯爵などの登場人物を客席の後方から登場させたり、舞台の周囲を演技に活用した。
楽屋は5Deck,右舷のコンファレンスルームに設け、Dolphin hall内の2つの階段(舞台の右舷サイド及び客席後方の階段)を巧みに使い分けていた。
ゼネラルマネージャーの川野恵一郎さんに伺ったところ、今回のオペラクルーズの発案は約1年前、具体化したのは半年程前であったという。
にっぽん丸船上で藤原歌劇団がリハーサルできたのは初日と2日目の僅かな時間でしかない。
彼らはプロであり、下見だけで舞台演出から日々の稽古までこなしてしまう。
King and Queen towers大道具・小道具や衣裳などについても同様に当日(12日)横浜で積み込まれた。バルトロ邸に配置された家具の一部を、船内のどこかのラウンジで見たようなのだが…(笑)
そうであるならオペラは金がかかるとの常識を覆す快挙である。
上演中の環境には細心の注意が払われ、ブリッジにはその間の停船指示が記されていた。
第1幕と第2幕の間には作曲家であり食通として知られたRossini氏(1792~1868)に因んだGala Dinnerが用意され、にっぽん丸側も特別な装丁のメニューやベネチアンマスク(Venetian carnival masks)などをあつらえオペラの興奮を盛り上げた。

Suruga Bay少なくてもオペラ終了までは天候に恵まれた。
昨日、飛鳥Ⅱに続き夕暮れのライトアップされたKingとQueenの塔に別れを告げ横浜を出航、小田原を望む相模湾では7Deck後部の照明を一時的に消灯し冬の星座観察が行われた。
本朝飛鳥Ⅱと共に駿河湾へ向かい、雪の帽子を被った富士山を背景に互いが被写体となる場面もあり、それに合わせて日中Closeされていることが多い船首のNeptune Barでカクテル講座が開かれた。その後伊豆諸島へ進み、午後は新島近海をCruising、ブリッジも開放された。
Promenard deck
14日は天候の急速な変化が予想されたため(前回添付沿岸波浪予想参照)、Gala Dinnerに同席いただいた船長の久保滋弘氏より横浜着岸(大さん橋ふ頭)を12時30分頃、下船は予定通りの14時とすることが告げられたが、朝の8点鍾の時点で、入港がさらに1時間以上早まった(A号岸壁着岸右舷11:10)ことが知らされる。
なんとフィナーレは初雪である。
 
補足

January.01.2013

Nipp●n-maru Presents「セビリャの理髪師」/前編

オペラの晩のドレスコードは何故フォーマルなのか、それはオペラとミュージカルの違いを知るところから始まります。
どちらも音楽劇であることに変わりはありませんが、オペラはクラシック音楽(Acoustic=生音)を基本とし、オペラ歌手はbel canto唱法(イタリア・オペラの発声法)や表現力で登場人物の心の内を伝え、MicやPA(Public Address=公衆伝達を意味し、具体的にはミキシング・コンソールを中心に演奏を集めてまとめ、処理して出力する方法)といった現在設備は原則的には用いません。
劇場自体が巨大な楽器に例えられ、歌手は自分の声でオーケストラの音量と向かい合い、大変エネルギーを使い体力を著しく消耗します。
ミュージカルはジャズやポピュラー音楽を基本としており、地声による自由な歌唱(音楽、歌、台詞)とダンスが結合した演劇形式です。PAを普通に通しますので、大きな劇場を持つクルーズ船には向いています。
2010年の改装後のにっぽん丸では以前にも増してDolphin hallで歌や演奏を聞くという場面が多くなりました。新春オペラに先立ち昨年4月8日には横浜停泊中のにっぽん丸船上にてソプラノ歌手の生のコンサートが開かれました。(クルーズ船の構造によってはオーケストラのピットをどのように確保するのかという問題もあり、PAの補助も考えられます。)
アメリカ文化(もとはヨーロッパ)のもとで発達したミュージカルはショービジネスであり大衆文化における消費財であるのに対し、近代ヨーロッパの象徴であるオペラはその社会の中の高級文化を代表するものとして、価値財に位置付けられます。
興行面から見た場合オペラの運営は入場料収入以外の財源により成り立っており、我が国も例外ではありません。
海外では船上におけるOpera Concert(この場合はMicを使うこともあります。)の例は多々ありますが、1つの作品(オペラ全曲)をほとんどノーカットで上演するなどという技は恐らくないでしょう。
オペラ劇場にはオペラを演じるための様々な工夫があります。にっぽん丸は素早い場面転換に欠かせない3面舞台や4面舞台とは逆の発想で、幕間に作曲家であり美食家と言われたGioachino Antonio Rossiniに因んだDinnerを用意し、客船だから可能な食と一貫したストーリーを展開しています。
1996年から2002年までプロの劇団を招聘しておりえんとびいなす(最終年のみぱしふぃっくびいなす)船上で行われたMystery CruiseはX’mas Dinnerの前に事件が発生し、その後劇団員の与えるヒントを手掛かりに推理を行い、翌朝再び解決編が上演されるというものでしたが、同クルーズは現在行われておりません。
 
