June.19.2016

地球一周の夢に向けて-14

大航海時代がもたらしたもの、それは世界がひとつの地図に描かれるようになったことでありました!

1海里(nautical mile)が1.852kmであることは大抵の人が知っていますが、では何故1.852kmであるか考えたことはありますでしょうか?

地球を一周すると約4万km、いや、地球の子午線全周長を4千万分の1にした長さがメートルであり、一周は360度だから緯度の1度を60分とする(60進法)と、40,000÷(360×60)=1.852kmであり、つまり緯度の1分≒1海里なわけです。
1ノットは1時間に1海里(=緯度1分)進む速さの単位です。

船が計画したとおりに進んでいるかどうかを知るには、先ず自分の居る場所を正確に知らなければなりません。
そこで緯度と経度の計測が必要になります。

緯度は北極星や太陽の高度を測定して求められましたが、経度は自然界に基準となるものがありませんので、人為的に定めたものが子午線(しごせん)と呼ばれるものです。
地球はほぼ24時間で1回転しており、経度は360度÷24=15度ごとに1時間の時差を生じるので、本初子午線(グリニッジ)を基準に180度の地点(つまりハワイ付近)に、日付変更線を設けたわけです。

太陽がその日最も高くなる時分秒の正確な世界時を測ることができればその地の経度を知ることができ、航海に要する正確な時計をクロノメーターと言います。

ついでに、Bridgeとは文字通り船上に掛ける橋、Nav’bridgeのことで、外輪蒸気船の時代には両舷外輪カバー上に見張台(航海当直指揮所)があり、右舷から左舷(左舷から右舷)に移動の際はいちいち甲板に降りなければならず、「面倒だから左右見張台を繋ぐ長い橋を掛けてしまえ」となったのが原型です。(笑)
暫くの間は航海船橋(Bridge)と船尾操舵所(Hood)とは別々に存在していましたが、一般商船の主流が汽船(スクリュープロペラ船)になり航海船橋兼操舵室になるとNav’Bridge & Wheel-House、いわゆる操舵室という名称が使われます。
近年は機関制御室も同居し、Bridge-Control-CenterをBridge=操舵室という場合もあります。

Logは木片、Knotはロープの結び目のことで、昔は予めわかっている距離に丸太を流したり、木片を付けた一定間隔で結び目のあるロープを水中に落とし、砂時計が落ちる間に何個出るかを記録するなどして速力を測っていました。それがLog Bookであり航海日誌の語源です。

さて、今回のクルーズではスエズ運河の通行が予定されており、POSH(Port-side-Out-word, Starboard-side-Home-wordの略)という伝えがありますが、これはスエズ運河にて客船を運航していた船社が上等客に対して実施したあるサービスが単語になったものです。
因みに今回僕はキャビン選び(位置リクエスト)をしておりません。船が好きであればどこに乗っても楽しいであろうし、絶対この場所でなきゃ駄目とかおもってしまうと、ストレスを溜め込んでしまうからです。

今回のレポートは、時差と航海速力に関する素朴な疑問がきっかけで、知り合いの商船船長よりいただいた資料をもとに、まとめました。
尚、英語のCaptainとは、各国とも海軍大佐または陸軍・空軍・海兵隊大尉のことを指すそうで、商船士官に海軍予備制度のない本邦商船船長はMasterが正しい呼称ですが、一般的敬称としてCaptainが使われているようです。

May.28.2016

地球一周の夢に向けて-13

昨日発売の雑誌「Cruise」7月号に、「ショートクルーズで体感 ピースボートで知る旅、出会う旅」という記事が掲載されている。
詳しい方の話によると、Peace Boatの記事が掲載されるのはじつに12年ぶりのことであるらしい。
どのようなレポートか少々期待をしたが、およそ想定の範囲内というか、Peace Boatの趣旨などには触れていない。
少々意地悪な見方をすれば、レポーターは「乗船する前は政治的なものが多いとおもった」と語っているが、何故先入観を持ったのかについては語られていない。
もっともこれは筆者だけに限らず、複数の方のお話としてPeace Boatはこの間、広告や出稿を望んでいなかったと言われており、12年間の空白は様々な誤解や噂を呼んだのである。

