June.20.2014

European vacations with Regal Princess/ 6

Veniceに向け最終日の午後、チャリテイ ウォークがあり、寄付金の申し込み用紙がキャビンに配られた。
昨年、Sun Princess船上では参加しており、今回も参加したかったが、下船前日はレセプションが混み合っており、断念した。

Venice入港時刻は6月2日の午前4時と記されており、何故こんな時間に入港するのか疑問であった。
ひとつにはVeniceで全ての乗客が入れ替わるため余裕の欲しかったことが考えられるが、Giudecca Canalの通行は船会社にとってセールスポイントでもある。
となると昨年9月21日に起きた大型客船入港反対デモに関連してであろうか。

多くの人が期待したであろう、それに応えるようにCaptainよりSurpriseな計画が告げられたのは終日航海の日に開催されるPub Lunchの頃であった。
入港が今夜に改められ、22時過ぎにGiudecca Canalを通行することで調整が図られた。
夕刻キャビンに配られたLogには既に修正後の入港時刻が記され、客室TVをbridge cameraに切り替えた。

バルコニーから眺めるVeniceの街は、まるでミニチュアセットを並べたようであり、橋や教会などの歴史的建造物が幻想的な世界を創り魅了した。

一夜明け6月2日はイタリア共和国記念日であった。

Veniceでは入港したことを伝えるNewsも歓迎行事のようなものもなかった。
(Princess cruisesは5月20日にRegal Princessの伝統的な命名式を11月に北米で行うと発表した。)

Veniceにおける最近の研究では、ヴェネチア共和国が千年にわたりラグーナとの共存を図り海と陸地のバランスを保ってきたこと、イタリア統一後にこのバランスが壊れ、アドリア海の浸食が始まったこと、さらにGiudecca Canalを迂回するルートとして計画中のContorta-Sant’Angelo Canalにおいてはラグーナの一層のダメージを懸念する有識者の声があることなどが論じられている。
皮肉なことにこれらの知識を得る機会をクルーズに参加することで得る人も少なくないだろう。

Piazza San Marco(St. Mark’s Square)and the Palazzo Ducale(Doge’s Palace)
 
サン·マルコ広場とドゥカーレ宮殿
Basilica di Santa Maria della Salute
 
サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂
Velencei kanális(Venetian canal)
 
ベネチアの運河

MS Thomson Majesty
(40,876 GT)
gondolier
Ponte dei sospiri(Bridge of Sighs)
 
ため息橋
Water Taxi Stand near San Marco(St. Mark’s Square)

June.18.2014

European Vacations with Regal Princess/ 5

アドリア海に入って2日目の午後、クロアチアのDubrovnik(ドゥブロヴニク)に入港した。
Regal Princessは旧市街から1.4マイル離れたGruz(グルージュ)の港へは入らず、Lokrum(ロックルム)島の前に錨を下ろす。
ここは眺めが良く直接旧市街へアクセスできるのでクルーズ船に人気の場所である。

日本出発前、大きな船はTender boat使用を伴う東地中海のクルーズには向かないであろうと聞いたが、本船が波をしっかりブロックするので十分なboatの席数が確保されれば案外スムーズに乗降できることがわかった。
Regal Princess搭載のPL14というHatecke(Germany)社製のTender boats(14.7m×5.8m)は開発に2年と1,5 million Euroを要した。
universal designの革新的なboatは約240名(うち41名はroof top)が一度に乗船でき、車椅子も折り畳まずに載せることができる。(利用者が使用したまま乗船できるという意味ではありません。)

“Love Boat”のストーリーを語る上で欠かせぬ初代Pacific Princessの斬新なDouble DeckのLobbyはRegal PrincessではItalyのSquareをimageしたより開放感溢れる空間となった。
Gelato(one scoopは無料、two conesは有料?)に立ち寄り、Vines(ヴァインズ) Wine Barで合流してGala(4)DeckのTender Embarkationに向かった。