沿岸波浪予想!!

December.17.2010

Newにっぽん丸-熱海花火・新宮/ 2

12月12日(日)のDinnerです。
 
食前酒 山形県産リキュール ラ・フランス(洋梨の中でも最高峰と言われます)
前菜(先付) 梅鏡(赤梅の甘露煮をゼリーで包んだもの)、きぬかつぎ、手長海老など
吸い物 浅利貝の麹味噌仕立て
お造り 間八の刺身と平目、赤烏賊の盛り合わせ
煮物 黒豚肉のやわらか煮
揚物 万願寺獅子唐すり身揚げ
蒸物 松茸茶碗蒸し
強肴(しいざかな) 米茄子の二色田楽焼
小鉢 白子ポン酢
松茸ご飯
香の物 / 和菓子とフルーツ
 
母のbirthdayを新装なった「春日」で祝い、さらにホールケーキがプラスされました!!
ケーキは切り分けてもらい、テイクアウトしました。
 
熱海市の花火には、59年の歴史があります。
三方を山に囲まれた熱海市は音の響きが良いことで花火師も絶賛し、熱海と言えば花火を連想する方も多いといいます。
 
船上から鑑賞する花火は、それ自体が特別な体験であり、臨場感も違います。
冬に花火が催される理由は、空気が澄んでおり、花火本来の色と迫力を堪能できるからです。
 
日付が変わり、Spa仕様の水中照明付きブローバスに浸かり、ベッドに入ったのは2時頃でしょうか。
前日に母が不眠だったことは知るよしもありませんが、この日はかなりハイペースでした。
 
13日の朝は7時に「春日」で軽く済ませ、雨のため船内での開催となった新宮港入港歓迎式典をラウンジ「海」に見に行き、「瑞穂」のランチ後は再びブローバスにラベンダーの香りを入れ入浴しました。
ふと廊下に出ると、何故かローカル新聞が手摺りに掛けられており、無造作に居間の椅子に置くと、午後のティータイムに続きラウンジ「海」で催されるチャンスゲームに参加したりしました。
この11月に昇格した管啓二船長からX’mas Dinnerのテーブル招待を受け、バトラーが迎えに来るまえに部屋へ戻ったとき、新聞のTopに小さく載っている船の写真が気になり、改めて見ると今朝新宮港に入港したときのにっぽん丸を伝える記事に船長の挨拶がありました。

既ににっぽん丸は新宮港を離れ、少々うねりの伴う海を航海しております。
じつは母が睡眠不足を伴い疲れ気味で、Dinnerを途中退席したため新任の船長に心配を掛ける結果となりました。
(ご迷惑をお掛けしましたが、軽く睡眠を取った後は元気を取り戻しております。)
クリスマスライブで演奏されたArtistの方も後に酒に揺れが加わったと自身のライブブログで語っておりますので、船長が心配された冬の海に翻弄されたのかもしれません。
 
母は関東育ちですが、夜食メニューのひとつ、明石焼きは阪神淡路震災前に神戸で食べたのが強く印象に残っており、今宵は三つ葉の入った出汁とともにバトラーにセッティングしてもらいました。
 
※ 横浜帰港から1日おいて16日昼、NHK番組のふるさと一番でにっぽん丸が生中継され、ご覧になった方も多いのではないでしょうか。
渡辺 徹さんのセミフォーマル、素敵でしたね。

