April.17.2019

Peace Boat’s 101st Global Voyage/ 3 days left

出航が近づき、持ち物や両替の相談をしてくれるメンバーが多いことは嬉しいし、友と買い物したり食事をする時間は、めちゃ楽しい。
サポートは、経験を押し付けることなく、一人一人のライフスタイルを尊重してアドバイスなどしなければならないとおもいます。

曽て母に地球一周の話を持ちかけたとき、3ヶ月も家を空けられないと言われたが、ひたすら突っ走って地球一周を遂げた僕だから、今、スタート地点を射程におさめ、不安を隠せない旅人の気持ちも察することができます。

April.10.2019

Peace Boat’s 101st Global Voyage/ 宣誓

かつては憧れだったボランティア期間の満了を告げる卒業証書(地球一周の夢に向けて-16参照)を思いもかけず受領、その時を迎えるとこんなにも寂しいものか。

いよいよ4月20日から、輝く仲間達と、二度目の地球一周に旅立ちます。

僕にとって旅は、家の中をミニマムに保ち、自由であり続ける手段でもあります。(地球一周の夢に向けて-12参照)

大手旅行会社チャーターの世界一周クルーズ説明会に参加した人が、ピースボートの名を聞いてやって来て、楽しそうだからと乗船を決めました。

1,359人?が乗船されたSun Princessとは、ニューヨークで並びます。
格付けであちらはプレミアム クラスをアピールしておりますが、僕らには、キックボクシングの世界王者や高知よさこいのほにや さんなどが乗船します。(笑)

きっと楽しい旅にしてみせます。

February.04.2019

Peace Boat’s 101st Global Voyage/ 渡航手続

日本のパスポートは2018年10月9日現在、世界190か国にビザなしで渡航できるようになり、ビザなしで訪れることのできる国、地域の数は単独世界一となりました。
パスポートは、各国政府が発行を行い、国外に渡航する人に国籍や身分を証明するものです。
対してビザ(査証)は、渡航先の国が発行する、滞在許可証です。
ESTAやETASはビザではありません、ビザ免除プログラムを指します。導入する国が増えています。

渡航に必要なこれらの申請手続きは、包括旅行であれば大抵旅行会社に代行してもらえます。但し、旅行会社や代行業者は個人データを誤りなく入力する責任があり、高額な手数料が発生するのが一般的です。
主催者は、参加者全員の、これら渡航のための書類を確認するため、提出期限を設けますが、ビザの個人取得など、後述のように相応の理由があれば、多少の融通は利くようです。

旅行会社に手続きを一任することは互いに時間の節約にはなりますが、知識や体験を得るチャンスを逃すのはもったいなくもあります。
(旅行業務を旅行会社に委ねる以前のピースボート クルーズでは、必要なビザなどは、きっと参加者が自身で揃えていたのでしょうね。)

101st Global Voyageで、ビザやビザ免除プログラムの登録が必要な国は、オーバーランドも含めると、カンボジア、スリランカ、エジプト、米国、キューバ、オーストラリアでしょうか、五大陸ゆえビザの手続きが必要な国の数も多いです。(笑)
これらを自身で取得する場合は、ビザがいつから申請できるのかや必要なビザの種類などを調べ、旅行会社の担当者にも確認、意思疎通を図ります。
例えば、スリランカでは、オーバーランドツアーなどで2泊以上される場合は、トランジットビザは有効ではありません。また、イレギュラー※1)となるため、入管手続きの順番が後になります。
それらを踏まえ、ESTAに加え、カンボジアビザとスリランカのETA、オーストラリアの電子ビザ(ETAS)を自己取得し、要する手数料も減額されることになりました。(旅行会社は自己取得されたものであっても、旅程に支障の生じないよう内容を確認しています。何事も感謝の気持ちが大切です。)

