September.09.2008

サウザンプトン

8月27日(水)
 
静かな朝です。
QE2の着岸はタグボートによって行なわれるため、静かに入港の時を迎えています。
Britannia Grill
今朝はとくべつ早起きすることもなく、いつものようにまずは船内探検に出掛け、撮り残したクィーンメリーの模型とお世話になったブリタニアグリルの我がテーブルを撮影しました。
 
このグリルはクォーターデッキの前方右舷に位置しながら、入口がひとつ上のアッパーデッキにあり、隠れ家のような落ち着いた雰囲気のレストランです。
母は足が悪いため、階段を使わずカロニアレストランを通り抜けさせてもらっております。
プリンセスグリルは同じく左舷側にあるレストランです。こちらはデッキプランには載っていませんがCのリフトが直通しています。
 
グリルは1回制ですが、事実上オープンシーティングです。(後日、英語の乗船案内でありますYour CUNARD VOYAGE guideを取り寄せていただき確認しましたところ、Any time between 19.00-21.00になっていました。)
1840年7月4日、ブリタニア号(1,154t)の就航によりリバプール-ハリファックス間に郵便輸送を目的とした定期航路が開設され、キュナードの歴史が始まりました。
当時は冷蔵庫が無く、家畜を一緒に乗せ食料としました。
グリルの入口に飾られたブリタニア号の甲板には新鮮な牛乳を提供するための牛が一匹乗っています。
この牛は横になってしまい、ユーモラスな姿は話のタネになってます。
 
QE2のような伝統的なオーシャンライナーに乗船できたことは幸運でした。
Piano
さて、日本へ送ったメールはどうなったのでしょう?
9月3日、彼のwebに次のようなメッセージがありました。
「皆さんのその優しさを力にしてこれからも頑張っていきます。」と
僕は彼の「頑張ります!」を応援してますとメッセージを送っていたのです。
さらに翌日、僕の好きな蝉ネタを書いてくれました。
お礼に1枚追加しましょうね。
RMS Queen Elizabeth2
RMS(Royal Mail Ship or Steamer)の称号はイギリスの郵便を運ぶ汽船に与えられてきたものです。
じつはAir Mailと書かなかった、この洒落、気付いてくれないだろうなぁ!!

September.07.2008

童心に返って

8月26日(火)
 
歓送の放水Portholeって知ってますか?
オーシャンライナーには欠かせないアイテムです!
この窓には歴史があります。
今までどれくらいの乗客が出航のセレモニーをこの窓から眺めて行く手に思いを馳せたことでしょう。
 
something to remember your waiters,…
昨晩のフェアウェルディナーにおいて、この航海中にブリタニアグリルで出された料理のメニューが記念として手渡されました。
やはりひと言添え書きがあると嬉しいです!
 
ディナーを挟むような形で19時30分よりクィーンズ・ルームにおいてキュナード ワールドクラブ(リピーター組織)のカクテルパーティが始まり、22時からは同ラウンジにおいてマスカレード ボール(仮装舞踏会)が行われました。
 
大人の雰囲気です!!
masquerade ballとは仮面などを身に着けて行われる舞踏会(ballroom dance)のこと、愉快なパフォーマンスをする人がいたりインストラクターによる華麗なダンスのデモンストレーションがあったりで見てるだけでもやっぱり大人の雰囲気、いや遊びです。
 
QE2は下が5デッキ、上へ1デッキ、さらにその上にクォーター、アッパー、ボートデッキがある伝統的なオーシャンライナーのつくりです。
前方より後方に向かいA~Hの階段がありますが、Aの階段はボートデッキから3デッキまで、Bの階段は2デッキから5デッキまでというように、全ての階段が全ての階を通っているわけではありません。
さらにC階段のようにちょっと隠れているもの、リフトの場所が異なるものもあり、それらをうまく使い船内探検するのは童心に返るようです。
5デッキでは最も複雑にキャビンが入り組んでおり、ジャック、ローズとラブジョイの鬼ごっこ(映画:TITANIC)が真似できそうです。
でもこの階は、防水扉とか昔はむき出しでしたから、化粧板を貼りきれいになりましたね。
しかし本当は2004年にクイーンメリー2が就航し引退するはずだった、床は絨毯で覆っているけどかなり年齢を感じます。
 
