October.29.2014

360°水平線

ss Canberra海外ではJoin cruise(クルーズに参加する)という表現をよく耳にしますが、我が国ではほとんど使われていません。
唯一みんなが参加して船を出そうと言っているのは、PBさんだけです。
このことは、日本のクルーズ文化に大きな影響を与えているとおもいます。
写真のCanberra(P&O Cruise)は1人でも相部屋で乗船することができ、4人で相部屋を使用した場合、World Cruiseが一人90万円台で可能だったと言いますから、世界中から乗船希望者が集まりました。
クルーズの感動は海や空、生命の触れあいとかイベントの参加などもすべてが本物であります。

我が国では、未だクルーズを輸送であるとする考え方が根強く、参加意識が希薄なのも無理はありません。
例えば、外国船舶による国内輸送を禁じたカボタージュ (Cabotage) 規制のクルーズへの適用や、旅行業法で言うところの事業者が旅行を造成または手配するための運送サービスにクルーズが該当することなどが挙げられます。
後者は一見分かりにくい制度ですが、運送機関のトラブルに対しては旅行会社の免責事項となります。

この参加意識の低さと知識不足が、様々なトラブルの元になった例もあります。
RCIのレジェンド オブ ザ シーズが2010年のGWに行った横浜発着クルーズでは、帰港当日に仕事へ向かう乗客がおり、入港後すぐに下船できないことにクレームがあったと言います。(入港後の行動には十分余裕を持ちましょう。)

鳶「船はエンジンが停まっても浮いていることができる」とは初代飛鳥でキャプテンを務め、4回の世界一周クルーズを指揮したH氏も述べており、「最も安全な交通機関である」と言われるのも頷けます。
世界で最も有名な客船と称され、2008年11月11日、Viva La vida(美しき生命)の音楽とともに英BBC放送によりSouthampton出航のFarewellが全世界に報じられたクイーン・エリザベス2は、39年の間に二度漂流していますし、サガルビーも晩年は度々トラブルに見舞われていました。
予期せぬ場面では情報の不足等からnervousになることもありますが、デマや非協力的な言動など、その場で対応しているクルーやスタッフの妨げとなる行動は慎むべきではないでしょうか。

ss Oceanicこれらの船は何日間も無補給で航海を続けるための設備を有し、輝かしい功績を残す一方、過酷な航海に挑んできたのです。
客船は寿命が50年以上に及ぶものも多く、欧州では歴史ある船が大切に扱われ、クルーズ参加者の多くはメリット、デメリットを熟知しており、ハード面の優劣より、貴重な時間を共有できることに価値を見出しています。
我が国はIMO(国際海事機関)に加盟していますので、SOLAS条約等に基づき、我が国に入港する外国船舶に対し、船舶の構造・設備等のハード面に関して監督(PSC)を実施しており、むやみに不安を煽るのは如何なものでしょう。

参加とは一員として加わり行動を共にすることを意味しますから、必ず相手がおり相互理解することが基本になります。
(クルーズ中ツアーグループなど特定のグループの中でのみ活動されている場合、グループに参加しているのであり、クルーズに参加しているとは言えません。)

我が国を取り巻くクルーズがグローバル化していく中で、参加意識を広く持つことは非常に重要に感じておりますが、多くの商業クルーズはステータスとのジレンマにあり、例えば最近よく見かけるのがクルーズ中の料理を撮影、アップしているブロガーと呼ばれる人達等で他人との相席を好まない傾向があるようです。

乗船中毎日wi-fiで情報発信されている方もいらっしゃいます。
一概には言えませんが、クルーズ中のネット依存は異外と若い人よりシニア層の方が多いようです。
ネット情報には落とし穴もあり、緊急時などは混乱を招き、貴重な電力を無駄に消費する恐れもあります。
今世紀に入るまで、船外との通信は無線室を介して行われていました。不要不急な通信は船長が判断するなら、制限も視野に置くべきでしょう。

ms Ocean Dreamクルーズにテーマを持つのは良いことですが、テーマにこだわる必要はないとおもいます。
1936年4月2日、鉄道省在外研究員の一員として日本郵船の欧州航路船、筥崎(はこざき)丸(10,413t)で神戸港を出港した島 秀雄さん(当時36歳)は、最初から新幹線をつくることを前提に乗船していたわけではありません。
けど彼は、この旅をしたことにより、帰国後自分が役に立てることが何か考えました。
新幹線の誕生はそれから28年後です。

