October.21.2013

Cruise in Japan /Day 6, 7

Sunday, October 20th 2013
Day at sea

本日のLunchはJapanese Buffetと銘打っていますが、noodleもsushiも全てがFrench chefの創造する日本料理です。
乗客の中には日本つうもおり、巻き寿司のネタであるマグロや蟹をオードブルのように摘まむ人もいました。
このような異文化料理やあり得ないJapanese Dance ※3)は、Americanizeされていない昔の地中海では他の船でも見ることができました。(Internationalに個性が薄れていく時代に於いて貴重であります。)
 
13時頃関門海峡へ差し掛かり、右舷に北九州の製鉄所、門司のレトロ建造物群、左舷に巌流島を望む。
14時頃関門橋の下をくぐり抜け、国東半島姫島を望み日没を迎える。
 
催しが少ないという声も聞かれたが、私はそうは思わない。
この船の乗客の多くは、イベントに振り回されることを望んでいない。
但し探究心は旺盛で、日本がテーマのレクチャーには常に多くの人が関心を寄せていた。
本日は、明日広島を出航後の瀬戸内海で見えるであろう星座についてのレクチャーと、Head chefとpatissierによる料理のDemonstrationが行われた。
Contemporary Dance show”PICASSO”
今夜のショーはピカソ、芸術性溢れるオリジナルのダンスショー。
 
Monday, October 21st 2013 / Clear
Hiroshima, Japan
 
昨晩のJournal de bord(船内新聞)で6時45分から3Deck Main Loungeにて日本の入国審査があると案内されていたが、入港(6時)に若干の遅れがあり、30分程遅く始まった。
出国同様再入国も対面にて行われ、しかも外国人は二度目の指紋採取を受けなければならない。

先に下船していたHさんに波止場公園内のInformation Centerからタクシーを手配していただき、原爆ドームと平和記念資料館を訪ねた。
広島の郷土料理で先ず浮かぶのは牡蠣であるが、ここでは新天地へ向かい、「ミシュランガイド広島2013特別版」で新たにカテゴリーに加わった”Okonomiyaki”を食べ、帰船した。
Excursion deskでは様々な具を重ねるように焼く広島発祥のお好み焼きの具材やソースの解説、食べ方を紹介した英・仏語の美しい冊子も配布され、好評であった。
 
大阪に向け2度目のCocktail Party&Gala dinner、そしてsuggest formalであるが、スマートにパーティーを楽しみましょうという意味であろう。
大きな荷物(スーツケース等)は下船当日の入港1時間前(朝7時)迄に用意すればよいから、大型客船のように前日から慌ただしくなることも夜の服装を心配することもない。
 
改めてこの1週間を支えてくれたStaffが紹介された。
 
食に対する期待が大きくgastronomic shipという名が独り歩きした感がなくもない。
Smokers Poleトーストしたフランスパンの香ばしさや毎朝アレンジされる卵料理、厳選されたサーモンの食感などに至福の時を感じた一方、Lunch BuffetのSoupが毎度French流のMisoshiruやOkayuであるなど、異食体験もあった。(笑)
 
Yacht cruisingは暮らしながら旅する形である点、究極のクルーズと言われる。
例えばカジノやディスコ等の娯楽施設を併設した船は乗るものであり暮らす場ではない。
非日常的な世界とはそういうものであろう。
 
※3)

October.19.2013

Cruise in Japan /Day 5

Saturday, October 19th 2013
Busan, South Korea
 
12時に市中心部に近い釜山国際旅客ターミナル(北埠頭)入港、英語の船内新聞のみに記されていた案内に従い、ReceptionでPass portを受け取り、Shuttle busに乗車してCruise Terminalに移動し入国審査を受けた。
パンスタードリームの乗客と重なり、時間がかかった。
 
折から来航しているピースボートの乗客がOcean Dreamを探しInfomationに駆け込んだが、ここでPeace Boatと言っても通じない。影島区(ヨンドク)の国際クルーズターミナルへは市内から30分程かかる。
 
西面(ソミョン)まで、土曜渋滞に巻き込まれタクシー代13,000ウォンを払う。
韓国きっての高級ホテルと云われるロッテホテルのThe LoungeにおけるAfternoon Tea(39,000ウォン)と、隣合わせるデパートでGrains Cookies購入のあと、帰りのタクシー代は9,000ウォンであった。
 