僕も何度か見学会に参加して、昨年ショートクルーズに乗船したが、個人的には期待を超える充実したクルーズであった。
船内には「波へい」という居酒屋があり、乗船前は正直、違和感があった。
ところがこの「波へい」は、海外のどの船の有料レストランよりも低価格で、パブのように人々が集まり活気に満ちた、開放的な空間である。

(参考)※メニューはその時々で変わります。
 

  • Food
 

えだまめ

290円

冷奴

290円

Chanja(韓国料理)

290円

縞ほっけ

590円

牡蠣フライ

680円

牡蠣鍋

880円

帆立バター焼(一枚)

380円

鮭茶漬け

320円

  • Drink
 

Vodka Granberry

490円

Canpari Soda

460円

Baileys Milk

440円

かち割り Rum

360円

熱燗(小)

400円

熱燗(大)

780円

Coka-Cola Light

180円

+Seavice charge(15%)  

May.20.2016

地球一周の夢に向けて-12

四角大輔さん、目が輝いており、かっこいいというか、若々しいんですね。
彼は信じられないことに現在46歳で、約15年間続けたプロデューサーという仕事を辞め、学生時代からの夢であったニュージーランド移住を成功させ、自由人となり自らのライフスタイルを仕事に活かされているそうです。

自由に生きるということの捉え方は人さまざまですが、彼は人生を怠けたわけではなく、むしろその逆で自分に厳しく、しっかりと計画を立て、自分を見つめることができ、粘り強さが実行力に結び付いているわけです。

彼のような生き方は、現実的にはすべての人が成功するわけではないとおもいますが、僕は在職期間、しっかり生活の無駄を省き、取得した休暇は計画的に旅することに投資して来ましたから、伝えようとすることは何となくわかる気がします。

勤めていた会社には加算休暇という制度があり、法定休暇と合わせ年間で38日くらい、特殊な勤務形態で非番、休日など時間が有効に使え、比較的最近まではモバイル機器を所有せず、通信環境の整っていないところに入り込んでしまえばかなり自由な旅でしたから、自分をリセット出来たわけです。

環境に恵まれチャンスを活かし、口には出さずとも感謝はしていましたが、余計なものを捨てるという選択も必要でした。(笑)
本日のテーマである、「こんな恵まれた国に生まれたぼくらが、旅に出ない理由はない。」と通じるところがあるんです。

僕がこのように選択をしたのは、やはりまわりの予定に自分を合わせている人が圧倒的に多く、周囲には人生半ば以前に病気になったり、命まで落とす人がたくさんいたからです。
ただ殆どの場合、これは殿様が悪いということではなく、家老以下にも問題がある、それが一般的な社会の構図でもあるのです。

僕の20代はPeace Boatはまだ日が浅く、地球一周までいってなかったし、2ヶ月に1回くらいのペースで長いときは2週間くらい、常識という枠から離脱し、自分流に旅をプロデュースしていました。
例えば、北海道への旅では1年間を6分割し、季節の移り変わりを自然の中に身を置き、今は廃止となってしまいましたが網走から湧別まで湧網線というのがあり、雪が続いて困っているときには、旅先で除雪作業のアルバイトも体験しました。

クルーズは23年ほど前から、こちらも計画的に同じ船のリピーターとして落ち着くのでなく、あらゆるジャンルのクルーズを体験することを目的に始め、彼の「旅に目的を」という言葉に共感できたから、本(自由であり続けるために)を手にしました。
あとで苦笑いしたのですが、彼に従えば、僕はこの本を衝動買いしてはいけなかったんですね。

「20代で捨てるべき50のこと」というサブタイトルは、おおまかには何を捨て、何を残すべきかを20代で選択せよということです。
僕は、自分の価値を時間と金で例えることは好きではないのですが、今、こうしている間も自分は命を削っているんだという認識を彼は常に持っており、この本にはたくさんの素晴らしいと感じたメッセージが詰まっております。