※ PSCとはPort State Controlの略で、日本に寄港する外国船に対する立入検査のことを言います。

March.31.2013

春の嵐

ふじ丸が誕生した1989年を我が国のクルーズ元年とすると、今年(2013年)は第二のクルーズ元年(新・クルーズ元年)であるらしい。
 
最初のクルーズ元年が日本における本格的外航客船”ふじ丸”の誕生から始まったのに対し、第二のクルーズ元年は船のLCC(Low Cost Carrier)とも言われる外国船社の日本市場参入による開国であり、BS放送を始めとする世間の関心度も追い風となり、飛鳥Ⅱの出航が木曜の夜、21時であったにもかかわらず、くじらのせなか(大さん橋国際客船ターミナルの屋上の愛称)には大勢のお見送りの姿があった。
 
AsukaⅡ(飛鳥Ⅱ)Category D 7126僕は流行とは逆に最近は船に乗れる機会が減少気味であるが、30年にわたりクルーズの普及に努め、本ブログ執筆の数々のユニークな企画を創案し、業界大手の座を手に執行役員として活躍されたS氏が定年をお迎えになるにあたり、飛鳥Ⅱでパーティがあり、お誘いをいただいた。
噂では運航会社はクルーズ料金(一人当たり)の割引はしないが、通常より少ない人数(500名位)で貸切したようだ。つまり、全員にバルコニー付き以上の客室が与えられるという贅沢なものであった。
ところが僕は少々変わり者で、あえてバルコニーの無いPromenard Deckのステートルームにしていただいた。
 
3月29日朝9時頃に一番下のデッキの私たちも下船、連続乗船される方には鎌倉観光がオプションで用意されたが、母港横浜の観光・商業施設はそのほとんどが下船時オープンしておらず、一考を要する。
この日は自宅に帰らずブルク13で映画を観賞し、残り3日となったパンパシフィックベイホテル東急横浜(4月1日より名称変更)に泊まり、翌30日はOcean Dream(formerly Tropicale / 35,265t)の入港をベイビューのバルコニーにて確認して再び大さん橋に向かった。
NGO(Non-Govermental Organaizations / 非政府組織)ピースボートが使用する客船の見学会であるが、今回の申し込み(参加証配布)は主催者のお話では約1万人に達しており、これも平成のクルーズ元年を裏付ける証であろうか。
 
船内が過去に見たこともないほどの混雑であったことは言うまでもないが、わがままな見学者に嫌な顔せず頑張っているボランティアスタッフやクルーに賛辞を贈りたい。
見学中に何故かクイーンエリザベスやタイタニックなど場違いな話を持ち出す人が多く、タイタニックの時代は客船が殆ど唯一の国際的な交通手段であり、各国は国威発揚の場として客船のスピードを競い、より贅沢な、美しい客船を世に送り出したのである。
それは要務で渡航する各界のエリートや富裕層と言われる人達が利用するに相応しかったが、同時に大量の移民や一般渡航者との間には厳格な等級制が採用されていたことが悲劇を招いたわけだ。

ピースボートは社会的地位や学歴、資産の多さで人を差別することはなく、若者限定99万円~に対し129万円~で参加する人生の先輩は、意識しようがしまいが若者が旅に出る機会を与えるという形で応援し、自制を持って楽しむのが良く、一様に理解を求めることは難しいであろうが、成功しているモデルではなかろうかとおもう。(前使用船Oceanicは以前Big Red Boatの名で親しまれた名船であり、NYなどでは見物人も多かったと聞く。)
 

Ocean Dream(2012- )

 

Pair balcony Verandah Deck (10) / 1004
Pair balcony
-two single beds, small sitting area, walk-in closet space, bath with tub, private balcony-
bath with tub
Pair Seven Seas Aloha Deck (7) / 7095
Pair Seven Seas
Caribe Deck (5) / 5066
Pair Universal
Pair Universal

March.05.2013

ハロン湾はクルーズで

Ha Long Bay以前香港からクルーズで訪れたことありますが、この度空路ベトナムへ渡り、陸路からハロン湾を訪ねました。
日本からのフライトは首都ハノイまで、そこから車で東へ約170粁、途中休憩も含め約4時間かけてハロン湾観光の拠点、バイチャイの船着場に着きます。
どこまでも続く田園風景、所々舗装の剥げた道路は決して快適な道ではありません。
 
ハロン湾がユネスコの世界自然遺産に登録(1994年)された頃のクルーズではベトナムを訪れることの出来る船は主にプレミアムクラス以上であり、我が国でその魅力をいち早く伝えたのは”おせあにっくぐれいす”(5218t)ではないでしょうか。※1)
 
ここ数年では、欧米船社によるアジア配船もありカジュアルクラスが選択肢に加わり、バイチャイブリッジ(日本のODAて建設されたバイチャイ坊とホンガイ坊を結ぶ斜張橋)に代表される開発の波が、景観を大きく変えつつあります。

Ha Long Bay2012年東北部クアンニン省人民委員会はハロン湾で観光活動を行う全ての観光船の船体と帆の色を白と定める決定を公布し、かって褐色の帆を上げエキゾチックな雰囲気を醸し出したジャンク船も白く塗装され、帆は取り外されてしまいました。
一説にはペンキが売れないための政策だと言われておりますが、この決定は如何なものでしょうか?
 
