November.20.2006

12) プライベートに設定したフォルダにアクセス許可を与える手順

mv Sapphire Princess通常、Dドライブに置いたフォルダは誰からでも見えてしまうため、マイドキュメントなどをDドライブに移した場合はプロパティの共有タブを開き、「プライベートに設定」にチェックを入れます。
プライベートに設定したフォルダとサブフォルダはOSを再インストールした場合、パスを移動させただけでは、「アクセス許可がありません」と警告され、開くことができません。
アクセス許可は次の手順で取得します。
1)適当なフォルダを開き、フォルダオプションの「表示」タブをクリックし、「簡易フォルダの共有を使用する」のチェックを解除する。
2)管理者ユーザーでログオンして、対象のフォルダのプロパティからセキュリティータブを開く。
>グループ名またはユーザー名の「追加」をクリック
>「選択するオブジェクト名を入力~」にユーザー名を入力する。
>「名前の確認」(コンピューター名が追加される♪)
>「OK」
>アクセス許可のダイアログボックスで許可を付与する項目にチェック。
>「適用」
もしグループ名またはユーザー名の追加ボタンが押せない(非アクティブ)場合
「詳細設定」>監査タブ>「追加」>「選択するオブジェクト名を入力~」にユーザー名を入力>「名前の確認」>「OK」以下同上
3)サブフォルダのある場合
アクセス許可タブで「アクセス許可エントリを選択し、「子オブジェクトすべての~」チェックボックスにチェック>「OK」
4)所有者の置き換え
>所有者タブ>「所有者の変更」で名前を選択>
「サブコンテナとオブジェクトの所有者を置き換える」にチェック>「適用」
なお、Cドライブのリカバリー後にDドライブのマイドキュメントにパスを移動させる場合、上書きさせないためには「元のドキュメントを移動しない」を選択します。

November.17.2006

11) クラシック表示のXp-Proのログオンユーザー名を変えるには

ハマ来い踊りXpにはユーザー名とフルネームという、ふたつの表示があります。
ユーザー名は最初にアカウントを作ったときに登録され、コントロールパネルから変更できるのはフルネームのみです。
ようこそ画面ではフルネームが表示されますが、クラシック画面にするとユーザー名が表示されます。
ユーザー名を変更するには新たにユーザーアカウントを作り、今までのものを削除するしかなさそうです。
しかし、これを実行するとマイドキュメントフォルダも削除されてしまいます。
そこで、マイドキュメントのアクセス権限をまず新しいユーザーに移さなければなりません。
これは少々やっかいです。
マイドキュメントのプロパティのセキュリティータブでアクセス許可に新しいユーザー名を追加します。
セキュリティータブは通常隠れていて見えません。
(つづく)

April.29.2006

10) ユーザーアカウントピクチャーのカスタマイズ

image
Windows Xpのようこそ画面で表示されるユーザーアカウントに添付される画像をカスタマイズする方法です。
1.まず、写真、イラスト等からphotoshop等を用い48×48pixelのbmp画像をつくります。
2.出来上がったbmp画像を下記ディレクトリに保存します。
C\Documents and Settings\All Users\Application Date\Microsoft\User Account Pictures\Default Pictures
3.User Account Pictures(フォルダ)をエクスプローラーで開き、対象となるユーザー名のファイル(画像)を削除します。
4.新たにDefault Picturesのフォルダから好みの画像を選択し、コピー>User Account Picturesのフォルダに戻る>貼り付けます。
5.画像を右クリックして名前の変更>ファイル名を元のユーザー名になおします。
*私はスタートメニューをクラシック表示しているのでふだんユーザーアカウントの画像を見ませんが、コントロールパネルのユーザーアカウントをダブルクリックするとユーザー名とともにオリジナル画像が表示されます。