Frozen(アナと雪の女王)のロケ地がNorwayのBergenやStav church等であることは疑う余地もないが、俯瞰した街の姿や港の美しさはここDobrovnikの街をイメージするに十分である。
Tenderの着くOld Portの水面には群れる魚の姿があった。
ここがムール貝の料理の本場であると聞いた翌日、船内最後のディナーにはムール貝のワイン蒸が出た。
ケーブルカーに乗りMt.Srd(412m)の頂上から見る海はさらに綺麗である。

20時出航、アドリア海の宝石とはまさに薄明かりの空と海に流れ込むように散りばめられた家々の煌めきを指すのであろう。
“The LoveBoat”のtheme songが、TuningされたHornで奏でられ、Cruiseの想い出を一層深くした。

sample:


fish in the clear water
Traditional Costumes

Mount Srd – Regal Princess
Mount Srd – panorama view to Dubrovnik old town & harbour
Beautiful view to Dubrovnik old harbour by night

June.17.2014

European Vacations with Regal Princess/ 4

Santorineにて出航に1時間14分の遅れが発生したことから、Katakolon(カタコロン)入港予定時刻が9時00分に繰り下げられていたが、その後242Milesを20.2Knotsにて航行の結果、7時28分にPilotを乗せ、8時19分に着岸することができた。(Captain Edward PerrinのLogより)

本船の推進システムは信頼性ある在来型プロペラを採用しており、処女航海としてはかなり速い速度であったはずだが、これによる振動などは一切感じられず、素晴らしい。
船型は船尾から見るとヨットのような完全な逆Tバック型をしており、従来凸型である船体の左右を削り、上に持って来た格好になるので見かけより重心は低く、省エネ効果があるのかも知れない。

今回のパッケージには予め寄港地観光が含まれており、以後はそれに参加した。
Olympia観光に向かう際、港周辺には馬車やトレインなど、幾つかの気になる乗り物があった。

一見、屋根のついたカウンターバーのようなBierBike(ビアバイク)はオランダからヨーロッパ各地に広まり、観光しながらビールを飲み、運動もできるという優れもの?である。
ペダルを漕げる人数は10人程、漕がないですむ席が数席ある。
Olympiaから戻り、飲物込み5ユーロでbeachへ向けペダルを漕いだ。

昨今の日本ではビールを飲みながらバイクを漕ぐなんてもってのほかであろう。
防波堤に老人老女が腰かけ本船の入港を目に焼き付ける姿もごく自然で印象的であった。

Regal PrincessにはAny time Diningを含むMain Diningは3つあるが、毎日きっちりフルコースを採るという人は減少傾向にあり、実際Dinner timeにHorizon CourtやBistroで食事する人を多数見た。
The Pastry Shop(無料)など設備の充実も後押しする。

6Deck AftのAllegro Diningに顔を出したのは3回だけで、この晩は$20でCrab Shack(蟹小屋)に参加した。
気分はAlaskaで、50名程の作業台?が用意され、Pailに盛られたVegetableやSeafoodと共にSteamされたKing Crabの解体を楽しんだ。

Olympia:
Philippion
Olympia:
Nymphaion
Katakolon Train Station
BireBike
May30, 2014
Horizon Bistro Horizon Bistro & Court / Lido(16)Deck
Inside 900 Seat – Outside 350 Seat
 
Chefが目の前で調理するAction Stationを挟む通路の外側両サイドにはParisのBistroを模したbistro-style dining tablesなど様々な形の席がある。
International Cafe
Plaza(5)Deck
International Cafe
The Piazza The Piazza
Plaza(5)Deck
WaterColor Fantasy-Musical Fountain Show
Lido(16)Deck

June.14.2014

European Vacations with Regal Princess/ 3

前後するがクルーズ2日目、Ephesusの遺跡は訪ねたことがあるので、Kusadasi(クサダシ)に入港後Mt.koressosのHouse of the Virgin Maryを訪ねた。