カンボジアビザは赤坂のカンボジア王国大使館にて取得(パスポートに交付、詳しくは在日カンボジア王国大使館ホームページを参照)し、スリランカのETAはスリランカ民主社会主義共和国出入国管理局の公式ウェブサイトにて、オーストラリアのETASは代行業者を介して申請、取得しました。
ETASはオーストラリア政府が実施※2)している電子査証になりますが、このシステムは航空会社の航空券発券システムをベースとして開発されています。従って航空会社の発券システム上でもETASを申請、取得することができます。※3)

※1)本来は「不規則な」という意味であるが、「例外」を指す。
※2)政府の公式サイトではシステム利用料金20AUDが発生します。
※3)但し、航空会社は現在ETASの登録サービスを行っていないため、少しでも費用を節約して取得したいなら代行業者に依頼します。
※4)スリランカ、期間限定でビザ免除?

January.20.2019

Eco Ship

ピースボートのeco ship、2022年の就航予定になりました。
eco shipの第1回募集が始まったのは、第92回の地球一周を決め、準備している最中で、リピーター限定であり、大半の人はその不確実性(リスク)についても認識されているようでしたが、既申込のクルーズをキャンセルされ、乗り換える方も一部にはいらっしゃいました。
処女航海にあたる第1回のクルーズは、流石に斬新過ぎて僕はスルーしましたが、その後2020年のSOLAS条約※1)改正に含まれる船舶の環境への影響、UPA(United Peoples Alliance)※2)などの活動を知ることになり、第2回、3回の募集をきっかけにひと口乗りました。笑
※1)海上における人命の安全のための国際条約。
※2)支援物資を世界中に届ける活動。

個人的には、海外でのクルーズ体験から、プロジェクトの難易性を認識しており、2020年就航は間に合わないだろうなと思っておりましたが、一方で、欧州の造船プロセスが、わが国のそれとは異なることも知りました。
欧州では、船舶建造は分業化されており、設計はエンジニアリング会社が行い、そこからマネージメントされ、モジュールを製作、効率化されたプログラムの採用により、シップヤード自体が行う作業(工程)を減らし、「工期の短縮および生産性」を向上※3)させる取り組みが進んでおりますので、一概にわが国の造船常識を以って当てはめることはできません。(これが結果的に、申込者への情報伝達の遅れに繋がったようですが)
※3)例えば、Fincantieri造船所では2017年および2018年に、それぞれ5隻の異なるCruise Lineの客船を竣工させております。

とは言え、2020年1月1日発効の新しいSOLAS条約をクリアするのは容易ではありません。
ポイントは、ざっくり燃料油の硫黄分濃度を下げた環境に関わる規制と、旅客船の損傷時復原性基準の強化に伴う区画と損傷時の復元性要件の新設に絞られます。
前者は元々「世界で最も地球にやさしい船」をコンセプトにしているのでさして問題ではないでしょうが、後者は船級協会(DNV GL)におけるその判定も含め、前例がないことであり、想定を超えた苦労があるようです。
間が悪いことに、IMO(国際海事局)第96回海上安全委員会(MSC96)より審議されていた区画と損傷時の復元性要件が採択されたのは2017å¹´6月にロンドンで開催されたIMO第98回海上安全委員会に於いてであり、eco shipのプランが固まり募集を開始されたのが2015年の9月(この時点では、造船所を選定中であると記されている)であったから、その後設計変更を余儀なくされた※4)ことは想像に値します。

※4)2020å¹´1月1日以前に契約が締結している船舶については、IMO98で決まった新ルールは適用されず、建造することができます。
しかし新造船の安全性向上に資することであり、専門家からSOLAS2020を適用することが助言され、結果納期への影響を受諾せざるを得ないとの判断があったようで、ある意味、こういう積み重ねが、歴史に刻まれる船を育てて行くのだろうなと思います。
 
一口メモ

December.03.2018

Spirit of Discovery/ 1

2019年から2027年までに、造船各社が受注している世界的なクルーズ客船の残は約120隻あり、そのうちの約27パーセント(33隻)は、Expedition Vessel(探検船)といわれるものです。※ Cruise Industry News調べ。
これは、メガシップによる競争がもはや限界に達し、クルーズ全体の収益が悪化してきていることと、フランスのPonant社の成功により、単価の良い探検船需要の高まりに既存船社も参入したことによります。