※1)就航7周年を迎えた1995年5月16日(火)~6月4日(日)実施
東京・神戸・東シナ海・厦門・南シナ海・三亜・ハロン湾・ダナン・フエ・南シナ海・香港・南シナ海・基隆・東シナ海・太平洋・神戸。
19泊20日が800,000円でした。

September.22.2012

カジュアルウェアセミナー

近頃コラボレーション(collaboration)という言葉が頻繁に使われておりますが、共に働く、協力するの意味で、クルーズ旅行を専門に扱う旅行会社と飛鳥Ⅱ船内でお馴染のイタリアン カジュアルウェアのブランドがコラボし、初代飛鳥で5代目キャプテン(1995~2003年)を務めた幡野 保裕氏(現 飛鳥クラブ 会長)を交え、標記のセミナーを開催しました。
このセミナー、テキスト配布や懇親会などもあり、有料であったにも拘わらず、定員20名は満杯であり、関心の高さを伺わせました。
キャッチコピーには、「船内のドレスコードで一番頭を悩ますのが、カジュアル。(中略)どこまでならOKなのか。」とあり、17時以降はジーンズで客室外へ出るべからずと世界で唯一?クルーズガイドブックに載せている現 飛鳥Ⅱ※1)の保守的な一面を憂慮しましたが、セミナーの内容は「カラーコーディネートを知りカジュアルをもっと楽しもう」というもので、明るい色は元気がでるので是非チャレンジしてほしいという、前向きなものでした。
初代飛鳥でキャプテンを務めワールドクルーズを4回指揮、61ヶ国225港に入港した幡野氏は、海外のクルーズ客のカラフルな装いと比べ、日本人は明らかに色が足りないと感じたと切り出しました。
サンプルでは女性は紺をベースに、男性は赤をベースにメインカラーに明度差のはっきりした白系のパンツを組合せ、女性は赤をアクセントカラーに、男性は紺をベースボールキャップ(今季流行のアイテムを組み入れるあたり、さすがです。)などに取り入れ、揃いのボーダーのバッグでまとめています。色の性質を知り、色の割合を考え適切に取り込むことが素敵なカジュアルのポイントのようです。
スタッフや参加モデルには色鮮やかなシャツやジャケットにカラージーンズの方もおり、セミナー終了後に伺ったところ、白やベージュのジーンズはコットンパンツに分類されるのでコーディネートOKであるとのことです。(いわゆるブルージーンズはNo goodと考えられているようですが、最近はナチュラルな素材を活かしたLightweightのものや伸縮性を兼ね備えたジャケットに合わせられるようなものがトレンドであり、コットンパンツという分類そのものが曖昧であることは否めません。)
ASUKA AVEDA SALON & SPA前後しますが冒頭では、現在のクルーズにおけるフォーマルとは「船内の催しに合わせドレスアップしてお洒落を楽しんでいただく日」と解釈され、昔はワールドクルーズなどの長い航海において、お客さまと乗組員が親しくなり過ぎ、関係が崩れてしまうのを防ぐ意味合いもあったようです。(因みに自分の奥様は誰であるか再確認する日でもあるといわれ、適度に気を引き締めることが理に適っていました。笑)
セミナーは外航客船を取り巻く環境や日本船籍に課せられた様々な規制の問題にも触れ、幡野氏をはじめとする関係者の日本船をこよなく愛する故の幅広い知識と熱意を垣間見ました。