ターミナルでの出国手続きはなし(事前に知らなかった)、ゆえに船へ戻るShuttle busも来ず、再びタクシーを拾う。
税関のゲートで案の定止められたが、I’m a passengerと言ってカードを見せ、係員に船へ誘導してもらう。
タクシー代金5,000ウォン請求されたが、3,000ウォンしか持ち合わせがないと言うとOKした。
 
不思議なのは船側でこれらの十分な案内がなかったことで、船を下りなければ入国審査も要らなかったようだ。
つまりLe Solealに乗船する多くの外国人は日本を見に来たわけで、日本のカボタージュ政策により余儀なく寄港させられた韓国には関心がなかったことを物語っている。

Local showDinnerは予約を入れた6Deck Grill RestaurantにてBuffet方式でいただいた。
カジュアルになり過ぎることなく、基本Main restaurantと同一のMenuであり、Main料理はChefと対面して食材、調理方法などを確認することができるのが大きな違いで、2つのRestaurantは好みとLife Styleで使い分けるとよいだろう。
 
本日の4Deck Theaterは韓国の伝統舞踊およびカヤグム(琴に似た韓国の楽器)の演奏と歌で構成のLocal showであったが、Tourの進行遅れから開演が30分繰り下げられた。

October.18.2013

Cruise in Japan /Day 4

Friday, October 18th 2013 / Fine, later Cloudy
Sakaiminato, Japan
 
朝7時頃地蔵崎を通過し8時に境港外港1号岸壁入港、下船前にReceptionに寄って明日の釜山入国カードと税関申告書を記入した。
サイン以外の部分は記入してくれるので手続きは数分で終了したが、日本の出国手続き(17時30分頃)のほうは一人一人Pass Portの携帯が義務付けられ、Reception付近は混雑を呈した。
 
境港はゲゲゲの鬼太郎の作者である水木しげる氏の故郷として知られ、目玉おやじの行灯がユーモラスな鬼太郎タクシーで美保関を巡った。
本船の乗客の多くは遠く松江、出雲を目指すが、島根半島とは境水道大橋で結ばれ、美保関は意外と近い。

大社造り2棟を並べた美保造りの本殿が国指定重要文化財にもなっている美保神社は漁業、海運、商業と歌舞音曲の神、えびす様を祀る全国の総本宮である。

今日も昼食はLocal Restaurant で摂る。
海岸に沿って進むと秋鯵を積んだ漁船と行き交い、あら炊き定食にアジ刺しをチョイスした。
 
午後はバルコニーにてバードウォッチング、かもめに交じりとんび(トビ)が時折餌を求め海に降下する。
上空でカラスがどこからか小動物を捕獲して運ぶ姿も目撃された。

出航時には「がいな万灯」と呼ばれる珍しい祭りのパフォーマンスが披露された。
万灯とは方言で「大きい」を意味するそうであるが、秋田の竿燈祭りを手本としながらも、見応えある技に拍手が湧いた。
Night show
Cabaret styleのNight showは3Deck Main Loungeを舞台とし、Moulin RougeやLidoのようなダンスパフォーマンスを観覧できる。舞台と客席がひとつとなり、洗練された大人の集まる場所である点も見逃せない。

October.17.2013

Cruise in Japan /Day 3

Thursday, October 17th 2013 / Sunny
Kanazawa, Japan
 
Grill Restaurant8時無量寺埠頭入港、6Deck Buffetのインテリアと食器の爽やかな色彩による調和が素晴らしい。
ナイフ、フォークに至るまでトータルデザインされており、数々の名船を送り出したフランス人のセンスの良さを感じる。
 
台風26号の早い通過の後、金沢は好天に恵まれ、予め予約のハイヤーで4時間の観光に出発した。
ドライバーは知識豊富で、兼六園の中を母の車椅子を押し、説明した。
続いて百年後の国宝?を目指す金沢城周辺の復元事業を見学、ドライバーお薦めの白梅亭で昼食後、更に1時間程延長して尾山神社、ひがし茶屋街へと足を伸ばした。
 
18時を回り市民の温かい見送りがあったが、ここ数年、どこへ行ってもYOSAKOIソーランである。
旧暦の十三夜にあたり、離岸に際し一斉に振られた大籏と名月が美しかった。
 
