September.12.2019

Spirit of Discovery/ 6

Rogaland(ローランド)県の県都であるStavanger(スタヴァンゲル)市は、人口約11万2千人の、ノルウェーで4番目に大きい都市である。

世界の自然の驚異のひとつであるPulput Rock(プルピットロック=プレーケストーレンとも呼ばれる)は、リーセフィヨルドの崖の一つで、水面からの高さは垂直で 604メートルになる印象的な一枚岩で、頂上はおよそ25m四方の正方形になっており、「演説台」を意味する名前の「Preikestolen」はこの形状から来ている。

天候は変わりやすく、往復7.6キロの歩行、高低差は334m。
本船の乗船資格は50歳以上、平均的にはそれより高齢の方が多く、正直こんなハードなexcursionを計画して実行できるのか?という不安をよそに、9日、ピクニックランチのリクエストフォームがキャビンに届き、驚きました。
サンドウィッチに使うパンの種類や具材、付け合わせに至るまで、ひとりひとりの好みに沿って用意してくれるって凄くないですか。

そして一昨日は、FiskepirenからTauまでRute1022の※Norled Ferry(所要約40分)に乗船、風光明媚な田園地帯をPreikestolhytta(プレイケストヒッタ)まで30分ほどバス移動してPreikestolen(プレーケストーレン)の駐車場に到着、そこからの探索はガイドも付かず自由であり、さらに驚きました。
なるほど、時間に縛られ、人にペースを合わせる必要がないのですね。かなり高齢の方も、景色の良いところまで行きランチを広げ、楽しんでおられました。

※2013年、ポーランドのRemontowa造船所にて建造された低抵抗船体採用のLNG船、RYFYLKEに乗船、ディーゼルを搭載しておらず、環境に優しいだけでなく、水澄しのように、静かで乗り心地の良いことにも驚きました。

スタヴァンゲルにはこの他、第二次大戦において、ドイツ軍がノルウェーに侵攻した歴史を辿り、航空機歴史博物館を訪ね、現存するBf109(メッサーシュミット)を見学するツアーなどもあります。

①Gamle Stavanger
18世紀と19世紀の初めに建てられた(または復元された)木造の建物で構成されており、ノルウェーの町並み保存、修復活動の礎であり、複数の賞を受賞している。
②Norledにより運航されるMF/RYFYLKE(長さ123.11m、最大幅18.14m、3,999t)は、Ryfast(建設中の海底トンネルシステム)の完成により、Borealが取得し、バッテリー運転に変換される見込みです。
③
④頂上において霧が発生してしまった。
⑤このチョイスはFormal dayでもなければ、予約も必要ありません。
 Appetizer
Caviar and lemon sour cream
キャビア、レモンサワークリーム添え
⑥僕は残念ながら写真で香りや味を伝えることは出来ません。
 Main dish
Lobster thermidor
ロブスターのグリル、ディジョンマスタードソースとコニャックで香りづけしたグリル
⑦旧Dover Marine station.
その昔オリエント急行などのロンドン-パリ間の寝台列車(The Night Ferry)は、Compagnie Internationale des Wagons-Lits(CIWL)の運営する連絡船で海峡を横断していました。
⑧Spirit of DiscoveryとSAGAの送迎サービス
  • Local time September 11 (Wed) 17:56

September.09.2019

Spirit of Discovery/ 5

クルーズにおける現在のグローバル化は、実態は資本主義大国アメリカの進出である。
例えばキュナードやP&Oは英国ブランドを残してはいるが、あのようなメガシップでのクルーズを、古き英国人は好んでいない。
EU離脱の意思表示は、そのようなグローバル化の名のもと、自分たちの伝統文化が奪われようとしていることへの抵抗であろう。

SAGA Cruiseは1996年に創設され、翌1997年、元キュナードラインのSagafjordをSaga Roseと改名してオペレーションをスタートさせた。
2004年には元VistafjordのSaga Rubyをフリートに加え、クラシカルなスタイルの英国ブランドとしての地位を確立した。
2011年には引退したSaga Roseに代わり、Hapag-Lloydの名船Europe(3代目)を、Saga Sapphireとして就航させた。
同船の建造は、GermanyのBremer Vulkanであり、Spirit of Discoveryのドイツ建造に繋がったのではなかろうか。
ただBremer Vulkanは1996年に財政難から破産しており、最後の竣工は1997年にTEUに納めたコンテナ船であった。