一方、IMOで採択され、2020年から実施される船舶燃料規制への対策のひとつである、LNG-Powered shipは供給インフラの整備など課題も多く、AIDAnovaなど、現時点では採用が比較的大きなサイズの船に限られており、Spirit of Discoveryでは、ノルウェーのYara Marine Technologies社製のSOx Scrubber(船舶用排ガス洗浄システム)を搭載して将来的な環境規制にも対応できるようにしています。
興味あるのは、Carnival GroupやRCIなど、北米資本の船社やMSCなどがメガシップ建造を続けるのに対し、欧州ではViking OceanやSagaなど、ターゲットを絞った5万トン前後の客船を造る動きがあり、とりわけSaga Cruises初の新造客船であるSpirit of Discoveryは、かってPeace BoatがEco Shipの造船所候補のひとつに挙げていたMeyer Werftで建造が進められており、サイズも58,250トンであることから、関心があります。

Saga Cruisesの母体であるSaga Gropuは、英国を拠点に旅行業のほか、保険商品の提供や月刊購読誌「Saga magazine」の運営などを行っている複合企業です。いわばクルーズはグループの顔であり、良質なサービスが期待できます。
Cruise criticによると、Saga Cruisesの経営者の多くは、※ 「伝統的なスタイルに固執したCunardの経営陣である」といわれ、クルーズ船客は99%が英国人であり、フォーマルナイトのタキシード着用率が100%であるといいます。

日本同様、周囲を海に囲まれた英国は、航海日(何処にも寄港せず、海上で過ごす日)を設定しやすいことから、クラシッククルーズに適した環境が整っているとも言えます。

Spirit of DiscoveryはDeck planでは全室が海に面しバルコニー付きで、シングルキャビンは108室(全キャビンの約20%)あり、船客定員を999名に抑えております。
推定建造費は3億5千万ドル(日本円で約400億円)であり、それなりの料金はするだろうとおもっておりましたが、10-Jul-2019の就航(予定)後48日目(24/Jul~2/Augを除く)にあたるFjord Adventurerで残り1室のSingle cabin(Grade TS)が、7Nights(8Days)2,506UKポンドで予約可能でした。

個人的にはひと昔前の船が好きですが、豊かな発想が実を結び、形となる新しい客船には、人びとの夢と次世代に向けた技術が詰まっており、わくわくしないはずはありません。

November.08.2018

Peace Boat’s 101st Global Voyage/ 外貨準備

地球一周の訪問国で自由行動により移動したり、ローカルフードを得るのに使うお金は、基本、現地通貨です。
現地通貨の中には、日本で入手困難なものや、現地において日本円からの両替を受け入れていないものもあります。

アジア以外の地域では、現地通貨への両替は、USDやEURから行うのが一般的であり、この2通貨は、日本出発前に用意します。

よく、いつ両替したらよいかとか、何処で両替するのが得かという質問を受けます。
貨幣価値は、政治、経済などに左右され変動するため、いついつとは言えませんが、折半詰まって両替するよりは、ふだんより為替に関心を持っておくことが大切でしょう。
参考に申し上げると、大きな政治的要因がない場合でも、為替は決算などの売り買いにより、年間で10円程度は上がり下がりを繰り返しております。

次に何処で両替するかですが、正直言って500ドル程度の両替でしたら、大差ありませんので、信頼できるとこで、利便性を考慮のうえ両替すればよいと思います。

問題は、この2通貨以外の通貨を、出発前に調達したい場合、例えば、AUDの場合は、銀行でも、市中の両替店でも、1通貨単位あたり、約10円の手数料がかかります。

そのようなとき、欲しい通貨がマネーバンクにあれば、マネーバンクで両替するのがお薦めです。
マネーバンクならレートが手数料込みで明瞭なうえ、どこよりもお得に両替できます。
※1)取り扱い通貨であっても、両替のタイミングによっては入荷待ちの場合があります。時間的に余裕のない両替は注意が必要です。