19時15分よりCaptainのCocktail Party&Gala dinnerであった。
この船ではドレスコードの指定はとくにない。
各々がふさわしいとおもう服装をすればよいのだ。
英語版ではsuggest formalと載せているが、日本ではこういう場合、大抵正装と解釈される。
旅行会社のスタッフだって個々の船を知るとは限らないから、フォーマルですと言えばお客は恥をかかないであろうと考えるのだろう。(agentのH氏は適切なアドバイスをしています。)
実際、今晩のフランス人はブラックのジャケットやタイが多く、お洒落していることは確かである。
しかし正装ともちょっと違う。
パーティ馴れしていない日本人には難しいかも知れない。

Dinner中、世界のクルーズ紀行の取材があった。本日はCocktail Partyに続き時間が集中してRestaurantに人が流れた上、Captains tableを中心としたスタッフのパフォーマンスがあり、傍目からは間の抜けたようなDinnerであった。
少なくとも1年前のLe Borealにはセレブ(皇帝ペンギンの1年間の生活を描いた映画で第78回アカデミー賞受賞のLuc Jacquet氏)が乗船したが、このような騒ぎはなかった。
フリーシーティングではあるが私の席はいつも母の好みのテーブルを担当のWaiterが覚えていてくださり、カメラの死角でもあった。(笑)

October.16.2013

アッと! Sea

乗船初日、18時から4Deck Theaterでクルーズディレクター、キャプテンの挨拶、エンターテイナーの紹介があり、乗客構成が発表された。
Deluxe stateroomsそれによると今回乗船の日本人は37名、旅行業関係者を含んでの数であるとおもわれる。
キャプテンの日本語での挨拶も、残念ながら日本人の姿は見えない。
何故なら、日本語の船内新聞ではこのプログラムが省かれており、英語の開始放送に気付いた人は少なかったのではないか。
 
フランス語、英語のボートドリルが終了すると同時に出航時刻(19時)となったが、日本人のみ日本語での説明が再度あり、出航を見ることはできなかった。

キャビンに戻って間もなく、ディナーが始まったが人の流れを考慮して2Deck Restaurant L’Eclipseへ向かった。
ダイニングの スタッフは明らかに少なく、空いている割にはタイミングを得たサービスとは言い難い面もあった。この辺は乗船初日なので多目に見るべきであろう。
 
ディナー後キャビン備え付けのGUIDE(しつこいようであるがきちんとした乗船ガイドは配付されず、フランス語、英語のものである)を調べ、レセプションでクレジットカードの登録後、240分60ユーロのInternetカードを購入、wi-fi接続しログインした。
 
Wednesday, October 16th 2013
Day st sea
 
関東直撃の強い台風26号は日本海側にも波高5mという時化をもたらした。2Deck Restaurantにて時折海面が窓を越えるのがわかったが、不思議な体験である、傾いているのは船ではなく、海のほうなのだ。Le Solealは乗り心地を損ねることなく、金沢へ向けた航海中である。※2)
 
本日のランチはSeafood Buffetであった。詳しい内容はここでは省略するが、一例を上げると、たっぷりの身が締まって色鮮やかな茹でたらば蟹に始まり、メインの肉厚なTuna steakなどのGrilled料理はテーブルでorderを取り、焼き加減を伺ってから調理された。

Library一日1~2回、6DeckのSalon Panoramiqueに日本人コーディネーターが待機しているというので、訪ねると明後日寄港の境港の資料が戴けた。
どうもここに来た者だけに資料を配っているようだ。
乗船初日の17時半には船内ツアーがあったので、デッキプランは参加者だけに配ったのかも知れない。
しかし、貴重な時間であるからプログラムに拘束されるつもりはない。
 
午後はHammam(スチームサウナ)で過ごす。
Le Solealでもっとも進化を感じたのはスパの施設で、トリートメントのプログラムの一部であったHammamは、男女別の更衣室を持つ自由に使える空間へと拡張された。
 
Night showはRussia Musicとあったのだが…
突如、3Deck Loungeから4Deck Theaterに変更され、ユニークなダンスが披露された。
 
※2)

October.15.2013

What time is embarkation from?