May.29.2012

ドレスコード考/ フォーマル

海外、とりわけ欧州のほうでは、特別なPartyやceremonyの場面では年齢、性別を問わずformal wearできっちりと決めますが、一般的なクルーズはこれに当たらず、ゆえに日本に寄港した外国籍のクルーズ船に日本人が乗船したとき、何の理由もないのに夕方以降の服装が一様にTuxedoであったりすると奇異に映るわけです。
かってQueen Elizabeth2のGril Classでの大西洋横断は毎晩が華やかでしたが、必ず航海ごとにテーマが設けられておりましたので、クルーズに参加することは特別な時を過ごす意味が込められていたと考えられます。
例えば、1998年の大西洋横断のテーマには、ロイヤル・オーク・ファンデーション(英国の遺産)、ミュージカル・シアター、大西洋航路船(船の歴史社会)、フードとワイン、英国演劇などがありました。
現在でもラクシュアリーなクラスの客船が催すクルーズにはテーマのあることが多く、ひとつのフォーマル率の目安になります。
さて、去る25日に外航客船にっぽん丸の下期クルーズの発売が始まりましたが、その中で来年の1月、初の試みとして船上オペラが上演されることになりました。
ドレスコードは文句なしのフォーマルです。
このクルーズは連休を利用した2泊3日の無寄港でA Style Cruiseとかぶりますが、鑑賞の前後にドレスアップであくせくすることのないよう帰港時刻(14時予定)にも配慮がうかがえます。
ドルフィンホール2階には鮮やかなボックス席風シートがあり、S席(Suite)をreserveしてバトラーのエスコートのもと、優雅なひとときを過ごすのもよいでしょう。

February.24.2011

ドレスコード考/ カジュアル

都内のある高級ホテルの17時半をまわったクラブ・ラウンジ、六本木という場所柄、シャンパンやワインとともにイブニング・オードブルを楽しむ客層の中心は30~40代とやや若い。
外国人も多いこのホテルでオフタイムの男性客の9割以上がジーンズを穿いていました。
ジーンズをファッションの一部として育った世代には、公共の場にジーンズを着用することに抵抗感はなく、むしろリラックスするためのファッション=カジュアルととらえると、国境を越え興味深いことでした。
このようなことを書くとジーンズは作業着であると反論する人がいますが、それはルーツでしかありません。
むしろコットンの肌触りの良さは他のTrousersになく、そのイメージする生地の重さはバブル世代や団塊世代では14oz以上の肉厚なコシのあるものであるのに対し、ゆとり世代では10~12oz前後の履き心地のソフトなものが見た目も美しく好まれています。
我が国のクルーズ客船の多くはキュナードのグリルクラスの如く厳しいドレスコードを採用し、そのような閉塞的な世界しか知らない乗客が海外に出ると、外国人の服装まであれこれ批判したりします。(爆)
じつは大西洋の定期船運航を続けるキュナードは航海日は原則フォーマル、対する日本のクルーズ客船は世界一周でもフォーマルナイトは数回です。
このことはドレスコードが時代と共に変わるものであることを意味します。
幅広い年齢層の支持を受け活気ある海外のクルーズ会社の多くは、カジュアルの日のドレスコードについて最低限のマナーをアドバイスしているに過ぎません。(最近、欧米船社がアジアに進出し、一部でマナーの違いが問題になっているようですが。)
最近のカジュアルなトップスやアウターは、ジーンズとのコーディネートを意識して作られたものも少なくありません。
非日常的なクルーズはそれなりに魅力ありますが、我が国のドレスコードは本来乗客に任せられるべき自由を制限し、頭の固い保守派層により守られてきた(守ることを目的としている)と言っても過言ではないでしょう。
もう少し彩りを添えてよいのではないでしょうか。

November.11.2010

会員制のWebサービスって?

今春のレジェンド・オブ・ザ・シーズによる外国船による日本発着クルーズの成功は、横浜発着の2コースで約3,150名を集客し、不況下においてもクルーズ旅行が売れるということを示しました。
国内ではリニューアルしたにっぽん丸のフライ&クルーズが好調で、2009年上期以降のスケジュールでは旅行会社がにっぽん丸を使ったオリジナル商品を造成しやすいよう片道プランを増やし、そのような商品を目にする機会も増えました。
一方、日本のクルーズ人口は現時点では欧米や近隣アジアの国々ほど伸びておらず、リピーターを増やして行くことが課題のようです。
 
国内外の多くのクルーズ会社が自社のWebサイトを持っていますが、クルーズに参加する人の多くは航空機のチケットや前後泊の手配などを必要とし、旅行会社を介しています。
 
手配旅行を専門に扱う一部の旅行会社や海外においてはメールにデータファイルを添付または貼り付けて刻々と変化するクルーズ情報を伝えるサービスを既に行っておりますが、今回発表されたのは旅行会社自体がWeb上で会員向けにレアな情報を発信していくというシステムです。
 
