« | »

August.10.2006

excursion

朝6時起床、morning coffeeを飲みにDay Loungeへ、そのままBuffetのcontinental breakfastもいただく。
2時間程で下船というのに、あわただしさは感じられない。
8時に釜山港pier2、berth-№14に着岸、Cabin attendantがbaggageを集め、8時30分にMain Loungeで韓国の入国審査を受ける。と言っても、こちらはLoungeに顔を見せるだけ、全ては船側で手続きを代行してくれるので何もすることがない。
30分ほどで下船の準備が整い、Gangwayの下に待つTour busに乗り込み慶州一日観光に出発する。
今回釜山で下船する乗客にはexcursionがfreeでofferされた。短い乗船であってもClipperの余韻が楽しめる心憎い演出である。

Trackback URL

Trackbacks

Comments

今回はご乗船ありがとうございました!
狭い船内で、何かと不自由をお掛けしましたが、
お楽しみ、いただけましたか、、
また、海の上の再会を期待します。
本船はただいま、オーストラリア方面から
ニュージーランドにむかっています。
それでは、お元気で!

Chef Ichimuraさま、
Ocean Loungeにお越しいただきありがとうございます。

狭いなんておもいもしませんでした、厨房とは立場が違うからでしょうか?

ゆったりしたスペースがあり、最近の大型客船とはひと味もふた味も違うクルーズを楽しませていただきました。

スタッフ、乗客の皆様の区別なく、素晴らしい人生を送っている方々に出会えたことが、このクルーズ最大の収穫であります。

一昨日(10日)、今回のチャーターの実現に尽力され、また乗船中はいろいろお世話いただいたシニアスタッフのTS氏が退職されました。
どうもお疲れ様でした。

リンクのホームページでは船名をクリックすることにより美しい客船の写真がご覧いただけるようになっております。こちらはいろいろなからくりを用意しておりますのでご笑覧くださいませ。(編集済)

ご丁重な返信ありがとうございます。
退職なされたTSさんには、私も大変お世話になりました。先日私も送別会に参加しました。
クルーズの歴史を作り上げた人材の一人ですね。
また、ホームページを拝見させて頂きました
色々な船にご乗船なされているのですね。
クリッパーの写真は沢山あります。
近日中にHPに掲載します。
今後とも宜しくお願いします。
M/v Cipper Exectiuve CHEF Ichimura.

私も体調を崩し、お店は閉店しました。
6月に長崎~大阪~東京~仙台~函館まで
日本人CHEFとして、」RegentのSeven Seas Mariners
に乗船しました、さすがラグジュアリーSHIPの代表
ですね!ただ、和食はClipperの方が、上でしたね。
しかしながら、さすが、メインダイニングやコルトンブルーの料理は勉強になりました。

ご無沙汰しております。

Regentの船乗船してみたいけど、まだ手が出ないです(汗)

陸上のお店が閉店されたのは寂しいですが、船上で腕を振るうChefのコメントをいただき、嬉しくおもいます。

どうぞお体を大切に、これからもよろしくお願いします。

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>