かつて客船はその国の文化を示すものであった。SAGAのfleetの船籍は、語るまでもなくLondonである。

  • Local time September 9 (Mon) 14:00

September.08.2019

Spirit of Discovery/ 4

ベルゲンに入港して午前中、石造りの外観が立派な鉄道駅や、中世ノルウェー建築の代表として世界遺産に登録されたブリッゲン地区などを自由にまわり、近郊のGarnes(ガーネス)からMidttun(ミッドタン)まで、Norsk Jernbaneklubb(ノルウェー鉄道協会)によって運営される保存鉄道に乗車した。

牽引する蒸気機関車Type18c、№255は1913年にHamar Iron Foundry(ハーマー製鉄所)で製造され、1981年から1993年にかけて、ボランティアにより修復された。
teak carriagesと呼ばれるチーク材を用いた4両の客車は、1921年~1938年の、鉄道黄金期の間に製造されたものである。

この線は1883年に1067mm軌間で開通し、1904年に標準軌(1435mm)に改軌され、Bergen (ベルゲン)からVoss(ヴォス)までの鉄道の一部を形成していたが、Ulrikenトンネルの開通により1964年に閉鎖された。

Garnes駅の住所はTunesveien 8、NSB(ノルウェー国鉄)新線のArna駅から92、95、200、201のバスを利用し、Garnes VGS Garnesstølenのバス停で下車するとあるが、時間が許せば蒸気船D/S Stord I でのfjord周遊がセットされたBergen Heritage TourというSunday tourに参加してしまう手もある。本年のSteam Railwayの運行予定は6月16日から、9月8日までの日曜日のみで、今日はSAGAの乗客のための特別運行のようである。

①Skoltegrunnskaien Cruise Ship Terminal
②Bryggen(ハンザ同盟のウォーターフロント)
Skoltegrunnskaienからは700m
③人々が動物を犠牲にして自然を略奪していることを風刺したStreet Art作品”Rain”
panda receiving a text message from a girl. It could say “Sorry, but the world isn’t big enough for the both of us.”
※スマホを持つ少女とパンダに注目。
④Bergen stasjonは1913年開業、建築家Jens Zetlitz Monrad Kiellandによって設計された。
LRT(Light Rail)は2010年に開業、基本の5分割された車体(105.58ft)に2つのモジュールを組み込んだ7車体の編成長は42m(138ft)ある。
⑤the Old Voss Steam Railway
Garnes stasjon
⑥passenger cars
外装はすべてチーク材
⑦
⑧
  • Local time September 7 (Sat) 21:00

September.05.2019

Spirit of Discovery/ 3

昨晩はホテルでH氏と合流し、ギネスをご馳走になった。
現地に来て、見えてくることがある。

SAGA Cruiseは正統派の上質な英国式クルーズに特化(フォーマルデーのタキシード率が非常に高い)し、乗船資格を得られる年齢を原則50歳以上(有資格者の付き添いなど、多少の例外はあります)としているが、今、次の世代への継承という課題を抱えているのだという。
確かにドーバーのターミナルに設けられたラウンジにて乗船を待つGuestは皆活き活きして見えるが、現役富裕層というよりは、年齢層が高いことが伺える。

やがて船内に迎えられると、外からは気づかなかった、とても丁寧な造りに目を奪われた。
例えば、クローゼットには、隙間防止加工が施されており、引き出しも滑らかでガタつきなどはない。
ステアは、膝への負担が配慮され、今までのクルーズ船より段が低く、傾斜が緩やかだ。手摺には、木が嵌められている。

この船のGuestは騒々しい船内を好まないので、カジノは設けず、パブリックスペースでは一見無駄と思えるような隠れ家的なスペースを、あちこちで発見することができる。
マイヤー・ヴェルフト(Meyer Werft[ドイツの造船所])を選んだ理由が、クオリティの高さであるというのもうなずける。

Art the collection
The right side is the port of Britannia Lounge (Lido Deck), and the left side is the starboard side.
The view is reversed because we looked from the bow toward the stern.
Saga World (Promenade Deck)
  • Local time September 5 (Thu) 15:00

Spirit of Discovery/ 2

今回の旅、先月まで地球一周中であったので、友人であるMercury travel代表のH氏に航空券と前泊ホテルの手配をお願いした。

大手旅行会社に依頼すると、ほぼこちらの希望する価格帯で手配してもらうことは困難であるが、船友であり、しかも自らもあちこち飛び歩いている方なので、僕に代わりExpediaで予約してくれた。