聖母マリアが余生を過ごしたとされる地で、ローマ法王庁公認の聖地となっている。

Princess Cruisesでは6泊の航海中1晩だけをフォーマルナイトと定めており、出航の早い時間から乗船翌日か4日目を予想していたが、結局Kusadasi出航後がフォーマルナイトとなり1stと2ndのDinnerの間に伝統のChampagne Waterfallが行われた。
4日目にはCaptains CircleのCocktail Partyが行われている。

日中は寄港地で過ごすことが多いゆえ正装にこだわる人はゼロに等しい。
日本ではタキシードやディナージャケットを持っている人はまず着用するが、持っているけど着ないということも大切な、formal resortとはタキシードを着用せず昼と夜の区別をすることで、普段より素敵な晩であったことは確かである。

翌日、Princess Theaterでは最もアメリカらしいOriginal Production Showが披露された。

総勢17人ものチームによるFiera!と名付けられたfantasticなlove storyは、Internationalと謳われたstoryのない踊りや有名MusicalのCopyにうんざりした人々を満足させるに十分であった。

Fieraとはイタリア語で様々な意味を持つようだが、僕はnostalgicなアメリカの博覧会や見本市など人々が集まり賑わっている場所を想像する。
Theaterのあちこちで始まるPerformanceや躍動感あるMusicにのせたDanceだけでも興奮してしまうが、Wonder Wheel(観覧車)や1884年、NYのConey Islandに登場した恐らくSwitch back式とおもわれるRoller Coasterがデジタル背景を用い再現されているのも面白い。

※アメリカのRoller Coasterは鉱山のトロッコにヒントを得たものであり、その語源は1885年、マーカス・トンプソン氏が特許出願した「Roller Coasting Structure」に由来する。

mv Seabourn Odyssey Seabourn Odyssey
May28, 2014
House of Virgin Maryにて
Kusadasi Cruise Port
Princess Theater
Fiesta(6)Deck
男性の後方の鏡の中に女性が隠れているのわかりますか。
Fieraより

June.10.2014

European Vacations with Regal Princess/ 2

地中海の旅をプランニングするとして誰もが思い描くのは、時代を超え受け継がれる文化・芸術であったり、世界遺産に讃えられる美しい街並み、紺碧の海岸風景等であろう。

それらに触れるだけでも十分価値はあろうが、サントリーニ島のカルデラ海に浮かぶNea Kameni(ネア・カメニ)火山へのハイキングとPalea Kameniへのクルージング、海の中のHot sulfur springs(硫黄温泉)の体験などアウトドア的なものに興味を惹かれ船会社のオプショナルツアーに申し込んだ。

参加したのは午前の早い出発のツアーであったが、午後は天候が急変(気象情報システムが予測しなかった、このようなことは大変珍しいという)、サントリーニ島のケーブルカーが止まり、本船も14時45分頃約1分間の停電がありその後Stormを避けカルデラ外へ一時避難した。

この一部始終はColleen McDaniel氏によりCruise Criticにレポートされ、周囲の船と連絡を取り本船を迅速に安全な場所に避難させた船長の適切な判断や約2,000人のSantoriniに取り残された乗客を無事保護した乗組員らの行動が賞賛された。

当初18時出航であったため、サントリーニ島を眺めながらのバルコニー ディナーを予定していたが、キャビンのバルコニーが想像以上に小さかったため取りやめていたことが幸いした。
代わりにOcean Terrace Seafood barへ行き、Oyster Shooters(牡蠣を冷やしたウォッカに漬けスパイスを加えたもの各4.5ドル)と握り寿司(2貫で4.5ドル)、crabやtunaを盛り合わせた2段重ねのプレート(こちらはOyster Shooters2杯も含まれ20ドル)をいただいたが味もサービスも期待以上であった。