10年の間に船内通貨がポンドからドルに替わり、2デッキのG階段後方に2台の両替機が設置されました。
 
昨日、観光の前に1万円をユーロに両替しました。
レート 0.0051
1ユーロ196円とべらぼうに悪いレートです。さらに1件につき2.50USドルの手数料を取られ、実際に手にしたのは45ユーロと7.75USドルでした。(1USドル(115円)に対し0.5865ユーロ=1.7:1、市場最高値を記録した7月のユーロ対ドルは1.6:1でした。)
海外では金銭感覚麻痺します!!
 
改めてQE2ってすごいなぁとおもいます。
だって39年間働き続けているんですよ!!
 
今日は最後の寄港地、ガーンジー島です。
本船は沖に止まり、テンダーボートで往復します!
僕は乗船してから毎日6時前に起きています。
以前も書きましたが日の出が遅いので、ほとんどの人はまだ寝ています。
乗船前には毎朝7時30分のウォーキングに参加する目標を立てていましたが、一度も実行できていません!
 
ウォーキングはあきらめました。
スパの制覇とスコーンは頑張ります!!

September.04.2008

ドライブ

8月25日(月)
 
昨日のトラムの料金は誰が払ったのでしょう?
ヨーロッパのほとんどの都市の公共交通は、事前に切符を買い求めて乗車するシステムになっております。
ビルバオのトラムの1回券は1.00EUR(約168円)です。
ところが添乗さんは車内で買えると思い、ずっとお金を握り締めていたそうです!
これやばいでしょ!
 
毎日午後4時になるとグリル ゲストである人々はクィーンズ・グリル・ラウンジに集まり、焼きたてのスコーンと共にウェッジウッドのカップでダージリンティーを楽しみます。
白手袋をはめたウェイターさんがサンドイッチを乗せたトレーをもってクロスの掛かったテーブルを回ります。
スコーンは別途注文しなければ食べられません!
スコーンは小皿にひとつづつクリームとジャムを添え運ばれます。
 
出遅れるとスコーンはありません!!
 
席がいっぱいになってしまったら、カウンターの先の待合席で案内されるのを待ちます!
僕はカウンターに積まれた焼きたてのスコーンを目にしてます!
お預けを食らった子供のように、心の中はどきどきしてます!
 
今日は完全に出遅れました!
1勝1敗です!

なぜなら今日は船会社の用意したツアーでメドック(Médoc)をドライブしました。
メドックはボルドー地方でも、最も偉大なワインを産出する地域(地区)のひとつです。
 
低い葡萄の樹が並ぶ広大な緑の丘陵がどこまでも続き、開放的です!
太陽の下は気持ちいいです。
ぶどうさんも気持ちよさそうにぶらさがっています。
 
ドライブの後、Begadanのシャトー・ラトゥール・ドゥ・ビー(CHATEAU LA TOUR DE BY)を訪ねました。
シャトーとはここでは葡萄農園を指します。
ジロンド川を背に広がる素敵な農園をかわいい塔の上から見学した後、ワインの製造過程の説明を受け、数種類の赤ワインを試飲しました。
小さなワインを船に持ち帰り、楽しみがまた増えました。

September.02.2008

キャンセル

8月24日(日)
 
イギリスとスペインの間には1時間の時差があります。
時差調整は深夜に行なわれますが、出航したその日に1日が23時間となってしまったため、僕は寝不足のままです。
でも遊んでいるときは時間を忘れてしまいます。
昨日はパターゴルフやダーツトーナメント、デイビット・パーキンス(D.W.Perkins)船長主催のカクテルパーティなどがありました。
彼は2006年5月に最後のQE2キャプテンに就任しました。
そして今年7月に女王陛下が訪船された際に案内役を務めました。
ビッグマンとよばれるそのキャプテンと握手を交わしました!
最近では衛生上の理由から、キャプテンが乗客と握手を交わすことは珍しいことです。
 
今日は7時にビルバオ(Bilbao)入港のため、頑張り起きました!
船のモーニングコールは面倒なので、携帯のアラームをセットしています。

ここでは7時20分を過ぎて日の出を迎え、21時ごろ日没します。
早朝、都会で忘れかけていた月の眩しさも感じることが出来ました。
 
郵便物は出航1時間前までにパーサーズオフィスに持ち込めば、寄港地で投函されます。
 
QE2のロイヤルプロムナードもブックショップも、かっての英国センスが感じられません!!
Birthday presentは、QE2がスケッチされたcardを贈ることにしました。
 
Air Mailと書き忘れてます!
9月2日に届くことを願ってます!
 