December.13.2010

Newにっぽん丸-熱海花火・新宮/ 1

Christmas seasonというのは11月26日の次に来る日曜日から始まるらしい。
イエス・キリストの降誕を待ち望む期間、つまり12月24日までをAdvent=到来といい、1月6日までをクリスマス・シーズンといいます。
クリスマスとはじつは教会の礼拝においてイエス・キリスト誕生に関係する聖書を読む日だとか、但し新約聖書には、イエスの誕生日を特定する記述は無く、この日が誕生日というのは誤りです。

我が国のクルーズ客船ではクリスマス・ディナーを提供するクルーズ、すなわち今年のにっぽん丸に当てはめると12月12日(日)12時出航の熱海花火・新宮クルーズからクリスマス・シーズンです。
このクルーズは昼に横浜を出発して夜空を彩る熱海市の海上花火を鑑賞、翌日は世界遺産に登録された熊野(新宮)に寄港、1日目で季節感を盛り込んだ和食を、2日目で洋食のクリスマス・ディナーを味わえる贅沢さも、「だけじゃない」をセールスポイントとする今年の特徴です。

poinsettia新生にっぽん丸のブランド・コンセプトは「海の上に浮かぶもう一つのにっぽん」、poinsettiaやChristmas roseなどの生花をさりげなく配し、「大人の贅沢な時間」を創出します。(photo)

601号室のChampagne Bucketによく冷えたJean-Antoineの栓を抜く前に、まずはスパ「terrake」にチェックしてハンドトリートメントを受けました。
じつはこれ、Newにっぽん丸にて人数、期間限定で体験できる無料のサービスのひとつなのです。

Boat drill(避難訓練)のあと、16時から7デッキ後方でシャッフルボードが始まりました。最初は3名しか集まらず、のち1名が加わりスタッフを混ぜた2チームで対戦しました。
相模湾のダイナミックな眺望と左舷側を染めて刻々と変化する夕焼け空が、気分を高揚させます。

熱海湾での沖止めポジションがstarboard sideに決まりました。
 
ドレスコードはカジュアル

August.24.2010

Newにっぽん丸 /横浜へ

一般的には下船前夜にパッキングして船側に預ける大きな荷物(スーツケース等)も今回は入港1時間前までに用意すれば良いため、昨晩はショーのあとも客室に戻らず深夜まで遊びました。
 
今日は15時30分入港を予定しており、午前中に複数の催しがありました。
ドルフィンホールではこのクルーズのテーマのひとつ幕末史の奇跡に関連し、講談師による坂本龍馬伝が演じられ、続いてビンゴゲームが行われました。

一方、リドグリルは毎日のメニューに工夫が凝らされ、まずは開演の時間に合わせ人気のショコリキサーをテイクアウト、ランチは烏賊バーガーにわかめスープ、ティータイムはホットケーキという具合に本日のメニューを制覇しました。(爆)
 
意外と穴場でしたのがホライズンラウンジのアフタヌーンティー(14時30分~)で、入港シーンを見ず客室に戻られ下船待機された方が多かったようです。
というのも下船方法はクルーズ会社によって異なり、先般も横浜に来た米国船社の客船で慣れない一部の日本人乗客が、ラウンジに集められ下船の準備が整うまで待たされたことに腹を立てたという話がありますが、にっぽん丸は下船の案内があるまで客室を使用できる、どちらかというとヨーロッパスタイルの優雅な客船です。
下船はサポートの必要な方から、次いで上層階よりスムーズに行われました。

August.23.2010

Newにっぽん丸 /高知

今朝、太平洋に面した高知新港に入港しました。
規模は違いますが、港周辺は現在開発中であり、天津に似てないでもありません。
 
今日も猛暑が続き、午前中のうちにオプショナルのタクシーで桂浜や坂本龍馬記念館、重要文化財に指定されている高知城追手門などの市内名所旧跡を巡りました。
 
今夜は寄港地の食材を集めた特選和会席、フェアウェルのカクテルパーティー(何故か食後です)、MOTTIさんのマジックショー、昨夜のディナーで同席させて頂いたギタリスト中村ヨシミツ氏とシャンソン歌手三原ミユキさんのメインショーなど盛りだくさんの催しが行われました。
 