旅もそうですが、タイトルとかこだわらなくていいんです。20代の人は、いろいろ溢れる情報を詰め込み過ぎ物欲にかられ息苦しさを感じる時機であり、それゆえ新鮮な感想が多いようです。

実際にお会いして人当たりがいい方です。会員制コミュニティとかもやられているようで、自分の価値を自己評価し、しっかり稼いでいる面もありますが、今日は楽しくTabippo.net代表、清水さんとのtalkを聞かせていただき、signもいただきました。今度のクルーズにご一緒できたら、めちゃ嬉しいです。

May.09.2016

地球一周の夢に向けて-11

英国のP&Oが1994-1996年の間、インドネシアにGroup Companyを設立してクルーズを展開したことがある。
使用された船の名はBari Sea Dancer(バリ シー ダンサー)、船齢30年を超えた、僅か3,852tの船であるが、寝泊まりしたりレクチャーすることを主体としたクルーズ船としては十分な設備を備え、バリから今では世界遺産となっているコモド島へ航海、コモドドラコンを観察ののち、ピンクビーチでシュノーケリングできるアドベンチャーな船旅であった。

この船で、スポーツインストラクターを努めるインドネシア生まれの青年と仲良くなった。
乗客は欧米人ばかりという船で、アジア系は僕たちだけであり、彼と同室する女性インストラクターはイギリス系で何かと彼に命令口調で威張っていたらしく、話し相手として食事や、ときにはお酒の席に彼のほうから同席した。
彼のことを「ビーチボーイ上がりだろう」と冷ややかに見る大人もいたが、バーをはじめとする船内各所では彼と同郷の若者が働き、友達として扱ってくれた。
彼のキャビンを、相方の女性インストラクターの目を盗み見せてもらった。
下の層ながらも窓の付いた、一般レベルの船員より上等な部屋であった。
いつか再会したいとおもいインドネシアルピアを残しておいたが、1996年6月、Bari Sea DancerはSpice Island cruisesと共にP&Oの手を離れていった。

Peace Boatは第20回のクルーズ(1996.12.18~1997.03.20)で、Awani Modern Group(Djakarta, Indonesia.)がOwner(当時)のAwani Dream(元MS Renaissance、11,724t)をチャーターしており、ほぼ同じ頃に共通するのは、アジア通貨危機以前のスハルト政権の長期安定と、インドネシアの第二次投資ブームが、こうしてクルーズに反映されたことだろう。

※第一次投資ブームは1970年代、スハルト大統領の対外開放政策に起因する。

May.08.2016

地球一周の夢に向けて-10

クルーズエリアとしてのエーゲ海に憧れを抱く人は多いだろう。
だが今から二十数年前は、クルーズそのものに参加する日本人も少なかったが、エーゲ海クルーズは憧れる人の数ほどは売れなかった。
ピレウスを起終点に、ギリシャ船籍の古い船しか就航していなかったことも一因であろう。
あるとき旅行会社にクルーズのパッケージを申し込んだが、人が集まらず催行中止の知らせがあった。
そのとき、自分達だけで行くことを勧められた。
まだ若かったし、個人手配で旅行する第一歩になった。
運航会社は今はなきEpirotiki Line(エピロティキライン)で、Peace Boat初の地球一周(1990.11.01~1991.01.29)もこの会社のOceanosという船だった。
僕が選んだのは当時提携関係にあったNCLより購入したTritonという、14,155tの船である。
この会社は事故が多く、船を沈めて保険金を得ているという噂が囁かれており、’91炎上したPegasus(ペガサス)の替わりに仕入れた同社で最も近代的?な船でありすぐに沈むことはないだろうと、親には秘密にしていたが、クルーズは大変楽しかった。
料理もエンターテイメントもギリシャ人船員によるギリシャの船である。
今世紀初頭、世界のクルーズ船社の多くはアメリカの巨大資本の傘下で活動、個性は薄れつつある。