今朝はゆっくりしたいので、昨晩のうちにルームサービスのオーダーシートをドアノブに掛けました。
ビルバオではグッゲンハイム美術館に行く船会社のツアーを申し込んでおりましたが、旅行会社の添乗さんがシャトルバスを利用して行こうと言うので、キャンセル待ちで取れたチケットを再びキャンセルしました。
 
母のため車椅子を借りており、4デッキ右舷後方から下ろしてもらい、シャトルバスの下に積み込みました。
 
街は日曜日のためほとんどの商店、市場がお休みです。
グッゲンハイム美術館はアメリカの ソロモン・R・グッゲンハイム財団の設立したグッゲンハイム美術館の分館のひとつです。20世紀の近代・現代美術を中心とした展示をしていますが、建物の印象が強すぎて中にあるコレクションがかすんでしまうと言う人もいます。そのグニャグニャの外観とミュージアムショップを覗いて旧市街へと散策しました。

サンタンデール駅付近からビルバオ川、旧市街にかけて人通りが多くなり賑やかです。
お祭りのパレードのようです!!
 
人が溢れた旧市街の狭い道路を背の低いノンステップのLRT(トラム)が平気で走り抜けます。
この辺りは単線軌道になっており、両方向からイモムシのようにやってきます。
信じられません!!
 
昼時路地を入ったカフェで生ハムをつまみにビールを飲み、このトラムにも乗りました。
 
今日は18時に出航してログを書いています。
明日はル・ヴェルドンです!

August.30.2008

大西洋を航海

8月23日(土)
 
昨日は王室と関係の深いウェストミンスター寺院を訪れました。
1953年6月2日、後にQE2の名付け親となる現女王陛下の戴冠式が行なわれた場所ですので、クルーズと合わせ訪れるのは、意義あることだとおもいます。
ただ、サウザンプトンに早く行きたいという思いもありました。
 
乗船開始が14時15分からで、サウザンプトンのホテル グランドハーバーでしっかりした昼食を食べました。
1人前の量が多かったので、オックスフォードのグレープス パブリックハウスのランチ(HP:ポテトのポ/クィーンメリー2参照)でもよかったかなぁと思います。
15時を少しまわったあたりでQE2ターミナル(Queen Elizabeth II Cruise Terminal – Berth 38/39)にてあまり待つことなく乗船し、国際海事法で定められたボートドリル(避難訓練)の後ほぼ定刻の17時過ぎに出航しました。
船は左舷付けで、2デッキのMIDSHIPS LOBBYからの乗船でした。
 
僕は今朝はキャビン(客室)の窓から海を眺めログを書いています。
10年ぶりに我が家に帰ってきたようです!!
なぜかと言うと、QE2の船内が複雑なのに全く迷いません!
 
僕のキャビンは2デッキ左舷後方のG Stairwaysとロイヤル・スパに通ずるF Stairwaysの間にあり、何処へ行くにも大変便利です。
ウォークインクローゼット付きのキャビンには楕円形の窓が2つあってかわいいです。
バスアメニティはGILCHRIST&SOAMES(ギルクリスト アンド ソームス)です。
QE2は古いタイプの客船ですので、キャビンの鍵とクルーズカード(IDカード)が別々になっています。
 
スペインのビルバオ(Bilbao)に向かい、今日は一日中大西洋を航海します。
 
ビルバオの次の寄港地がフランスのル・ヴェルドン(Le Verdon)に決まりました。
ラ・ロシェルとは直線距離にして50mile弱程ですが、どちらも僕は訪れたことありません!
メドックの観光も用意されています。楽しみです!
Cunard Royal Spa
最近我が家ではスパがブームです。
キュナード・ロイヤル・スパには男女別サウナ、スチームルーム、テラソテラピープールなどがあります。
プールは1日$15ですが、4日分を先払いで$40(+15%のサービスチャージ)になりました。
スパのある6デッキにはFのリフトがスパの営業時間(8:00~20:00)のみ止まります。
 
今日は目いっぱい遊んでからスパでリフレッシュします!!