Wind Star Screen shot
Club6 / Fiesta(6)Deckより
Wind Star(5,307 gross registered tons)
May29, 2014
MSC Armonia
(58.625 GT)
MSC Armonia
Nea Kameni Nea Kameniにて
Celebrity Reflection
(126,000 GT)
ms Celebrity Reflection
Palea Kameni Palea Kameni
Hot sulfur springs
Star Clipper
(2,298 GT)
Star Clipper
Stormy

Sun(17)Deck Aft

June.06.2014

European Vacations with Regal Princess/ 1

Princess cruisesが次世代の客船と位置付けた新造船Regal Princessで過ごす1週間は素晴らしい体験であった。

居心地のよい船内施設や食の数々、美しい寄港地、3,500人以上という船客が過ごす巨大シップは乗船するまで不安もあったが、プリンセス側のコントロールはしっかりしており、プレミアムクラスの質の高さをうかがわせた。

近年の船自体を目的地とするテーマパークのようなクルーズ船とは一線を画し、Regal Princessのデザインは地中海に似つかわしくVacationを演出する一助であり、SeaWalkやWater Foundationなど、素敵な夜を過ごす仕掛けが多いことに気付く。

そして何より撮影を忘れ唸ってしまったのが7Deckにあるジュエリー ショップのSee throughで、紺碧の海とダイヤモンドの相性の良さは例えようがなく見る者を惹き付ける。
しかもこのジュエリー ショップの真上には巨大なリングを形成するSeaWalkがある。

クルーズにおける食事はある意味一種のイベントである。
Horizon Court(ホライズン コート)に設けられた特別なareaでCrab Shack(クラブ シャック)やFondue(フォンデュ)などのSpecial Dinner(要予約)を体験したり、Wheelhouse Pub(ホイールハウス パブ)やCrown Grillでpub lunch(パブ ランチ)する(終日航海日限定、予約不要)など、FormalなSpecialty Dining、お洒落なCasual Diningという概念に捕らわれず、楽しみたい。

さて、バトラー付きのスイートルームを選択したならばバトラーに希望するメニューやスパの手配などを一括頼めばよいのであるが、一般的には都度それぞれの場所に出向き、或いはダイニング リザベーション オフィスなどに電話して英語で予約を取らなければならない。

バトラーではないが、クルーズを熟知した添乗員であれば、周囲の空気や個々の船内生活リズムに気配りし、これくらいはコンシェルジェの如くこなしてくれるので、私たちはクルーズ中に多くの時間を得ることができるはずである。

Acropolis
May27, 2014
Odeum
May27, 2014
Center Court
Sports(18)Deck
Princess Sports Central
Sports(18)Deck
SeaWalkの開口部分
Sun(17)Deck
SeaWalk
Lido(16)Deck f→a
SeaView Bar
Lido(16)Deck a→f
Mini-Suite with Balcony
Marina (15)Deck
M231

 
“How To Lotus Spa”

April.25.2014

33 days until your next cruise!

’90年代、美しくユニークなコンピューター帆船をアジア、オセアニア地域に配船したCMや日本の沖縄からリーズナブルなクルーズをスタートさせようとしたStクルーズがアクセス手段であるフライトをうまく確保することができず、相次いで撤退をした。

僕が今回世話になるP社はクルーズ販売歴30年の実績があり、2003年には世界有数の旅行事業者であるJ社と提携し、フライ&クルーズを軸とした我が国クルーズ発展の基礎を築いた。

フライ&クルーズには無限に近い選択肢があるが、対する航空運賃がべらぼうに高い、或いは、クルーズ出発地点や帰港地点までのフライトの確保に難儀するという経験はないだろうか?

