April.14.2022

日本一有名になった踏切

なっちゃんと待ち合わせ、撮影で鎌倉に同行しました。

SLAM DUNK(’90年代バスケアニメ)のオープニングを飾った鎌倉高校前の踏切。
江ノ電に2桁車両(10形以降)が登場するのは1997年の藤沢~片瀬間開通95周年以後で、この300形が一番しっくりする。
僕も長谷で素敵な写真を撮っていただきました。

April.10.2022

FAKE

格闘技界という僕には未知の世界・環境に身を置き、今までに4本のタイトルを獲得・活躍するT氏に、六本木飲みに誘われたが、今月は既に生活費オーバー汗
と伝えたら、Barの飲み代は心配要らないという。
いまひとつの問題は、23時からというパーティーの開催時間。
朝まで飲み明かすか、泊まるしかない(笑)
彼は自家用車の代行運転を依頼しており、適当なところで帰るらしい。
僕は近くのホテルに泊まることにした。

さて、気候も良いので、泉岳寺から10969を聴き麻布を経由して六本木まで歩いたが、起伏に富んだ土地はワクワクの連続だった。

FAKEとは、1997年に公開された六本木の雑居ビルに住む2人の若い女性を主人公とした日本映画を指す。(2016年公開の、森 達也監督の作品とは異なります。)
ママは自由に生きる映画の主人公と重なり、人生経験豊かで知性的且つ顔が広いので、アスリートの悩みや相談に乗ることも多いという。
そう言えばこの雑居ビルには、物語に出てくる探偵Barも存在するではないか。
FAKEでは探偵の手伝いをした主人公が麻薬密売絡みの事件に巻き込まれるが、月夜の怪しげな照明もストーリーを知れば、奥深く感じられた。

March.22.2022

鳶飛魚躍

こうちゃんから、青春きっぷを使ってどこか行ってみようと提案があったのは、今月初めでした。

春分の日、宇都宮、黒磯を経由して東北本線を北上、新白河の乗り継ぎで、鶏ガラ醤油ベースの澄んだスープと、縮れ麺が特徴の「白河らーめん」を食べ、郡山にて磐越西線に乗り換え今夜の宿を確定。

若松駅で下車して昭和町を経て博労町通りを若松城跡方向に進むと、宮泉銘醸という酒蔵がありました。
1955年創業の比較的若い蔵で、酒造りに重要な水を貯えるタンクが、南東側(写真左手)に並びます。

次に鶴ヶ城公園を、スマホ用カメラレンズを装着して撮影してみました。

自然石を組み合わせて積み上げた野面(のづら)積みの石垣。現在の天守閣は1965年の再建(外観復元)です。
写真ではわかりづらいですが、2011年の葺き替えにおいて、幕末当時の赤瓦に復元されております。

日本建築の粋を集めた旅館「向瀧」(1873年創業)、こちらも赤瓦葺きです。瓦に水分が染み込まないよう工夫された鉄分入りの釉薬(ゆうやく/うわぐすり)を施釉(せゆう)すると、焼き上がりが赤くなるそうです。

  1. 国の有形文化財第一号に指定された玄関棟は入母屋根木造二階建て、大正期の母屋を母胎に、昭和初期に会津の棟梁・本間辰五郎が改築を手掛けました。
  2. 瓢(ひょう)の湯の八角形と四角形の組み合わせタイル
  1. きつね湯入り口にある大理石削り出しの洗面台
  2. 地形を生かした有機的な建築設計
栄螺堂
江戸時代建立の、上りと下りが出くわさない二重螺旋構造をしたお堂です。
彫刻である3匹の龍が、構造物である建築本体に、ジャングルジムで遊ぶかの如く巻きつくという凝った装飾が施されています。
床に滑り止めの桟を打ったスロープ(時計回りの上り螺旋)が、太鼓橋を越えると反転します。下りのスロープ(右)は上りの天井になります。

画像をクリックすると拡大します。

February.11.2022

マス釣り

D君、T君が鍋割山、陣馬山の登山に続き、京浜運河での釣りに誘ってくれたのは、2019年2月10日、この日は夕方からPB101stの若者向け乗船者説明会と交流会があった。
2020年の11月、再び3人でアウトドア同好会が結成され静岡をベースに活動を始めるが、釣りに関しては長い間、お金のかかる趣味であることが重くのしかかるだけであった。
さすがに自分には向いていないと気付いたが、D君はそれでも言葉巧みに誘ってきた。
御殿場でトラウトのロッドとルアー数点を購入、翌日東山湖(管理釣り場)でスプーンを用い2匹、バニクラで3匹、デカブングでも1匹、合計6匹を釣り上げた!!(この日の3人合計は30匹)
恒例となった焼肉、T君は誰よりも美味しそうに食べることに長けており、いつしかまた一緒に会食したい、腐れ縁とはこういう間柄を指すのであろうか。