現在、六本木にある実店舗での取引は行なっておらず、外貨を買う場合はWeb上の申込みフォームからレートを確認(取引レートは為替相場の変動に合わせて1日に何度も更新されます)して手続きを行い、指定口座に申込み金を振り込みます。
平日14時までの振込で、即日発送されます。
※2)配送料(書留郵便)の自己負担はありませんが、1回の利用額が7万円以上という決まりがあります。例えば、100SGD+300EUR+300AUD(計7万円相当)というように、複数通貨を組み合わせて両替されては如何でしょうか。

September.28.2018

Peace Boat’s 101st Global Voyage/ 幻の計画

世界中のクルーズ船で旅した僕が、ピースボートに惹かれる最も大きな理由は、船を出すというプロセスにあります。

ピースボートの参加者は、大きく分けて二つのタイプに分かれます。
ひとつは、自分や家族へのご褒美として世界を周遊したい人、ひとつは、地球一周を通過点として、自己啓発に邁進する若者たちです。

前者は地球一周をゴールとし、後者は街中のお店にポスターを貼らせていただき旅する仲間を増やしたり、訪問先の国やNGO団体の要請に基づいた支援プログラムに参加するなど、乗船までの期間を有意義に使い、交流を深めると共に強い絆を構築して行きます。

ある水先案内人の言葉を借りると、「ピースボートはお金は出さないけど、船は出す。」ので、世界をライフワークとするジャーナリストや学者、アーティストらが研究や収集を兼ねて乗船を希望されることがあるようです。
ピースボートなら、一般的なクルーズではなかなか訪れることのない港に着くことも可能です。

二周目にあたるOcean Dream号での地球一周を2019年4月出航見込の第101次航に決めたのには、様々な事情がありましたが、ひとつにはこのプロセスを大切におもうためだったと言えます。

ピースボートには、その乗船行程の一部分を離脱するという、特別な乗船方法があります。
これはフライ&クルーズや区間乗船、オーバーランドツアーなど、主催者により企画、募集されるプログラムではなく、自己責任により、本船から離脱行動し、陸路若しくは空路により、再び本船に合流する、究極の自由旅です。

僕はスリランカのコロンボで離脱、ドバイでホテルとして4月にpre Open(2018年現在)した20世紀後半を代表する客船「Queen Elizabeth 2」を訪問、カイロに先回りしてナイル川沿いを周遊、ポートサイドで合流するプランを作成、かなり具体的に計画を煮詰めていましたが、ポートサイドでの合流手続きの可否について、確認が必要とのことで申請をしてから暫くして、担当者から難色を示されました。

それは可否の知らせではなくお願いという形で、釈然としない部分もありましたが、シナイ半島の情勢を踏まえ、他に影響を与える可能性があるのだろうと判断、結局この計画は、消滅しました。

June.29.2018

石柱が伝える興津の賑い

江戸時代、(上総)興津は江戸と東北を結ぶ重要港で、妙覚寺には仙台藩役所が置かれていました。仁王門は、江戸末期の当地方の代表的な建物と言われます。

寛文11年(1671)、阿武隈川河口から江戸へ向う東廻り航路が整備され、九曜星の旗を掲げた仙台藩の千石船が入ってきたと記録があり、三方を山に囲まれ、巾着の形をした興津湾は、東北諸藩が江戸に廻米(かいまい)する交易船の碇泊地として、また房総沿岸有数の避難港として、動力船が開発される以前の潮待ち、薪水補給の地として、興津千軒の繁栄をもたらしました。

船を停留させておくための繋船柱の石材は当時仙台藩によって運ばれたもので、全長3メートル余、石巻近在に産する粘板岩でできており、かつて港の弁天崎磯際に十数本も並立していたそうです。
繋留する船舶は一艘につき金1朱と御供米2升、500石以下は200文を、当時の土地の所有者である妙覚寺に納めたといわれています。