世界の海域における定点クルーズはもちろん、上下船地の異なるクルーズであっても、ベストフライトを手にすることと引き換えに、クルーズ販売のノウハウを提供して高いコンサルティング能力が求められる専門家の養成を試みた。目先の利益に捕らわれることなく、常に新しいことにチャレンジし、時代に即したクルーズを浸透させることに徹した元取締役のS氏は懐の深い人物であった。

P社はクルーズの販売を行うと共に ※クルーズ アドバイザリー制度(現在受付終了?)やセミナーを通じたクルーズの普及教育にも熱心で、交流を活かしお客様と社員双方を育て、ふさわしい商品を造成していく自負心を持ち合わせていた。

これどういうことかと言うと、ヨーロッパの5クラス以上にランクされるようなクルーズ船はお国のリピーターが多く、インターナショナルでもなかったからLuxury shipsに乗船経験の無い日本人はお断りなんてことも昔はあったんですね。
それで「この人は大丈夫です」と旅行会社が保証してくれるんです。(笑)

ベストフライトとは料金のみならず、移動に最も負担の少ないフライトが選択されることを指す。ターキッシュ エアラインズ(Turkish Airlines)は成田発の場合イスタンブールを経由してヨーロッパ各地とアクセスがよい。(トルコ航空にはエピソードがある。1985年3月、イラン・イラク戦争が激化、在留邦人のイラン脱出に当事の日本政府は法律上自衛隊機を飛ばすことが出来なかった。民間機も手配つかぬ窮地で、唯一日本と親交のあるトルコが救出に向かった。)

出航まで残り33日、group’s rate適用のためなかなかクルーズ会社より回答を得られなかったキャビンの割り当てがDiamond Princessの最も上の階にあるキャビンより更に高い位置(15-Deck)に決まり、現実味が増してきたことを実感する。

かっては海から遠い高層階は好まなかったのであるが、姉妹船のRoyal PrincessがSea・Walkという新しい目線を拓いたことで考えは変わりつつある。

※JOPA公認のクルーズアドバイザーとアドバイザリー制度はほぼ同時期スタートしている。自社社員にはコンサルタントより上位資格にあたるクルーズマスターを目指して欲しかったのではないだろうか。

尚、表題はPrincess cruisesからのメッセージで、Advent calendarのようなものである。

IMO MMSI
Regal Princess

9584724

310674000

April.03.2014

嘘のような、本当にあった話

クルーズがいい理由はたくさんあるが、僕が今シーズン海外行くのは、こんな些細なことではないだろうか。

Princess Cruisesによる昨年(2013年)の横浜発着クルーズは日本やアジア地域に新しい時代を開き、概ね満足のいくものであった。一度に乗客約2000名が乗船するクルーズは欧米ではスタンダードであるが、船旅が大衆化することよりも、その大衆の質に諸外国との違いを感じた。

Golf Chipping into Poolは、その名のとおりチップショットにてプールに球を投げ入れることを競うゴルフゲームである。
Ocean frontならぬOcean floatな船上ゆえ、球がショット前にティーから転げて落ちてしまったところからこの事件は始まった。

先ず、ゲームに加わる3体のAlien(としておこう)のボス猿的なリーダーが、「はい、おわり。交代!」と甲高く一声を発した。
その不可思議な群れの行動は、同じことが何処かで繰り返されていると見るのが妥当だろう。
今日では多くの船上イベントにおいて優勝者に記念品が授与されているが、プレイヤーによりハプニングがあっても、明確にプレーと認めらる行為でなければreplayを勧めるのが紳士的であり、Cruise staffの判断は正しかった。

当然ながらSun Princess船上ではAlienが主導権を握ることに失敗、ヤジることで周囲を牽制しつつ存在を誇示した。そして典型的な群れの行動を見せる彼女らは、狙った記念品を手にして満足げに去って行った。

場面が変わり、初対面の方から、「あなた(船上)オフ会とかやりそうね」と言われたことも驚きであった。

話は違うが、昨年のSun Princessの船内明細書(copy)を処分しようと目を通したら、「寄港地観光、有料乗り物、シャトルバスの代金は全て、カーニバル ジャパンが徴収します」という但し書きが記されていた。
何故わざわざこんなことを書かなければならないのだろうか?