British Airwaysとヒースロー空港に近いSheraton Hotelの組み合わせ、素晴らしい選択である。

British Airwaysは、ヒースロー空港にT5という専用ターミナルを持つので利便性が良く、またエコノミークラスでも、ワインを3種類のぶどう品種から選ぶことができる。

一方のSheraton Heathrow Hotelは、空港内のHilton Hotelが満室であったための代替え候補であったが、Heathrow free travel zone内であるため、運転手に行き先を告げれば公共交通のバスが無料で利用できる。SAGA クルーズは英国内の自宅(150km圏内)に専用車で迎えに行くというサービスを実施しており、ホテルに迎えに来てもらうことで、スマートにドーバー港へ移動できるのである。

TraditionalなLondonのアパートメントを連想させる、中庭の付いた低層のホテル棟
  • Local time September 4 (Wed) 22:00

July.29.2019

Peace Boat’s 101st Gloval Voyage/ Day101

あなたはもう一度地球一周をしますか?という問いかけに対して、今はイエスともノーとも言えない。

僕がピースボートに乗船した理由は、単純にクルーズを通して、学ぶとともに、若者で、共に遊びを極めながら世界をまわりたかっただけである。

目標や何を得たいかを明確にしなければ、それはただの時間の浪費であると語った、このクルーズに共に乗船した22歳の友人の言葉が響く。

ここでしかできない旅がある。

人生の先輩として何か語ろうとか、そんな大それた考えはない。
水先案内人にその道の専門家ならいくらでもいる。

ピースボートを選ぶ理由にコストパフォーマンスを上げる人は多いが、僕は相部屋を選択していない。

そんな僕が、サッカーをきっかけに4人部屋に出入りするようになり、部屋面に加えてもらったときは、ちょっと嬉しかった。

  • Local time July 29 (Mon) 21:00

July.26.2019

Peace Boat’s 101st Gloval Voyage/ Day98

7月24日(水)の朝、最後の寄港地、パプアニューギニアのラバウル港に入港して、10ドルを船内にて現地通貨のキナに交換後、午後の同じ交流ツアーに参加する友と、共にRabaul Marketなどを散策した。

そのとき採れたての落花生を0.5キナづつ出して購入し、今晩日付けが変わってから、部屋のポットをフリースペースに持ち出し、二人で塩茹でにして食べた。

およそ3か月間の間に、付き合い方の変わった友もいる。

問題を起こし、強制下船させられた者がいなかったとも言えない。

グループの中でだけ輝ける者、陰口で人を傷つける者もいた。

息苦しさを感じ、去る者もいた。

企画の発想に独自性が感じられず、トップダウン式に進められた結果、企画に関わる者と関わらない者がはっきり分かれ、溝を埋められなかったのではないだろうか。

一人歩きを推奨されない寄港地で頼りになる、優しい友もいた。一時離脱は、力になってくれる友が誰であるか教えてくれた。

いつからか、船内チームや企画などのコミュニティへの参加よりも、スポーツデッキに出て自由にボールを追いかけていくことの方が好きになっていた。

※ これは僕個人の感想であり、PBや個人を批判するものではありません。


Gaulim villsge

高床式は、風通しを良くして湿気を防ぎ、蒸し暑さを緩和したり、害獣や害虫の屋内への侵入を防ぐ効果がある。

彼らはEast New BritainのGazelle(ガゼル)半島にあるBaining Mountain(バイニング山脈)に住む先住民族である。
Mask(Kavat)

様々な動植物の精霊を表すこれらのマスクには、多くの種類がある。

The Baining Fire Dance

symbol of ethnic identity.

荒れ狂う火の中を裸足で駆け巡り、炎を蹴って夜空に大量の火花を浴びせます。

「No more Baining fire dance performances」

我々はfire danceを期待はするが、観賞だけに訪れたわけではなく、Baining peopleとPeace Boatの長年に亘る交流の証と信じたいが、先頃、上記タイトルのコラムがPNGのPost Courier(ポスト・クーリエ)紙に掲載されており目を引いた。
National Mask Festivalであったり、政治やビジネスにおいて、本来の姿と違う形や価値観で利用されることへの懸念であろう。

何を言っているかというと、観光の流入と世界の資本経済からの影響により、外国人が彼らの元々の習慣や伝統や価値や秘密の富を侵略し搾取しており、伝統的な完全性とアイデンティティが徐々に失われていることに失望するとともに、危惧しているというものである。

