July.26.2016

地球一周の夢に向けて-17

僕があの日しゃべりたかったこと。
いつかは船の仕事をしたいとおもっている。

目標は、ステータスの呪縛を解くことのできない日本の旧い型の客船ではない。
僕が今まで旅したことのある国で体験した、何世代もの笑顔に包まれ、若さや活気に満ちた真のクルーズ文化の構築であり、日本にはピースボートという素晴らしい仕組みがある。

70歳、80歳になってもクルーズに参加することは可能であるが、自分が何かをやろうとしたら、今しかない。
この船を出したい、その想いは10代、20代にも負けないつもりである。

残念ながら、北米企業による世界のクルーズ市場統一やメガシップがシリーズ化建造される以前の’90年代初頭までの、海外のクルーズが如何に楽しかったかを自らの体験で語れる人は少ないとおもう。
何故なら、その頃のクルーズ経験者は高齢者が多かったため、既に伝える能力を失っているか、大半は旅行会社が主催するグループツアーへリピートしていたからである。

黎明期においてOcean Dreamと比較してアコモデーションやアメニティで勝っていたと言える船はそれほど多くない。むしろ北米のクルーズ会社は食事に於いて量はあるけど不味いというのが定説でした。
それはわが国のようにクルーズをステータスシンボルとしているのでなく、モノクラスのレジャーとして安価であり自由を尊重し若い人たちの間に広がっていったからで、成熟してないクルーズのとりわけハード面における弱点をカバーしたのは若いクルー達であり(その頃の僕は、どの船でもスポーツインストラクターと仲良くなっていた)、市場を大きくしたのは、絶えず新しい価値を創造し、人びとをわくわくさせたからではないでしょうか。

捕捉すると、この頃日本にも「新さくら丸」という、ピースボートもチャーターした素敵な客船がありました。
殆どのキャビンはアウトサイドだけど窓がなく、けど広いオープンデッキを備えていましたから、デッキランチや洋上運動会が行われました。
僕も一度だけ乗船しており、皆様えっ?と思われるかも知れませんが、この船は単発エンジンでリズミカルな響きが心地よかったのです。

今朝、Ocean Dreamが第91回地球一周の旅を終え、横浜港大さん橋に戻ってきました。
出港のときの笑顔も素晴らしかったけど、帰ってきたときの笑顔はもっと素敵でした。
そして、13時を若干回り、食料、飲料などを新たに積み込み、最後のゴールである神戸に向け、横浜で下船した人たちを含む多くのファンに見送られて出港しました。

July.25.2016

地球一周の夢に向けて-16

ついにParty Week突入です。
全国のPCに通っていると、それぞれの地域でPBスタッフ、共に活動したボランティアの方々がお見送りパーティー、通称「いってらっぱ」を、出航まで1ヶ月を切った日に開いてくれます。
僕の活動ベースは横浜ですが、東京へも時折顔を出しており、どちらも出席しました。

これには僕なりの理由があり、親の病気と向き合いながら現在地球一周を目指しており、自分を励ますための参加でしたがちょっとした手違いがあり、卒業証書を手にすることが出来ませんでした。

この不吉な前兆から一夜明け、病院の主治医から洗浄血小板(現在、日本赤十字社から取り寄せないと一般病院には流通していない血小板です。)の使用に関する説明と心肺蘇生処置の意向確認がありました。
自分なりに覚悟はしたつもりでしたが、病状は考えたより悪化しており、親戚も同席した中で決断を下すのは本当に辛いです。

すべてが手作りのピースボート、ボランティアに積極的に参加する人とそれを遠目で見る人で温度差があるのは仕方ないですが、それぞれに楽しい旅であって欲しいと願っております。

July.06.2016

地球一周の夢に向けて-15

僕が学生の頃は世界遺産に登録された国、地域はまだなく、また、日本が世界遺産条約を批准、締結したのはユネスコにおいて世界の文化遺産および自然遺産の保護に関する条約が成立してから20年が経った1992年であったこともあり、世界遺産に関する知識は乏しく、関心も低かった。
ミケーネ文明の発掘されたクノッソスなど、現在世界遺産に登録されている幾らかの地域には既に足を運んでおり、この遺跡のその後もそうであるが、世界遺産を観光資源としたり政治利用する一部の人たちの行為が、心の何処かで誤解を招いたことも影響している。

