October.20.2005

Let’s go cruising/22

2500人もの乗客が3泊4日のクルーズ?
これを可能にしたのはロイヤル カリビアン インターナショナル社の先進的なオンラインシステムに負うところが大きい。乗客は同システムにより自宅にいながら予約を確認し、チェックインを行うことが出来る。
 
乗船した瞬間からリゾート地?
わが国の客船サービスとの大きな違いのひとつは、出航時間にかかわらず午後の早い時間(今回は14時)に乗船開始されることである。早く乗船した分だけ楽しめるのも外国船のいいところで、軽食を提供するカフェやプールエリアをはじめ、ミニゴルフコースやバスケットコートなどのスポーツ施設が人気だった。
クルーズに出ることはあたかもリゾートホテルにチェックインするようなものである。
 
Brilliance of The Seas クルーズのTop

October.19.2005

Let’s go cruising/21

ダイニングの怪?
さすがにこのクラスになると2人用テーブルは数少なく、隣室同士6人がけテーブルが指定された。メイン シッティングが6時半、セカンドは9時からとやや遅め。ところがテーブルによっては毎日7時に現れるとこ、7時半に揃うとこがあることに気付いた。当然こちらがデザートのときにあちらのテーブルはメイン ディッシュ、いや、若い男女が集まりビールを酌み交わしているだけのテーブルもある、これも進化か?
乗客の中心は20代後半から40代ぐらいとおもわれるアメリカ人とその家族、下船時の荷物に付けられたタグから、大半はエアーと組み合わせたパッケージ利用者だとわかった。クルーズ人口第2位のイギリスもがんばっている。地元スペインやフランスからも乗船し、船内放送や印刷物には各国の言語が用意された。日本語の船内新聞やメニューを必要とするなら、まず日本の総代理店か旅行会社でクルーズを申し込もう。
Brilliance of The Seas クルーズのTop

October.18.2005

Let’s go cruising/20

ゲームかギャンブルか?
日本ではBINGOはアトラクションのひとつであり、誰でも無料で参加することができるが、外国では宝くじのようにBINGO CARDを買うことから始まる。1回ものより1シートのほうが当選率は高く人気がある。当然1シートで20ドル程の金を払うことになるが、当選者は一人である。それでもおもしろいのは、司会者とお客とのやりとりである。当選者は一人でも、購入者の中からピックアップでオリジナルグッズをもらえることはある。私はこのゲームの中でクーラーバッグをGetしたが、中には100ドルを超える商品が詰まっていた。BINGO-Tシャツも人気が高く、このTシャツをプレゼントされた私の母は、直後にBINGOを当て周囲を驚かせた。
Brilliance of The Seas クルーズのTop