June.27.2018

1日6ドルで遊ぶHawaii/ Day3

3日目はダイヤモンドヘッドを目指しました。
ヒルトン ワイキキ ビーチ ホテルのあるKuhio Ave(クヒオ通り)からは、海側東方面行のBus Stopで乗車、2系統「2_Waikiki-Diamond Head-Kcc」と23系統のバスがダイヤモンドヘッドの入山口に近いBus Stopまで行きます。
※ 2系統には、「2_Wikiki Beach & Hotels」もあり、注意が必要です。

ダイヤモンドヘッドの登山口へは、23系統のDiamond Head Rd + Opp 18th Aveのほうがいくらか近いですが、僕は本数の多い2系統Kapiolani Community College(終点)から歩きました。

Diamond Head Rdを「DIAMOND HEAD STATE MONUMENT」という看板が見えるまで進み、そこからダイヤモンドヘッドの標識に従い右に折れ坂道を進むと、展望台の先に小さなトンネル(カハラトンネル)があります。
じつはダイヤモンドヘッドはここを登るのではなく、トンネルを抜けた火口底面の登山口から登ります。

入山ゲートに到着して、1ドル(現金のみ)を支払い、パンフレットをもらって登頂しました。

片道0.8マイル(1.3キロ)、高低差は560フィート(171メートル)です。標準的には片道30分~40分くらいのようですが、途中休まず一気に登ったら、30分もかかりませんでした。(笑)
日差しが強く、途中日陰はほとんどありませんので、日焼け対策や水分の補給など、自分なりに準備されるとよいでしょう。

Kahala Tunnel(カハラトンネル)
曲折の多い登山道を進み、74段の急勾配のコンクリート階段を登りつめると、225フィート(約70メートル)の狭いトンネルがある。
99段ある第二階段。このようなつくりになっているのは、ダイアモンドヘッドがオアフ島の沿岸防衛のための要塞だったからです。
横木はカモフラージュを支えるためのもの。

June.26.2018

1日6ドルで遊ぶHawaii/ Day2

2日目は、マノア・フォールズのトレイルへ向かいました。
先ず、ヒルトン ワイキキ ビーチ ホテルを出発してKuhio Ave(クヒオ通り)山側のBus Stopから西方面行のバスに乗車、運転手より1day Passを購入、アラモアナセンターで乗換のために降車、ショッピングセンターを通り抜け、山側のNo.760のBus Stopから、5系統「5_Manoa Valley」のバスで終点のManoa Rd.+Opp Kumuone St.まで行きました。

The Busの時刻表はBus Stopに表示されていないので、DaBusアプリでルート検索して、自分の乗るBus Stopの番号をタップし、次の画面で最新到着案内または到着予定時刻を選択すると、当該Bus Stopに来るバスの時刻を知ることができます。(到着予定時刻は、目的地にバスが到着する時刻ではありません。)

Bus Stopから「Manoa Falls Trail」の入口までは、道なりに歩いて約10~15分、歩道橋の右側に、「Rainbow’s End Snack Shop」という売店の入った建物があるので、トイレはここで済ませてからスタートします。

マノアは雨の多いエリアということで、トレイルは整備されていますが、ぬかるみや滑りやすいところもあるので、汚れてもいい恰好で行きました。
午前より午後のほうが雨は少ないらしいですが、暑くなると体力を消耗するので、あえて午前にチャレンジしました。最初どんよりしていましたが、幸い雨は降ったあとで、幻想的な風景が広がりました。

Manoa.Rdの終点。右手に、レストラン、売店、トイレなどの入った建物があります。
 
ここからマノアの滝へは約1.3K、標準で片道40分の道程です。
映画「ジュラシック・パーク」のロケ地としても知られています。
 
蚊がたくさんいます。(笑)
ハート型の切り株発見 ♪

バニヤンツリーのアーチと、その先に広がる竹林。

Next »