August.29.2008

今日からクルーズ

8月22日(金)
 
Kensington Rdロンドンはケンジントン・パークの隣に位置する
ロイヤルガーデンにスティし、
ケンジントン・ロードと1本の木を眺めログを書いています。
 
今年の夏は猛暑が続き、
早くから計画的に荷物のパッキングを進めていたものの、
ここに来るまでかなり疲れました。
自分は飛行機に乗ると寝ているうちに目的地に着くタイプなのですが、
昨日はよく眠れずにとても長~く感じました。
寝不足に陥り食欲も落ちているのに、
機内食が3回も出ました!!
 
今朝ほど霧雨が降りました。
気温は20度前後、過ごしやすい朝です。
 
頑張って朝食を済ませ、
ウェストミンスター寺院を見学してから
QE2の待つサウザンプトンへ向かいます!
 
今日からのクルーズにまたひとつ心配事?というか、
僕にとっては楽しみが増えました!
 
フランスの漁業関係者がストライキを起こし、
ラ・ロシェル(La Rochelle)に入港できないらしいのです。
QE2は入港にタグボートの支援を必要とするため、
影響するのです。
もしラ・ロシェルに入港できなかったら、
ビルバオの次、船はどこへ向かうのでしょう?
楽しみです!!

August.15.2008

クルーズのタブー

海外クルーズで絶対しちゃいけないとおもうこと、それは不機嫌な顔です!
 
欧米ではどういう理由であれ、嫌われます。
 
彼等から見れば、クルーズは人生の最も楽しい時間の一部であり、そのような場にふさわしくない顔をするなんてマナー違反よ?ということになるのでしょうね。

僕も初めてクルーズしたときは洋食のマナーとか本で勉強しました。
昔、ライスをフォークの腹ですくうか背にのせるか本気で悩みました。
ところが、外国人だって細かいところじゃ千差万別!見た目がよければそんなのは大した問題じゃないんですね。
 
見た目がいいの?宗教的なものに関係するんですかねぇ。
感謝祭とかやりますから、食べられることの幸せ感じてますよ。
 
日本人だって家族揃って手を合わせて「いただきます」、遠い昔か。
 
最近気になる人!
 
その人は、すっごくおいしそうに食べるんですよ。
彼は左利きであり、箸を持つ手がどうのこうの言うのはナンセンスです。
彼は嫌なことがあっても切り替えが早く?その笑顔には本当に癒されます!!
僕には真似できません!
 
因みに同じ学校に通ったらしいのですが、面識はありません。
絶対にあるわけありません!
 
そりゃ納得いかないことだってありますよ。
 
先日申し込んだオプションの寄港地観光について、その後連絡がなく心配で問い合わせたら、「定員に達しているためおとりできません」だって!!
 
理由を日本代理店に求めると、
1.エクスカーションの案内(冊子)が船便で送られて来るため、届くまで1週間程度かかる。
2.それを日本語に翻訳するため、さらに日数がかかる。
後者は英語版が届いた時点で送ってもらうことも可能ですが、キュナード社はカーニバルグループ入りした後もエクスカーションの申し込みのオンライン化などでは遅れを取っており、現時点では欧米の旅行者が有利なようです。
 
言いづらかったんでしょうかねぇ?
 
乗船してからこのこと知らされたら、自分やっぱり嫌な顔になっちゃうとおもうんだけど。
 
さあっ、早く忘れよっと!

August.03.2008

リゾート気分で

QE2乗船まで3週間。先日、旅行会社の担当さんとお話しする機会がありました。
フェアウェル シーズンに入ったら、ドレス コードからカジュアルが消えた?そうです。
 
どこかに寄港してても夕方18時以降はフォーマルかセミ フォーマル!
 