February.04.2022

てつてく

兵庫県は有数の鉄道高密度エリアで、技術的な見所も多数存在しました。
写真左上より時計回りに、別府鉄道土山線のハフ7形2軸客車(1918=T7年製造)、垂水の海神社(わたつみじんじゃ) 秋祭りの御神輿、神戸電鉄有馬線 鵯越(ひよどりごえ)の50‰(パーミル)勾配※1)に挑むデ300形(1960=S35年製造)、阪急電鉄における平面軌道交差(通称ダイヤモンドクロス)
※1. 現在では普通鉄道構造規則で新設する本線路の最急勾配は35‰以下とするよう定められています。

  • 別府鉄道はべっぷではなく、べふと読みます。兵庫県南西部の別府港と国鉄高砂線(1984å¹´12月1日付廃止)の野口駅および山陽本線土山駅との間で多木製肥所(現多木化学)の製品を運搬する目的で設置されました。旅客輸送は地元還元が主目的でおまけ的存在であったため、近代化されぬまま貨物との混合列車が1日4往復のんびり運転されていました。
  • 神戸電鉄300形は同社初の高性能車で、以後の増備の礎となった車両ですが、阪神大震災の起こる前年、老朽化のため廃車(形式消滅)されました。
  • 阪急西宮北口駅の平面軌道交差
    1984年に今津線が神戸線の輸送力増強に伴い南北に分断されるまで、神戸線と今津線は同駅構内において平面交差しており、合わせて1日に約660本もの列車がダイヤモンドクロスを横断しておりました。

撮影:1982.10.12

February.03.2022

PAPIN

本州四国連絡橋が架かる以前は、東から四国へ旅するには、大阪の弁天埠頭から出航する関西汽船を利用するか、岡山を経由して宇野ー高松間に運航されていた宇高鉄道連絡船を利用するのが一般的であった。
その他にも和歌山港と小松島港を結ぶ南海フェリーや、下津井ー丸亀航路など、それぞれに長い歴史を持った航路が存在したが、先の2つのルートは、国鉄発行の四国ワイド周遊券の乗車経路として利用することができた。
旅の途中で岡山に立ち寄ることもあり、一房数千円もするマスカットをご馳走になったこともあった。
あるとき※1)、国道2号線を倉敷に向かったところに、PAPIN(パピン)という喫茶店が出現し、話題になった。
外観が逆さまなら店内も逆さまで、鉢植えが天井から下がり、テーブルは水平なのだがカップや椅子などあらゆるものが傾斜しているから、平衡感覚が狂う。そのため気分が悪くなる人も出たというが、当然ながらトイレも傾斜していた。(笑)
あまりに目立ちすぎたため交通事故が多発し、バブル崩壊とともに早々に撤去されたが、すべて斜めにゆがめて建てたのは建築学的にも類がなかったという。
※1. 月刊太陽1980年8月号に、「去年秋の開店」との記述があります。

1983.12.23
すべらぬ灰皿が昭和です。
傾いているのはコーヒーカップ、バスケット、間仕切りのほうです。

January.31.2022

å±±Day

2020年も残り2か月を切ったある日、D君とT君から連絡があり、年末年始を伊豆で過ごすとともに、2月から4月にかけ登山に誘っていただいた。
併せて、約40年前の阿蘇山の姿をご覧ください。阿蘇の草は大切な資源であり、千年ともいわれる長い間、自然と人々が共生し、生態系を維持してきました。今、生活様式の変化から野草地は減少し、世界でも阿蘇にしかない植物の生育が危機に瀕しています。

2021.4.12
天城山縦走路
1983.10.11
阿蘇山杵島岳
阿蘇五岳の1つ:標高1321m
1983.10.11
米塚:標高954m
神話では阿蘇神社の祭神である健磐龍命(たけいわたつのみこと)が収穫した米を積み上げて山を造ったとされ、頂上のくぼみは米を掌ですくって貧しい人々に分け与えた跡とされます。

かつて米塚一帯で放牧が行われており、真ん中にある筋は昭和7(1932)年頃から、人力で土を積み上げ構築された土塁と呼ばれる境界線で、放牧場と採草地を区別し、牛や馬が乗り超えることはできず、囲いの機能を果たしています。

January.17.2022

大正ロマンの宿

東京でオリンピックが開催される直前の7月の週末に、伊勢原の友人Tさんの提案で江戸村で遊ぶことが決定し、H君の運転で日光から約20kほどの距離にある鬼怒川温泉を目指しました。
バイキングで料理を提供するバブル期の延長のようなホテル・旅館はなんか違うなあと、温泉街からやや離れた位置に佇む別荘のような、河原で遊べる「松や」さんに宿泊、建物は少々古びているが、大変すばらしいおもてなしの宿で、すくすく伸びる赤松が印象に残りました。