Tuesday, October 15th 2013 / Overcast
Otaru, Japan

この手の乗船は初めてではないが、今回は少し勝手が違った。
 
まず、クルーズ ドキュメントが簡素化されたこと、カジュアル クラスの客船なら驚くことではないが、昨年、Le Boreal乗船の際に頂いた素敵な革のポーチもLog bookもなく、agentから受け取ったのはA4用紙のコピーのようなEmbarkation Couponと停泊地の地図、A4用紙2枚の日本語に翻訳されたダイジェスト版とも言うべき乗船ガイド、英文用紙1枚のクルーズスケジュール、同じく英文のエクスカーション ガイドなどであった。
 
留守宅から船への緊急時連絡方法が記されてないことに気付き、こちらで調べればわからなくもないが、agentさんの役目ともおもうのでメールにて教えてもらった。
 
Embarkation CouponにはLAST BOARD ”17:00”と記されていたが、17時から乗船開始になりますと日本語の案内が添えられていた。
間違いではないかと問い合わせたが、理由がわからぬまま、17時からであるとだけ回答があった。※1)PSC(Port State Control=国際条約に定める技術基準の立入検査)ではとの噂もあったが定かではない。
日本語の乗船案内には乗船締切時刻が記されていない(実際はfrom 16:30 to 17:30であったようです)ことも気掛かりであった。
 
宿をチェックアウトしたあと行くあてもなく、ヴェネチアン美術館のヴェネツィアーノというCafeから、第3埠頭のソレアルが見えた。
母の港で待ちたいという希望に、タクシーで埠頭に向かう。
待合所などはつくられてなかったが、船のスタッフにPassenger?と声を掛けられ、Yesと答えると船内に導かれた。
Main LoungeReceptionでPass Portを預けたのちCan you speak English?と聞かれ、自信はないが船内配置は頭に入っていたので(今回agentからの書類にデッキプランは入ってなかった)Yesと答えると、乗船手続きを待つ外国人を含む乗客の集まる3Deck Main Loungeでの待機を指示された。
16時には飲み物やカナッペが提供され、税関職員の到着によりクルーズ カードが手渡され、それぞれの客室へと案内された。
この間、日本の関係者はまだミーティングの最中であった。
 
寄港地観光は乗船日に申し込むよう(sold on board)付箋が付いていた。
但し金沢のExcursionは20時締切であり、ボートドリル(18:30)やディナー(19:30~)の流れを考えると時間が足りないであろう。
コースによっては既に手配が締め切られていることも考えられるので、寄港地のタクシー会社を調べ、オリジナルで計画を組んだ。
 
少々辛口のスタートを切ったが、日本窓口のH氏は仕事ができる人で、乗客の視点に立った宅配サービスの手際のよさなどはこれまでの経験からも特筆に値する。
明日のAt Seaはのんびりさせていただきますので、次は時期未定ですがきっと美味しい話題をお伝えできることでしょう。
 
※1)

October.14.2013

From Otaru to ride on French ship

日本にはかって、1989年当時”The Berlitz Complete Guide to Cruising and Cruise Ships”のRating(格付け)で常にトップの座にあったSea Goddess(現SeaDreamⅠとⅡであり、それぞれ1984年および1985年にノルウェーのSea Goddess CruiseによりWartsila, Helsinkiで建造され、1986年から1998年までの期間はCunard Lineにmanagementされていた)に学び、当時の昭和海運をオーナーとして我が国(日本鋼管津製作所)において建造した おせあにっく ぐれいす という名の小型高級クルーズ客船があったが、日本近海における海象は厳しく、わずか8年で撤退を余儀なくされた。

あれから16年、同じように南極探検家達を悩ませ続けてきたドレーク海峡における苦難の日々を快適な美食の航海へと変えつつある、最新のtechnologyを搭載したPonantのスタイリッシュな客船、”Le Soleal”が明日、小樽にやってくる。
何か大航海時代のようである。
初来航に選んだ季節は実りの秋であると同時に、WIPHA(2013年10月11日にマリアナ諸島付近で発生した台風26号)の今後の進路によっては希少な体験となるかも知れない。
 
7月、”Sun Princess”のクルーズでは母の体力的な問題もあり、小樽の土を踏まず、温泉に入ることもなかったので、前泊地は朝里川温泉の個性溢れる宿とした。