クルーズなら他の船もある!きっとみんなQE2そのものが目的で集まるんだろうなぁ!
 
それに応えるように航海中2つのテーマナイトが計画されております。
やっぱりQE2はタキシードがもっとも似合う客船ですよ!
 
久し振りに緊張するなぁ!
 
ショア・エクスカーション(寄港地観光)は船内ライフを楽しむ時間も残したいので、半日観光を基本に選びました。
 
プールサイドでデッキチェアに身を沈め日光浴したり、潮風に吹かれながらクラシカルなゲームにチャレンジする!そんな時間が好きで、こないだVILEBREQINの真っ赤な海パン買っちゃいました!!

July.22.2008

好奇心

クルーズが退屈と思う人は、たぶんその人の人生も退屈なんだとおもいます。
 
ふつうの人は、あの船のサービスが良かったとか、居心地が良かったとかで特定の船のリピーターになるのでしょうけど、僕は積極的にいろいろな客船に乗ってきました。
 
小型船、大型船、モーター べセル、スクリュー スチーマー、セイリング シップ、”Berlitz Complete Guide to Cruising and Cruise Ships”で5つ星の船、カジュアルな船、オールドライナー、最新のリゾートシップ、リバーボート、探検船や砕氷船まで…
 
僕はこんなクルーズしています。
窓のないインサイドルームは経験ないけど、シャワーのみの一番安いカテゴリーの客室から、ときには母とスイートも体験させていただきました。
 
僕は船の構造上空いたスペースにできてしまったような、変な形の客室がとくに好きなんですね。
最近の客船は客室がユニット化されているものが大半ですが、ちょっと前くらいには最上階のボートデッキにポツンと、星空の見える客室なんてのもあったのです。
 
Queen Elizabeth2は中学生のとき、乗船できるとはおもっていませんでしたが、絶対大西洋で乗りたいとおもっていました。
QE2はアトランティック・オーシャン・ライナー(大西洋定期航路客船)だからです。
 
実現したのは’97年公開のタイタニックの映画があったから。
多くの方が抱く映画のシーンに憧れてということも全くなかったわけではありませんが、中学生のときに図書館で借りたSOSタイタニックの印象が強く、実際に北大西洋を渡って、空気というか、確かめたかったのです。
QE2は唯一の北大西洋航路を走る客船でしたから。
 
タイタニックの晩は異常でした。
タイタニック号の二等航海士であったライトラーは運命の日、海はまるでガラスのようだったと証言しました。
僕には見えません!!
そのような海を夢でもみたら、自分はふとんの中で氷山と格闘しているのでしょうか?
怖っ!

July.17.2008

贈りもの

夢?(豪華客船で旅行なんて)
 
時間とお金がある人しか行けない旅行なんだろうなぁ
 
と書いていましたね!!
 
QE2はクラス分けがあるから嫌だと乗らず嫌いの人もいます。
しかしそれは遥か昔の話です。
 
QE2にはシングルルームを含むバリエーション豊かなキャビンがあり、複数のデッキにカテゴリーが混在し、互いが干渉することもされることもありません。
 
バースデープレゼントの連絡が付かず、少しだけホッとしています。
(残念でもありますが)
 
だって、人にプレゼントあげることって、あとで気付いたんですけどすっごく大変なことなんですよね。
 
先ず、置き物みたいなもの。小さな頃お誕生日会がありプレゼントされた品のトップ3にランクされるとおもうんだけど、結構もらって困ったりする場合もありますよね!
 
ロゴの入ったTシャツは記念になりますが、たぶん君は街中じゃ着ないでしょ。
私はこの船に乗りアラスカ行きましたなんてね!
 
やっぱり普段さりげなく使えるものがいいとおもうのだけど、それって難しくないですか?
 
自分から約束しちゃって、ナイスプレゼントが見つからないスなんて、ちっともナイスじゃないよね。
 
サプライズ、いい言葉ですね。
 
I think life’s a gift!(映画TITANICの名台詞です。)
 
そしてTo making it (each day) count.今を大切に!
 
It brought me to you. And I’m thankful,

Next »