鬼怒川の支流「古釜沢」の水が流れ落ちる古釜の滝
客室から
日光江戸村
忍者仕掛迷路(からくり迷路)
1910(M43)-1968(S43)の間、日光駅前から馬返までを結んでいた日光軌道線に1953年登場した109号ボギー車(岡山電気軌道で2012年まで使用され、集電装置をZパンタ化してます)

2021.8.1 – PB101st 地球一周帰国2周年

世間はゴジラより、Covid-19第5波により発令された、4回目緊急事態宣言の延長と令和の禁酒令に疲弊していた。

12月19日、短い時間であるがオーストラリア離脱メンバーのM君が上京し、日経トレンディの「2021年ヒット商品ベスト30」入りした「昭和レトロ」な遊園地でゴジラvsキングギドラのシミュレーションライドを体験した。

仙台市電(1926(T15)-1976(S51))に1952年登場した117号(長崎電気軌道で2019年まで使用)を1960年代都電色に!
夕日の丘商店街ノ
鹽田屋(しおたや)乾物店

December.31.2021

気紛れ雪見だいふく

2020.11.24、地球一周メンでギタリストのRyotaさんの出演するZipRipFuzZのライブが赤羽ReNYであり、その夜共に駆け付けたSさんと新宿バスタから旅立ち、彼の弟がいる宮島のゲストハウスを訪ねた際のカットから、ゆく年くる年風にまとめました。

厳島神社
御笠浜と1905(M39)年創建の石大鳥居
深夜、不明門のあたりにて
2019(R元年)7月20日から始まった「大鳥居の修理工事」による仮設桟橋と、メッシュシートで包まれた囲いがライトアップされ、パリの凱旋門を見るようであった。
火焼前(ひたさき)と大鳥居
折上小組格天井の美しい祓殿(はらえどの)
反橋
幸せを呼ぶ白たぬき
島民でも姿を見られるのは珍しいという。
雪見だいふくのアイスのような毛並みからユキミちゃんという名がつけられています。

December.08.2021

20世紀の光と影/ 三池炭坑

貝塚公園に展示されている、九州特急に使われた寝台客車を見に行きました。
今から半世紀前、九州各地と東京を繋いでいたのは東海道・山陽路をひた走る幾本もの夜行列車でした。
その中でも、当時最新鋭の、空調付き固定編成の20系寝台列車は※1)動くホテルと称され、当時の人々の憧れでした。
※1.1898年の山陽鉄道時代から1976年に廃止されるまで、優等列車には「列車ボーイ」といわれる給仕が乗り、寝台車ではベッドメイキング(今でいうターンダウン)などのサービスがありました。

滞在が伸びたので、西鉄に乗り換え大牟田に行き、もう1ヶ所の世界遺産、三池炭坑宮原坑を訪ねました。
高島、端島が三菱であったのに対し、三池炭坑は三井財閥が明治政府より購入して近代化が進められました。

炭坑は地下水との闘いで、昭和6年までは国の内務省が設置した三池集治監に収監された囚人を採炭労働に使役させていました。
現存する第二竪坑はその後坑内水の汲み上げと定期点検に使用され、1997年の三池炭坑閉山後も蜘蛛の巣状に張り巡らされた坑道を伝って機械を運び出すのに、2000年まで稼働しました。

廃墟を観光資源化した長崎市と異なり、大牟田市は三井からの無償譲渡提案を断ったといわれますが、幾つかの施設が世界遺産に登録されたことにより、国から管理を委託され公開しております。
同市出身で無料ガイドを務める川口晴久氏に案内していただき、炭坑節に見送られ、帰路につきました。

宮原抗跡第二竪坑施設と三池本線鉄道敷跡
竪坑櫓 高さ22.05m深さ約160m
1901(M34)年、イギリスから輸入された鋼材を使用したリベット止めラチス組み
2基のケージ(昇降機)を備える
ひとつの捲揚機で、ロープが一方(手前側)は上から、もう一方(奥側)は下から巻いてあり、同時に2台のケージを動作させ、一方が上がると、他方は下がる仕組みになっています。
巻胴は左右のロープが干渉しないよう、中心から左右に向け勾配がついています。
動力は蒸気機関から、1933(S8)年にモーターに置き換えられました。モーターの左(奥)に、ケージの位置を確認するメーターゲージが見えます。
炭がん(炭車)が逸走して勝手に抗口に侵入するのを防ぐ安全装置(傍のペダルを足で踏むことで解錠)と、鉄板が敷かれた場の頭上には交差して架台、天井クレーンがあり、ここで方向転換を行ったようです。
第二竪坑の排水管
かつては坑内排水のために蒸気動力のデビーポンプが2台設置されており、今もデビーポンプ室の一部外壁(右手)が残っています。

Next »