今や海外のクルーズ会社の多くが料金変動制を採用しリアルタイムに価格を提示しておりますが、商品として完成してから発表するという従来の旅行会社のやり方ではレアな情報を求める直手配する消費者や新規顧客の取り込みをはかるに十分ではありませんでした。
もっともクルーズのディスカウントだけを求めるのであれば、有料で会員になることは矛盾しているかもしれません。
 
Web上で提供されるサービスはほとんど無料という時代もありましたが、最近は通信事業者でさえコストに応じた適正なサービス対価を求めるのが一般的です。
Jacuzzi tub
ではどんなサービスが用意されているのでしょうか。
一例ですがクルーズニュースにより新造船の就航や新しいコースの設定などをいち早く知り、予約することができるでしょう。
既に体験された方の乗船記から、次のクルーズのヒントを得ることもありますね。
外国船が日本を訪れるときに、訪問のチャンスがあるかもしれません。
より充実したクルーズライフをお考えの方は、検討されては如何でしょうか。

March.08.2009

2隻のクイーン来航

rms Queen Mary2客船のスペックやグレードなどのいわゆるデータは雑誌やWebから収集できますが、ギャングウェイより一歩足を踏み入れたときのカーペットの感触、緊張感や心地よさは実体験によってのみ得られます。
停泊中に船内へ招待されることは寄港地における歓迎の御礼に行われることもありますが、セキュリティの問題があり、多くの場合は関係者に限られます。
3月5日と6日、世界で最も有名な英国、キュナード社の2隻のライナー、クイーン・ヴィクトリアとクイーン・メリー2がワールドクルーズの途上、長崎と横浜にそれぞれ初来日しました。
折りしも平成元年にクルーズ誌が創刊されてから20周年にあたり、これを記念して企画された両船の歓迎、見学会に参加しました。
 
史上最大のオーシャンライナーである”Queen Mary2″は、ベイブリッジが通過できず話題となりました。
一方の”Queen Victoria”は2007å¹´12月に就航したキュナードで最も新しい客船です。
イギリスで最も輝かしい時代を築き上げた女王と言われるヴィクトリア女王の名を冠したQVは、気品溢れる豪華な内装がキュナードファンを惹き付け注目される客船です。
僕は長崎でのQV撮影、船内見学と横浜に戻ってマリンシャトルによるQM2のお出迎え、そして横浜開港150周年イベントに姿を見せた”ナッチャンWorld”(津軽海峡フェリー)に乗船してのミニクルーズと駆け回りました。
 
2隻のクイーンの初来日はあいにくの空模様となってしまいましたが、乗客の目には日本はどう映ったのでしょうか?
 
ナッチャンWorldはこちら

February.25.2007

素晴らしき地球へGo!

ss The Topaz日本船が揃って海外に旅立ってしまう春先は逆に外国船が日本を訪れる時期でもあります。
今日は先陣を切って横浜港大桟橋に2隻のold linerが入航するというサプライズがありました。
山下公園側に停泊したのはピースボートがチャーターして56回目の地球一周に旅立つTopaz(トパーズ)31,500t( ←Olympic ←Carnivale ←Queen Anna Maria ←Canadian Pacific LineのEmpress of Britain)、赤レンガ倉庫側に停泊したのはフランス人を中心とする乗客を乗せたポルトガル船籍の客船Princess Danae(プリンセス ダナエ)16,531t( ←Baltica ←Danae ←Port Lineの定期貨物船Port Melbourne)です。共通点はどちらも船齢50年を超す歴史ある船ということです。もちろん現在の基準に合うよう手は加えられています。
今から40年程前、アメリカのクルーズブームは自由な旅の発想から始まりました。
ピースボートのクルーズは豪華さを謳った邦船各社のクルーズとは一線を画します。が、シンプルな新しい船旅というコンセプトは幅広い層に支持され、日本のクルーズに新しい風を吹き込んでいます。

December.12.2006

特別な日!

In-Room Dining母の誕生日に飛鳥Ⅱのこの部屋をプレゼントしました。
朝目覚めるとベランダ越しに広がる海。インルームダイニングでのくつろいだ食事、ゆったりと時を楽しむプライベートジャグジー。
スィートルームにはよりパーソナルなサービスが加わります。
例えば客室でのウェルカムシャンパン、フルーツやカナッペのサービス。(以上ロイヤルスィートの場合)
よく誤解される方がおりますが、すべての乗船旅客はレストランやパブリックスペースにおいては等しいサービスを受けることができます。
日本ではステータスなスィートルームも海外では意外とリーズナブルです。とくに3人目、4人目料金が適用されるクルーズではfamilyに人気があります。
広く清潔なリビングをbabyがcrawlする光景は微笑ましいですね。

Next »