February.26.2006

9) フラッシュメモリーで new

AsukaⅡ(飛鳥Ⅱ)OSのリカバリーを行うとリカバリー後のアップデートも含め多大な時間と労力を要し、ハードディスクにも負担をかけてしまいます。できることならこのような事態は避けるべきでしょう。
パソコンが正常なうちにハードディスクの状態を丸ごと他のドライブにイメージファイルとしてバックアツプしてしまうソフトが市販されているので、導入しました。
どこででもバックアップ可能なフラッシュメモリーも大変便利です。セキュリティ対策が施された高速タイプがお勧めです。
フラッシュメモリーに入れておくと便利なファイルとしては、IEのお気に入りやアドレス帳などが代表例ですが、フリーのアプリケーションなどもインストーラーをコピーして収納しています。
ファイル転送ソフトを試用しましたが、頻繁にファイル名を変更したりフォルダを移動したりする人には向かないようです。(笑)

December.09.2005

8)環境問題!

天国への階段?長い間にパソコンは自分の使いやすいようにカスタマイズされていく。
‘私の環境’を取り戻すには、OSのリカバリーに次いでファイルの整理、アプリケーションの追加インストール、各種設定の変更など複雑な作業をクリアしなければならない。
カスタマイズの設定と手順はこまめにファイルに記録し、印刷しておいたことが役に立った。
Windowsのシステム関係をカスタマイズするにはセーフモードで起動させる必要がある。
Officeアプリケーションは再認証を取らなければならない。
ひとつひとつ問題をクリアしてはメモに取りバックアップ体制の見直しを図った。
(つづく)

December.08.2005

7)フォーマット

アクセス出来ぬマイドキュメントフォルダや見えないゴミファイルはシステムを再構築するうえで障害となるので、Dドライブのプロパティ>フォーマットを行った。(つづく)

December.07.2005

6)Update

Windowsのアップデート中にもちょっとしたトラブルが発生した。
ダウンロードを終えた更新ファイルのひとつがインストールできず、気が付けば「インストールに失敗しました」というログが増え続けていた。
対策としてこの問題ファイルを検索して見つけ出し、削除した。
数日後、再ダウンロードでは無事更新された。(つづく)

December.06.2005

5)大いなる失敗

ソフトウェアのプロダクトキーやパスワードはファイルをつくって管理した。
しかし頻繁に書き換わるファイルをその都度外部ディスク(バックアップCD)にコピーするのは能率的ではない。
次第にDドライブにファイルを置くようになる。
Dドライブのフォルダはそのままでは内容を誰でも見ることができるため、セキュリティ上プライベートに設定していた。
プライベートに設定したフォルダとサブフォルダは、OSを再インストールしたときにパスを書き換えただけでは開くことができないのであった。
ところがリカバリー初体験の私はこのことを知らなかった。
Dドライブ内のマイドキュメントフォルダはAdministratorのものも含め、ログイン後開くことも消すことも出来なかった。
焦った私はCドライブにフリーソフトの「復元」をインストールしてDドライブのクラスタ検索を試みた。
検出されたファイル数は11万8千点にも上ったが、このうちの約半数はキャッシュされたゴミファイルであった。
結果としてマイドキュメント内でサブフォルダを持たない僅か4ファイルを復元したのみであった。(つづく)

December.05.2005

4)リカバリー/後編

リカバリーはうまく行き、新しいマウスドライバーもカスタム設定にてインストールした。無線ドライバーを再インストールしてPCカードを使用できる状態にし、セキュリティーソフトのインストールとアップデートを行った。
これは我が家の無線LAN環境によるもので、インテル内蔵のものより、PCカードのほうが通信速度が速いからだ。(つづく)

December.04.2005

3)リカバリー/前編

もはやパソコンを強制終了するしかない。
そしてF8キーを押しセーフモードでの立ち上げを試す。
状況は変わらず、専門知識を持った友人に相談する。
2日後、Cドライブのリカバリーに踏み切った。
ハードディスクはパーティションで仕切られ、マイドキュメントフォルダはOSのインストールとは別のDドライブに移してあったので、最悪の事態は避けられるとおもった。

Next »