ひとつには、日本人はサービスを無料と考えている若しくは意識していないことが多く、海外でPrincess cruiseに乗船した方の中には、海外の料金システムと比較し、代理店が不当に利益を得ていると風評する方がいるからであろう。

コミッション(国内で契約の場合は消費税の対象)など税に関する問題もあろう。従来は個人が直に海外のサイトでクルーズや寄港地観光の契約を交わすことが可能であったが、恒常的に日本人を対象に日本をデスティネーションとするならば、消費税の問題が浮上したことは十分考えられる。

日本には税金や公共料金のシステムにみられるようにサービスの対価は受け手が公平に負担するものという概念があり、また国内に限ってはカボタージュの対象である。付加サービスを収入の一部とする外国船社と含まれないサービスは利用しない日本人の意識の差もあろう。欧米に見られるような船内での個人消費を見越した乗船料金の過度なディスカウントにはそう簡単に踏み切れないものとおもう。
 
“more”

March.21.2014

クルーズと保険

クルーズ旅行は数ヵ月~1年以上先を計画して予約する事が多く、何らかの事由により旅行を中止した場合に発生する取消料は一般的な旅行と比べ高額であり、経済的負担となることが考えられます。

取消料の発生時期や金額はクルーズの長さやシーズンにもよりますが、Princess cruisesで6泊のクルーズを個人で申し込み、56日前に取り消した場合はクルーズ料金の50%にあたる取消料が発生します。

海外のクルーズ会社の多くはキャンセル プロテクション(保険)の加入を奨めていますが、日本在住者がこれらすべてのクルーズ会社の保険に加入出来るわけではありません。

キャンセル プロテクションはクルーズの予約と同時に申し込むこと、補償期間は出航の72時間前までであることなど、加入出来たとしても問題があります。

旅行会社にとってもリスクの大きい海外クルーズを含むパッケージ商品には一般的にフライ&クルーズ旅行約款が適用されています。(本邦出国時または入国時に船舶を利用する場合など、適用にならないケースもあります。)

これは3泊以上の海外クルーズを含む商品に限りクルーズ会社の取消料徴収の実態に見合った時期に、クルーズの取消料率の2分の1相当以内の率で旅行会社が取消料を収受出来るようにした仕組みです。

具体的にはクルーズ会社の取消料規定がある時期においてクルーズ代金の50%であった場合、クルーズ船での泊数が全行程の50%以上のクルーズパッケージ(主催旅行及び包括運賃特約の企画手配旅行)での取消料は25%以下、泊数50%未満の場合は12.5%以下となります。

じつはフライ&クルーズ旅行約款には担保する保険の手当てが条件として付加されており、いわゆるクルーズ取消費用補償特約を販売店にて取り扱っていること並びに十分なリスクの説明が成されることが義務付けられております。

この保険、旅行キャンセル保険と似てなくもないですが、医師の指示で出国停止した場合も含まれるなど、より幅広い補償が特徴となっています。

March.10.2014

Schedule in 2014

Athens(Piraeus), Greece:27May14

  • Norwegian Spirit(75,388GT) 8 to 18
  • Nieuw Amsterdam(86,273GT) 8 to 17
  • Regal Princess(141,000GT) 7 to 18

Kusadasi, Turkey:28May14

  • Regal Princess 8 to 17

Santorine Island:29May14

  • Wind Star(5,350GT) 8 to 21
  • MSC Armonia(58,625GT) 8 to 16
  • Celebrity Reflection(126,000GT) 7 to 18
  • Regal Princess 7 to 18

Katakolon:30May14

  • Regal Princess 8 to 17

Dubrovnik, Croatia:31May14

  • Costa Magica(102,587GT) 8 to 14
  • MSC Fantasia(137,936GT) 8 to 14
  • Regal Princess 8 to 20

Venice:02June14

  • Regal Princess 5 to 23

参考 http://ports.cruisett.com

In 2012 Passengers1,998,960(1,739,501 on cruise ships)transited by Venice.

Next »