May.07.2016

地球一周の夢に向けて-9

中学生のとき、通学途上にあった図書館で「SOSタイタニック」という本を借りて読んだ。
当時、横浜港に来航していた客船は概ね1~2万tクラス、4万6千tの客船は想像を越える大きな船として心に刻まれた。
やがてチャンスが訪れ、’93年、Regal Princess(初代)でアラスカをクルーズする。
この頃は7万tクラスの客船が世界に数隻しか存在せず、そのうちの1隻であった。
しかし、スタイリッシュな当時最大級のメガシップは意外にもクルーズとしての印象は薄かった。
その年の暮れ、今度は少し節約して、Golden Princess(初代)という、元Royal Viking Skyをリメイクした、2万8千tの中古船に乗り、メキシカンリビエラクルーズに出た。
この船はオーナーや運航会社が幾度か替わり、一時的な用船であったためかメンテナンスはあまりよくなかったが、北欧の白鳥と称された名船だけあり、レイアウトが良く、素晴らしい走りっぷりであった。
この時、自分が求めているクルーズとは、単に浮かぶホテルではないことを知った。
以後、数えきれない程の客船と縁を持ったが、大きな客船の場合はスリムな船形、低いデッキのキャビンを好みとしている。
今も昔も巨大化は、定員を増やすことにより1人当たりのコストを下げることを主な目的としている。
だから、どんなに大きな客船でも、標準キャビンの大きさは中型客船と同等か、それ以下なのだ。
ピースボート、ちょうど良いサイズである。

April.12.2016

地球一周の夢に向けて-8

第91回出航風景

荷物
ポーターがカートへの積み込みをサポートしてくれる。
自分の手で船の手前まで運べば、あとはクルーが手伝ってくれるだろう。

集合
10時までに集合。(11時になると乗船が締め切られます。)
9時になるとスタッフが乗船手続きについて案内、しかしここに整列しているのはほぼシニア層。

やはり若者はスタッフとしての乗船が多いのか?
7~8分で用意が整い乗船券を手にした乗客達が入場を開始、あっという間にCIQの中に吸い込まれていく。

20分くらい経過して、税関職員、ピースボートスタッフがまだターミナルに残る船客の誘導にあたる。
外国人の乗船者を発見!、この頃(9時30分くらい)になると、乗客として乗船する若者も待ち合いスペースの端に集まってくるようになった。

彼らはおしゃべりに夢中で、なかなか乗船する気配がない。(数年前には見かけた、地べた座りは今回見られなかった。)

ある意味、旅行会社の介入がないからか、統制が取れており、旅行会社対運航会社という煩雑な二重チェックや不要な待機がなくスムーズに進行している。
ただ今後は、この光景も変わるかも知れない。

ターミナル内の一角、「ゆたか倶楽部」が扱うキュナードライン、日本語パンフレットのキャッチコピーが世界一周ではなく、地球一周になっている。(笑)

10時10分頃、揃いのパーカーを着た横浜ピーセンのボランティアメンバー達も乗船。
彼らの一生に一度の笑顔は素晴らしい。

映画「Titanic」の功罪
日本でもヒットした映画、本当は悲劇であるはずの事が、今なお人々を魅了して止まないのは、生存者の大半が富裕層であり、彼らはこぞってその夢のような生活を語り、航海の記録として残したからであろう。
11時50分、ボートドリル開始。

April.09.2016

地球一周の夢に向けて-7

4月9日、快晴。大さん橋に停泊する出航を3日後に控えたOcean Dream船内にて、第92回クルーズに関する一連の手続きを行った。
母を連れての訪船は、たぶん最後になるであろう。

バリアフリーのツインキャビンは、シングルキャビンに変わった。もう若者ではないし、シニアと過ごすにも少し早い、中途半端である。

単独地球一周を決意したのは、単に母が再生不良性貧血という病気だからというわけではない。
地球一周を決めてから、まわりがどれだけ自分に時間を費やしてくれているかは、自身の体験の中で知るところであり、メンバーとは、夢を共有することである。