我が国の学校教育の多くは歴史を点で捉えていると言われ、断片的な事柄に対する年号の暗記などに重点が置かれた授業は歴史に対する興味を失わせるのに十分であるという。
ツアーで世界遺産を訪れた場合に、何故世界遺産なのかをきちんと説明できない添乗員やガイドが少なくないというのも、こうしたことを重ね合わせればなんとなく理解できる。
冒頭の挨拶を裏付けるように、30年にわたって世界遺産の保護や広報活動に携わってきた吉岡 敦さんの講座に関心を寄せ集まったのはほぼシニア世代であり、ちょっと驚いた。
まぁ、実際に寄港先でオプショナルに参加して世界遺産を訪ねるとなると、それ相応の資金もいるから、無理はないことなのだが、この講座は無料で開催され、僕は何にでも足を運ぶたちなのだ。

サンマリノっていう国、行ってみたいなぁ。
世界遺産は地球と人類の歴史であり、未来へつなぐ大切な財産である。
つまり、ひとつひとつもそうであるが、地球規模における壮大なロマンがそこにあることを、吉岡さんは熱く語った。
船で地球一周するということは、歴史の縦軸を横軸に繋ぐこと、これは昨年の日韓クルーズの水先案内人の一人であったルポライターの鎌田 慧氏が言われた、「歴史を縫う」という表現と重複するが、歴史の証人になるというおもいが込められている。

June.19.2016

地球一周の夢に向けて-14

大航海時代がもたらしたもの、それは世界がひとつの地図に描かれるようになったことでありました!

1海里(nautical mile)が1.852kmであることは知られておりますが、では何故1.852kmなのでしょうか?

地球を一周すると約4万km、いや、地球の子午線全周長を4千万分の1にした長さがメートルであり、一周は360度だから緯度の1度を60分とする(60進法)と、40,000÷(360×60)=1.852kmであり、つまり緯度の1分≒1海里なわけです。
1ノットは1時間に1海里(=緯度1分)進む速さの単位です。

航海において計画したとおりに進んでいるかどうかを知るには、先ず自分の居る場所を正確に知らなければなりません。
そこで緯度と経度の計測が必要になります。

緯度は北極星や太陽の高度を測定して求められましたが、経度は自然界に基準となるものがありませんので、人為的に定めたものが子午線(しごせん)と呼ばれるものです。
地球はほぼ24時間で1回転しており、経度は360度÷24=15度ごとに1時間の時差を生じるので、本初子午線(グリニッジ)を基準に180度の地点(つまりハワイ付近)に、日付変更線を設けたわけです。

太陽がその日最も高くなる時分秒の正確な世界時を測ることができればその地の経度を知ることができ、航海に要する正確な時計、クロノメーターはこのような過程で生まれました。

ついでに、Bridgeとは文字通り船上に掛ける橋、Nav’bridgeのことで、外輪蒸気船の時代には両舷外輪カバー上に見張台(航海当直指揮所)があり、右舷から左舷(左舷から右舷)に移動の際はいちいち甲板に降りなければならず、「面倒だから左右見張台を繋ぐ長い橋を掛けてしまえ」となったのが原型です。(笑)
暫くの間は航海船橋(Bridge)と船尾操舵所(Hood)とは別々に存在していましたが、一般商船の主流が汽船(スクリュープロペラ船)になり航海船橋兼操舵室になるとNav’Bridge & Wheel-House、いわゆる操舵室という名称が使われます。
近年は機関制御室も同居し、Bridge-Control-CenterをBridge=操舵室という場合もあります。

Logは木片、Knotはロープの結び目のことで、昔は予めわかっている距離に丸太を流したり、木片を付けた一定間隔で結び目のあるロープを水中に落とし、砂時計が落ちる間に何個出るかを記録するなどして速力を測っていました。それがLog Bookであり航海日誌の語源です。