National Mask Festivalでは、外国人観光客がおもしろがって火の中に石を投げ入れたため、ダンサーが火傷を負ったという話もあり、悲しくなる。

  • Local time July 26 (Fri) 01:00

July.21.2019

Peace Boat’s 101st Gloval Voyage/ Day93

ケアンズの2日目は、サトウキビ畑広がるクィーンズランドの大地で、高度15,000ft(約4,000m)からのタンデムスカイダイビングに挑戦した。
日本では規制が多く、これをやりたくて離脱する者もいる。

スカイダイビングというスポーツがこんなに爽快なものであるとは、体験して知った。相対風を利用した身体コントロールやパラシュートの操縦などインストラクターが丁寧に教えてくれ、墜ちるという感覚がなかったことが、不思議である。
順番がラストフライトであったこともありビデオや写真はその場での編集が間に合わず、データは夕方市内のオフィスを訪ねてUSBのリングにて受け取った。そのまますぐには見れないのでiPhonにもAirDropしていただいた。

最終日は帰船の対面審査時刻が早まったため、チェックアウトしたホテルに荷物を預け、グリーン島現地ツアーに参加した。(グリーン島へ行くにはツアーチケットの購入が必要で、フェリーが満席に達すると、当日直に港へ行っても駄目なので注意が必要です。)

グラスボトムボートは料金に含まれており、遊泳は海水温が想定より低かったため諦め、別途カヤックを借りた。
短い時間ではあったが、グレートバリアリーフの美しいラグーンとそこに生息する生き物の幾らかを目にすることができた。

何よりも、3泊4日間船を離れ、自分たちで旅することが楽しかった。

  • Local time July 21 (Sun) 23:00

July.20.2019

Peace Boat’s 101st Gloval Voyage/ Day92

ブリスベンでの離脱は70名に達し、エアーズロックやシドニー、メルボルンなどへ向かった者もいたが、大半はLCCでケアンズへ先入りした。

先ずPortside Wharf Cruise Ship Terminalより、689mのところにあるBretts Wharf Ferry TerminalでCity Catに乗船し、Story BridgeをくぐりNorth Quayで下船、フライトまでの間に歴史的建造物のひとつ、Treasury Casino(トレジャリー カジノ)、City Hall、Albert Street Wesleyan Church(1889)などを徒歩でまわり、アウトドアショップKathmanduで僕はこのクルーズ中に手に入れたかったKeenのサンダルを購入した。

離脱中船内では、よさこいなどの最終発表会が行われているであろう。

我々は実際に川の水が流れ込むことのない巨大な干潟であり、多様な魚が生息する保護区のwaterwayに面したケアンズのホテルで朝を迎え、世界最古と言われる熱帯雨林が世界遺産に登録されている、標高約330mのKuranda(キュランダ)を目指した。

往路はSkyrailで上空から俯瞰したり途中駅の周囲でハイクし、Kurandaに降り立ちRain forest Marketを散策、Jumrum Creek〜Jungle walkにかけての熱帯雨林に囲まれたWalking trackを歩き、1890年に建てられたKuranda HotelにてKangaroo Pot Pieを食べた。

オーストラリアは時給の最低賃金が世界で一番高い国(2019年現在)といわれ、しかも今は最も高いPublic Holidayにあたるということで、15%のSurchargeが加算された。

復路は熱帯雨林の山の斜面に、19世紀後半にクィーンズランドの開拓者たちによって敷設された、Scenic Railwayに乗車、グリーン島のランチブッフェを取りやめた※後述)費用でGold Classを体験、専任クルーによるSparkling wineやcanapé(カナッペ)などのサーブと車窓説明があり、Stoney Creek渓谷など絶景を目に焼き付け、高原を下った。

  • Local time July 20 (Sat) 23:00

July.17.2019

Peace Boat’s 101st Gloval Voyage/ Day89

クルーズ船の乗客が承認されたオーバーランドツアーなどのグループ行動以外で、途中でいなくなる(一時離脱する)ということは、かなりイレギュラーであるらしい。
離脱するときは船内有料サービスなどの精算を行い、キャビンはそのままの形でチェックアウトを済ませ、現地の対面入国審査を受ける。

審査後は、本船に戻ることは出来ない。
再乗船には、新たなクルーズチケット(乗船券)が発行される。

これだけのことであるが、現地出入国手続きの手配(ほとんどの寄港地は24時間以内の滞在についてはトランジット扱いである)やターミナルでのサポートなど、手間がかかるため、何処もやりたがらないのである。

  • Local time July 17 (Wed) 21:00

Next »