介護に携わらぬ人から見れば、当然の如くクルーズは先延ばしすべきであるという意見もあろう。

しかし、先延ばしにしたからと言って、何が解決されるのか?
それは現在の社会における政治の状況と大差ないことではないか。

家族、兄弟における介護責任を問題視する人もいるだろう。

この話は簡略に留めるが、僕には兄弟がおり、その兄弟は母から借金してアパートに暮らし、病名を伝えてからは連絡を返さない。
経済的弱者とは誰か、母は独占欲や支配欲がやや強く、正直、子離れ出来ない親には心を悩ましてきた。
今思えば、始終母は父と口喧嘩が絶えなかったが殆ど一方的に父に喧嘩を売り、更年期障害もあろうが、子供の気を引くための演技も含まれていたのかもしれない。

昔は持参人を権利者として預金の引出しが可能であったため、家族名義の口座を親が作り管理することは珍しくなく、僕の名義も借用されていた時期がある。
ところが、コツコツ預けた家の建築資金は、亡き父名義の通帳となっていたため、ややこしいことになった。
母は父の名義で通帳をつくり他界後手を拱いていたわけではないが、既に世の中のスピードにはついていけず、要らぬ相続手続きをさせられるなど、笑えない話である。

March.18.2016

地球一周の夢に向けて-6

本年(2016年)12月出航、南半球回りの第93回地球一周を申し込む人が増えているらしい。
その理由は、第96回に参加を予定していた地球一周フルクルーズの希望者において、同クルーズが先ごろ56日間のミドル クルーズ(オセアニア一周)として発表されたことから、既発売のコースの人気が高まっているということらしい。
「ピースボート」企画の地球一周は北半球、南半球、その中間の順にコース設定され近年は年平均3回のフルクルーズが実施されているが、南半球回りは南極へのオプションやマチュピチュなどの世界遺産を背景に根強い人気があり、とくに北半球は既に経験済みというシニア世代からの支持を得ている。

NGO団体「ピースボート」の企画クルーズのツアーを主催・販売するジャパングレイスは、新たな取り組みとして、第92回地球一周の船旅から、他社への卸売などをおこなうと(本稿時点ではクルーズ ネットワークなどでの取り扱いが確認できます。)しており、世界の治安や政治情勢が不安定さを増している中で、邦船各社が既に世界周遊を見合せている現状を考えると、オセアニアは旅行会社にとっても集客の見込める航路である。

じつは2020年に就航が予定されるピースボート初の新造船によるアラスカクルーズのプランも地球一周フルクルーズではない。

今現在母の経過は思わしくなく、一人で乗船することを視野に留守中104日間に及ぶ母の介護を親戚、病院などと相談し、今後の手続き(クルーズ旅行における乗船者名簿の変更やキャビンの使用人数の変更は殆どの場合一旦解約扱いとなり、改めて契約することになる。)を決めなければならない時期に差し掛かっている。
これらに伴い出費が嵩むことは避けられず(費用のみなら先延ばしして再度早期割引特典等を受けるのも一案ではある。)一生に一度になるものとおもわれる。

February.20.2016

地球一周の夢に向けて-5

約1ヶ月の入院治療を終えて帰宅した母が最初に口にした言葉は、「ナースコールが無い!」であった。
あの日(入院)まではほぼ普通に生活しており、僕は耳を疑った。
入院生活最初の頃は貧血がひどかったため点滴を受けており、体力が低下傾向にあった。
それでも母は精神的に頑張っており、自分のことはなるべく自分でやろうとした。
ある日、病院側から「(母が)ベッドから落ちたので紐を付けさせていただきます。」と連絡が入った。
どうやらトイレへ行こうとしてミスをしたらしい。
それ以来、病院の監視は厳しく、自分で行動することは無くなった。

退院時にはすっかり自信喪失しており、医療相談室を介し在宅介護の手配が勧められた。
(これにより家族の負担が軽減されるには程遠く、むしろ介護保険を使用して介護用品をレンタルする等の指導・斡旋は経済的にも負担を強いるものである。)

一方、約4か月の間服用された処方薬はその効果が見られず、已む無く投与の中止に至った。
次の段階?では採血のデータや診察はもはや重要ではなくなったようで、検査結果の出る前に輸血を前提に点滴室に入り、病の長期化とともに増すストレスなどから、母とは対照的に僕は生活が不規則になることも珍しくなくなった。

Next »