さて、今回のクルーズではスエズ運河の通行が予定されており、POSH(Port-side-Out-word, Starboard-side-Home-wordの略)という伝えがありますが、これはスエズ運河にて客船を運航していた船社が上等客に対して実施したあるサービスが単語になったものです。
因みに今回僕はキャビン選び(位置リクエスト)をしておりません。船が好きであればどこに乗っても楽しいであろうし、絶対この場所でなきゃ駄目とかおもってしまうと、ストレスを溜め込んでしまうからです。

今回のレポートは、時差と航海速力に関する素朴な疑問がきっかけで、知り合いの商船船長よりいただいた資料をもとに、まとめました。
尚、英語のCaptainとは、各国とも海軍大佐または陸軍・空軍・海兵隊大尉のことを指すそうで、商船士官に海軍予備制度のない本邦商船船長はMasterが正しい呼称ですが、一般的敬称としてCaptainが使われているようです。

May.28.2016

地球一周の夢に向けて-13

昨日発売の雑誌「Cruise」7月号に、「ショートクルーズで体感 ピースボートで知る旅、出会う旅」という記事が掲載されている。
詳しい方の話によると、Peace Boatの記事が掲載されるのはじつに12年ぶりのことであるらしい。
どのようなレポートか少々期待をしたが、およそ想定の範囲内というか、Peace Boatの趣旨などには触れていない。
少々意地悪な見方をすれば、レポーターは「乗船する前は政治的なものが多いとおもった」と語っているが、何故先入観を持ったのかについては語られていない。
もっともこれは筆者だけに限らず、複数の方のお話としてPeace Boatはこの間、広告や出稿を望んでいなかったと言われており、12年間の空白は様々な誤解や噂を呼んだのである。

僕も何度か見学会に参加して、昨年ショートクルーズに乗船したが、個人的には期待を超える充実したクルーズであった。
船内には「波へい」という居酒屋があり、乗船前は正直、違和感があった。
ところがこの「波へい」は、海外のどの船の有料レストランよりも低価格で、パブのように人々が集まり活気に満ちた、開放的な空間である。

(参考)※メニューはその時々で変わります。
 

  • Food
 

えだまめ

290円

冷奴

290円

Chanja(韓国料理)

290円

縞ほっけ

590円

牡蠣フライ

680円

牡蠣鍋

880円

帆立バター焼(一枚)

380円

鮭茶漬け

320円

  • Drink
 

Vodka Granberry

490円

Canpari Soda

460円

Baileys Milk

440円

かち割り Rum

360円

熱燗(小)

400円

熱燗(大)

780円

Coka-Cola Light

180円

+Seavice charge(15%)  

May.20.2016

地球一周の夢に向けて-12

四角大輔さん、目が輝いており、かっこいいというか、若々しいんですね。
彼は信じられないことに現在46歳で、約15年間続けたプロデューサーという仕事を辞め、学生時代からの夢であったニュージーランド移住を成功させ、自由人となり自らのライフスタイルを仕事に活かされているそうです。

自由に生きるということの捉え方は人さまざまですが、彼は人生を怠けたわけではなく、むしろその逆で自分に厳しく、しっかりと計画を立て、自分を見つめることができ、粘り強さが実行力に結び付いているわけです。

彼のような生き方は、現実的にはすべての人が成功するわけではないとおもいますが、僕は在職期間、しっかり生活の無駄を省き、取得した休暇は計画的に旅することに投資して来ましたから、伝えようとすることは何となくわかる気がします。

勤めていた会社には加算休暇という制度があり、法定休暇と合わせ年間で38日くらい、特殊な勤務形態で非番、休日など時間が有効に使え、比較的最近まではモバイル機器を所有せず、通信環境の整っていないところに入り込んでしまえばかなり自由な旅でしたから、自分をリセット出来たわけです。

環境に恵まれチャンスを活かし、口には出さずとも感謝はしていましたが、余計なものを捨てるという選択も必要でした。(笑)
本日のテーマである、「こんな恵まれた国に生まれたぼくらが、旅に出ない理由はない。」と通じるところがあるんです。