にっぽん丸は日付の変わる頃紀伊半島付近にあり、船首のネプチューンバーで静かに揺られ、商船三井オリジナルのカクテルを楽しんでおります。

August.22.2010

Newにっぽん丸 /別府

別府までの航海では明日入港予定の高知より招かれた坂本龍馬記念館講師による特別講演があり、スライドを交えてお話を伺い、尚毎日が入港まで余裕あるため、船内新聞からカフェとバーのオープン時間を調べ、にっぽん丸グルメを堪能しております。
 
別府観光港は非常に便のよい港のひとつで、入港後待機のタクシーで別府八湯(はっとう)のひとつ、北浜の温泉を訪ね、ドライバーお奨めで別府湾を一望できる昭和初期創業の宿で、源泉かけ流しの小ぢんまりとしたひのきづくりの露天風呂(泉質は炭酸水素塩泉)に入浴しました。
 
今夜の出航は20時でセカンドテーブルのディナーに招待を受け、食前酒として寿司バーから取り寄せの刺身を肴にミッドシップバーで稀少な焼酎を楽しむなど少し贅沢な時間を過ごしております。

August.21.2010

Newにっぽん丸 /鹿児島

早朝に大隅半島を視界に捉えたにっぽん丸は、11時頃には開聞岳を左舷に、船首方向に噴煙昇る桜島を確認しました。
 
鹿児島寄港は錦江湾花火大会に日程を合わせたもので、今日の日のために企画した旅行会社では一年以上前より現地で交渉を重ね、一時は隣県で発生した口蹄疫問題により行事そのものの開催が危惧されもしました。
海上保安庁の指導により海上にて観覧するには17時までに離岸する必要があることから、キャプテンの粋な計らいにより予定より1時間早く入港した次第です。

そして本日のディナーはテーブルが指定されワンシーティングとなっております。
献立にはきびなご唐揚げ、黒豚ヒレ治部煮(じぶに)、桜島大根漬け、かるかんなど、鹿児島県産の食材が使われております。
 
このときまで意識してなかったのですが、新装にっぽん丸は各階に適度な広さのオープンデッキを備えており、花火観覧に都合の良い構造をしております。
後に白川キャプテンのお話では、潮の流れが強いところで、必死で船の向きを保っていたそうです。
最後はちょっと回転サービス?しましたが(爆)、周囲で観覧する小型船は終始波にもまれていたようです。
4デッキと7デッキではビールの販売もありました。
2000年に始まり今年が10回目となる九州最大級の花火大会(2尺玉6発、大玉50連発など、約1万6000発を打ち上げ)をベストポジションにて観覧した後は、桜島の灰も記念に次の寄港地別府に向け航海しております。(爆)

August.20.2010

Newにっぽん丸 /祝V888

神戸中突提より、再びにっぽん丸に乗船しております。
 
13時乗船ですがランチが用意されており、船内新聞を確認して指定のダイニングへ向かいます。

以前、ある掲示板に、ステートエリアの廊下があまりに平面的であり、昭和中期の公団住宅のようだと表現したことがありますが、行き止まりでそれ以上先へ進めない6階客室とは違った視点で、今回の海の上の住みかは童心の僕には居心地が良さそうです。
 
このクルーズは主催者がクルーズ専門の旅行会社であり、往路または復路の片道新幹線をセットしたレール&クルーズにより、神戸から幕末の偉人が活躍した鹿児島、湯けむりの街、別府、坂本龍馬ゆかりの地、土佐・高知を経て、横浜へ入港する4泊5日の行程になっております。
 
388名の船客(エンターテイメントを含む神戸出航時)と、12名のチャータースタッフを乗せたこの航海でにっぽん丸は1日に進む距離の更新を打ち立てようとしているわけではありませんが、今日はかなり速力を上げて太平洋上を航海しております。
 
今晩の船内新聞には、明日13時の鹿児島入港予定は30分早まるであろうと記されています。
 
この航海がにっぽん丸にとって特別なものになるであろうことはある時期に予測しておりましたが、それは今晩、カクテルパーティーの席で白川光晴キャプテンより発表があり、記念すべき第888次航をGETしたという報告がなされました。

Next »