僕がこのように選択をしたのは、やはりまわりの予定に自分を合わせている人が圧倒的に多く、周囲には頑張りすぎて病気になったり、命まで落とす人がたくさんいたからです。

僕の20代はPeace Boatはまだ日が浅く、地球一周までいってなかったし、2ヶ月に1回くらいのペースで長いときは2週間くらい、常識という枠から離脱し、自分流に旅をプロデュースしていました。
例えば、北海道への旅では1年間を6分割し、季節の移り変わりを自然の中に身を置き、今は廃止となってしまいましたが網走から湧別まで湧網線というのがあり、雪が続いて困っているときには、旅先で除雪作業のアルバイトも体験しました。

クルーズは23年ほど前から、こちらも計画的に同じ船のリピーターとして落ち着くのでなく、あらゆるジャンルのクルーズを体験することを目的に始め、彼の「旅に目的を」という言葉に共感できたから、本(自由であり続けるために)を手にしました。
あとで苦笑いしたのですが、彼に従えば、僕はこの本を衝動買いしてはいけなかったんですね。

「20代で捨てるべき50のこと」というサブタイトルは、おおまかには何を捨て、何を残すべきかを20代で選択せよということです。
僕は、自分の価値を時間と金で例えることは好きではないのですが、今、こうしている間も自分は命を削っているんだという認識を彼は常に持っており、この本にはたくさんの素晴らしいと感じたメッセージが詰まっております。

旅もそうですが、タイトルとかこだわらなくていいんです。20代の人は、いろいろ溢れる情報を詰め込み過ぎ物欲にかられ息苦しさを感じる時機であり、それゆえ新鮮な感想が多いようです。

実際にお会いして人当たりがいい方です。会員制コミュニティとかもやられているようで、自分の価値を自己評価し、しっかり稼いでいる面もありますが、今日は楽しくTabippo.net代表、清水さんとのtalkを聞かせていただき、signもいただきました。今度のクルーズにご一緒できたら、めちゃ嬉しいです。

May.09.2016

地球一周の夢に向けて-11

英国のP&Oが1994-1996年の間、インドネシアにGroup Companyを設立してクルーズを展開したことがある。
使用された船の名はBari Sea Dancer(バリ シー ダンサー)、船齢30年を超えた、僅か3,852tの船であるが、寝泊まりしたりレクチャーすることを主体としたクルーズ船としては十分な設備を備え、バリから今では世界遺産となっているコモド島へ航海、コモドドラコンを観察ののち、ピンクビーチでシュノーケリングできるアドベンチャーな船旅であった。

この船で、スポーツインストラクターを努めるインドネシア生まれの青年と仲良くなった。
乗客は欧米人ばかりという船で、アジア系は僕たちだけであり、彼と同室する女性インストラクターはイギリス系で何かと彼に命令口調で威張っていたらしく、話し相手として食事や、ときにはお酒の席に彼のほうから同席した。
彼のことを「ビーチボーイ上がりだろう」と冷ややかに見る大人もいたが、バーをはじめとする船内各所では彼と同郷の若者が働き、友達として扱ってくれた。
彼のキャビンを、相方の女性インストラクターの目を盗み見せてもらった。
下の層ながらも窓の付いた、一般レベルの船員より上等な部屋であった。
いつか再会したいとおもいインドネシアルピアを残しておいたが、1996年6月、Bari Sea DancerはSpice Island cruisesと共にP&Oの手を離れていった。

Peace Boatは第20回のクルーズ(1996.12.18~1997.03.20)で、Awani Modern Group(Djakarta, Indonesia.)がOwner(当時)のAwani Dream(元MS Renaissance、11,724t)をチャーターしており、ほぼ同じ頃に共通するのは、アジア通貨危機以前のスハルト政権の長期安定と、インドネシアの第二次投資ブームが、こうしてクルーズに反映されたことだろう。

※第一次投資ブームは1970年代、スハルト大統領の対外開放政策に起因する。

May.08.2016

地球一周の夢に向けて-10

クルーズエリアとしてのエーゲ海に憧れを抱く人は多いだろう。
だが今から二十数年前は、クルーズそのものに参加する日本人も少なかったが、エーゲ海クルーズは憧れる人の数ほどは売れなかった。
ピレウスを起終点に、ギリシャ船籍の古い船しか就航していなかったことも一因であろう。
あるとき旅行会社にクルーズのパッケージを申し込んだが、人が集まらず催行中止の知らせがあった。
そのとき、自分達だけで行くことを勧められた。
まだ若かったし、個人手配で旅行する第一歩になった。
運航会社は今はなきEpirotiki Line(エピロティキライン)で、Peace Boat初の地球一周(1990.11.01~1991.01.29)もこの会社のOceanosという船だった。
僕が選んだのは当時提携関係にあったNCLより購入したTritonという、14,155tの船である。
この会社は事故が多く、船を沈めて保険金を得ているという噂が囁かれており、’91炎上したPegasus(ペガサス)の替わりに仕入れた同社で最も近代的?な船でありすぐに沈むことはないだろうと、親には秘密にしていたが、クルーズは大変楽しかった。
料理もエンターテイメントもギリシャ人船員によるギリシャの船である。
今世紀初頭、世界のクルーズ船社の多くはアメリカの巨大資本の傘下で活動、個性は薄れつつある。

May.07.2016

地球一周の夢に向けて-9

中学生のとき、通学途上にあった図書館で「SOSタイタニック」という本を借りて読んだ。
当時、横浜港に来航していた客船は概ね1~2万tクラス、4万6千tの客船は想像を越える大きな船として心に刻まれた。
やがてチャンスが訪れ、’93年、Regal Princess(初代)でアラスカをクルーズする。
この頃は7万tクラスの客船が世界に数隻しか存在せず、そのうちの1隻であった。
しかし、スタイリッシュな当時最大級のメガシップは意外にもクルーズとしての印象は薄かった。
その年の暮れ、今度は少し節約して、Golden Princess(初代)という、元Royal Viking Skyをリメイクした、2万8千tの中古船に乗り、メキシカンリビエラクルーズに出た。
この船はオーナーや運航会社が幾度か替わり、一時的な用船であったためかメンテナンスはあまりよくなかったが、北欧の白鳥と称された名船だけあり、レイアウトが良く、素晴らしい走りっぷりであった。
この時、自分が求めているクルーズとは、単に浮かぶホテルではないことを知った。
以後、数えきれない程の客船と縁を持ったが、大きな客船の場合はスリムな船形、低いデッキのキャビンを好みとしている。
今も昔も巨大化は、定員を増やすことにより1人当たりのコストを下げることを主な目的としている。
だから、どんなに大きな客船でも、標準キャビンの大きさは中型客船と同等か、それ以下なのだ。
ピースボート、ちょうど良いサイズである。

April.12.2016

地球一周の夢に向けて-8

第91回出航風景

荷物
ポーターがカートへの積み込みをサポートしてくれる。
自分の手で船の手前まで運べば、あとはクルーが手伝ってくれるだろう。

集合
10時までに集合。(11時になると乗船が締め切られます。)
9時になるとスタッフが乗船手続きについて案内、しかしここに整列しているのはほぼシニア層。

やはり若者はスタッフとしての乗船が多いのか?
7~8分で用意が整い乗船券を手にした乗客達が入場を開始、あっという間にCIQの中に吸い込まれていく。

20分くらい経過して、税関職員、ピースボートスタッフがまだターミナルに残る船客の誘導にあたる。
外国人の乗船者を発見!、この頃(9時30分くらい)になると、乗客として乗船する若者も待ち合いスペースの端に集まってくるようになった。

彼らはおしゃべりに夢中で、なかなか乗船する気配がない。(数年前には見かけた、地べた座りは今回見られなかった。)

ある意味、旅行会社の介入がないからか、統制が取れており、旅行会社対運航会社という煩雑な二重チェックや不要な待機がなくスムーズに進行している。
ただ今後は、この光景も変わるかも知れない。

ターミナル内の一角、「ゆたか倶楽部」が扱うキュナードライン、日本語パンフレットのキャッチコピーが世界一周ではなく、地球一周になっている。(笑)

10時10分頃、揃いのパーカーを着た横浜ピーセンのボランティアメンバー達も乗船。
彼らの一生に一度の笑顔は素晴らしい。

映画「Titanic」の功罪
日本でもヒットした映画、本当は悲劇であるはずの事が、今なお人々を魅了して止まないのは、生存者の大半が富裕層であり、彼らはこぞってその夢のような生活を語り、航海の記録として残したからであろう。
11時50分、ボートドリル開始。

Next »